タグ別アーカイブ: Lunch

14
これは人が植えたモミジだ。立派で、鮮やかで綺麗だけど、僕は山の中の自然の色が折り重なった紅葉の方が好きだな〜

長いこと、もう2年以上になるかな〜
以前はよくご一緒していた方が23日が空いているということで、その方をお誘いして紅葉を観に丹沢方面を走ることになった。

01

朝は寒かったけど9時前にはポカポカで穏やかな陽気に今日一日が絶好の紅葉狩りサイクリングになることを確信した。

02

お気に入りの山里を抜け、紅葉のまっただ中に飛び込んでゆく。

でも、ノンビリとね〜

03

この林道と山里を繋ぐコースは、今の僕の一番のお気に入りのなんだろう。
このコースを、こんな穏やかで雲ひとつ無い日に仲間と一緒に走れるなんて、この上なく最高だ!

04

でもここに来て大きな誤算が...

IMG_0774
Photo by yuzitoさん

あまりにもここの空気が、景色が、何もかもが素晴らしくって、全く先に進まないw

05

ま〜この時はいい誤算だったんだけどね...

06

談笑が止まない...

07

気持ちよくってため息が止まらない...

08

程よい風が火照った身体を適度に調整してくれる...

09

そして、目で癒される...

10
落ち葉の下にはガレ石が隠れているかもしれないけど、パンクのリスクも忘れて落ち葉を踏む音を楽しみながら高度を上げていく...

11

二つ目のピークに向けて最後のキツイ登りを駆け上がる...

眩しいけど、陽射しが心地よい...

12

その先の開けたポイントには、僕のカメラには到底収めきることの出来ない程の神奈川の山々の素晴らしい連なりに圧倒される...

13

遠くには雪を纏った富士山も見えた。
多分この場所で富士山を見たのは今日が始めてかもしれないな〜

DSC00597
Photo by noriさん

仲間がわざわざ水とバーナーとおやつを持って登ってきてくれていた。
珈琲を入れるために1本のボトルは満タンのまま...
全員で飲むには少ないかもしれないけど、みんなで分けあったその珈琲は最高に美味しかったよ!

だって気持ちがこもっているからね〜

ノンビリ走ったツケが外界に降りてきてやってきた。
14時を過ぎていたからね〜
昼食難民w
久しぶりにコンビニの駐車場で昼食をとったけど、みんなで食べる食事ならどこで食べても美味しいのだろう。

Dist:154.3km  Ave:20.0m/h  Ascent:1577m

09
平沢峠〜SuperCorsa(お願いだから今風吹くなよ!)
SuperCorsaで八ヶ岳を走ることは、このバイクを手にする前からの僕の密かな夢だったのだ!!!

一週間以上続いた喉の痛みと咳...
咳が治まらないままこの日を迎えてしまったが、気温が比較的高かったのに救われたかな〜 それでも平均標高1300mの高原でのライドだったけど...

一昨年、そして昨年と秋のLunch活動は何れも絶好のコンディションだった。
そして今年も過去二年に負けないくらいの最高のライドになること間違いなし!...

夜明け前の星空を見上げてそう確信した!

2014年10月25日(土曜日)

走り慣れていない土地なだけに、どんな装備で走ろうか、数日前から当日の朝まで、しかもペダルにクリートを固定するまでず〜〜〜〜っと皆であれこれ悩んでいたw

28935a6b0d4918c479eb1feca39bd049
photo by macoさん

スタート地点の標高は既に大観山と同程度だったけど、上は半袖ジャージにウォーマーと軽装備で済んだ。
朝8時半なのに、それほどポカポカ陽気な出だしでした。

01
あまりの気持ちよさに急な上りが苦にならないというか、苦になるような速度で走るのがもったいないってのが正直なところ...
短い距離を時間をタップリ掛けて心ゆくまで満喫しなければ!

02
好きなところでで勝手に脚を止めて、思いおもいにカメラを向けて、おいしい空気を胸いっぱいに吸い込む...

悲しいことに咳き込んでいるのは僕ぐらいのもんだ(笑)

今年もそんな贅沢なライドなのです!

03
蒼く済んだ空に真っ赤な紅葉と真っ白な・・・ソフトクリームはいらないか?

ポカポカ陽気だからね〜
定番のソフトクリームは外せません。
しかし、最近奥歯を治療しているのが影響したのか...知覚過敏でなかなな減らないのです...でも溶け出すほどの暑さじゃない・・・
そう言えば、口を開けて坂を下っていたら冷風に奥歯に滲みたっけw

14
定番の東沢大橋

雲ひとつ掛かっていない八ヶ岳をバックに、通称:赤い橋も綺麗に紅葉が進んでいました。

05

今年は紅葉の当たり年だって言われてただけに期待をふくらませていたけど、予想通りここ八ヶ岳には丁度いい時期に来れたかもしれないな〜

07

野辺山から荒れた国道141号線を少し走ったところで道を逸れるとキャベツ畑(収穫後)のなかに2kmほどまっすぐ伸びる農道がある。その中程の道の真中にそびえ立つ巨木。

08
ヤマナシの木

巨木というよりは老木とも思えるような姿だけど、まだ白い花を沢山咲かせるらしい...
春、背景の山にまだ雪が残っている頃にもう一度見に来てみたいな〜

八ヶ岳や野辺山高原の雄大な景色に見惚れてノンビリ走りすぎてしまったため、昼食の時間が大分ずれてしまった。

でもその前にこのルート一番の眺望をと登ったのが平沢峠。

15
溶岩質の岩でできた展望台へ登るもクリートが付いた靴では無理と判断し、途中で靴を脱いで裸足になってよじ登ってやった。
替えの靴を背負ってこなかったのはどうも僕だけだったようだw

10
薄く切られた高原のキャベツの舌触りがなんとも言えない上品な味

Lunchは清里のLOCKでこれまた定番のベーコンカレー
食べ進めるあいだに、自分が食べているものがカレーであることをすっかり忘れてしまっていた。カレーとしての辛味やスパイスというより、ビーフシチューのような濃厚でまろやかな味がするなんとも不思議なカレーとそのボリュームに大満足。
珈琲を注文するの忘れてた...

12
そしてまた定番の黄色い橋〜
この辺の紅葉は来週あたりが見頃だろう...来週も来ちゃう?

13
そうか〜ハロウィンか〜

帰り際、駐車場近くのリゾナーレ八ヶ岳をブラブラと...

11
ホリゾンタル〜

長〜い最高の一日、お疲れ様でした〜
ただ、残念なことにスケジュールが合わなかった仲間には申し訳なかったかもしれない...

a8ec3c453e120da1fb25ea62c41f37bf
photo by macoさん

ということでまた来年もどこかで紅葉Lunchだね!

6b98261593a405449bf871f1a8ee5915
photo by macoさん

一つのささやかな夢が、この日叶った...

Dist:62.6km  Ave:17.7m/h  Ascent:1279m

DSCF0379
先週の台風で延期になったバーナー練

今週も台風の影響でひっきりなしに変わる予報に一喜一憂しながら、何とか開催することが出来た

いつものように集合時間に大幅に余裕を持って走りだしたが、途中で何ヶ月ぶりかでお会いしたyuki-ichiさんに後ろから追い立てられるかの如くペースを上げてしまったために、40分も早く到着してしまったw

僕の好きな道”ワーストワン”を芦ノ湖に向けて登り始めるも、天気予報に反して陽射しは全くなし
また嫌な予感がしてきたけど、湖畔でお店を広げ出したらようやく陽が射してきて一気にポカポカ陽気...風も殆ど無くってバーナー練には最高のコンディションになってくれた

DSCF0385
各々が持ち寄ったバーナーにコンビニで買った鍋焼きうどんを乗せて、おでんを温めて、何故か枝豆も暖めて(笑)、最後は湖畔で珈琲をすする...

何杯のんだかな〜
普段と同じ豆だけど、外でいただく珈琲はなんか違うんだよね〜

こんなに芦ノ湖でノンビリ過ごしたのは初めてかもしれない

凄く贅沢な一時でした...

IMG_8301
もう少し気温が下がってきたら、今度は海辺でバーナー練だな!

Dist:81.7km  Ave:19.6m/h  Ascent:1149m

9月13日(土曜日)

10301950_361623107334422_6100793945017590544_n
ことしも登った”夢の庭園”

朝、8時少し前、塩山駅のホームに降りるとこれまでとは空気の感じが違っていました
昨年、一昨年より1周間以上早くやってきたのに、今年は正に秋の空気が満ちていた

肌寒いくらいの風の中、35キロの登りを仲間8人でノンビリと登りました

DSCN1413

市街地を抜けると周りにはぶどう畑が広がる
どの葡萄棚にも大粒で高級そうな葡萄が沢山ぶら下がっている
昨年は殆ど収穫した後だったけど、今年はまだ収穫前だったようだ

過去2回、そう言えば一度も葡萄を食べていないぞ...

途中、葡萄畑の傍で一房500円程度で直売していたので帰りにでも寄ってみようと、手を伸ばせば直ぐにとどきそうな葡萄の房を横目に急な登りと秋の空気を楽しむ

登り始めの気温は約16度程度だったけど陽当りのいい斜面での体感度は一気に上昇する

10628454_570987843024331_1709456096245331565_n

標高が高くなるに連れて全く違った景観が楽しめるけど、なかでもこの辺りは全員で談笑しながらノンビリ登れる楽しい区間だ

カラマツから垂れ下がる地衣類(サルオガセ – Wikipedia)が神秘的にも見えて...

残り10キロを切ったあたりからペースが上がる
誰が上げているのかは知らないけれど、毎年この辺りからが自分との戦いになる
みんな口数が減り、残り少ない距離を惜しんでいるのか、それともキツくって声も出ないのか...

10687112_570988716357577_2896404329717384791_n
残り3キロを切った辺りに美味しい水が湧き出ている

この先峠までは水を口にすることも無いのに、下の水場で組んだボトルの水をこぼして、この水に詰め替える

たった600gの重しだけど、正直身体には堪えるよw

残り1キロのところで脚を止めて全員そろってから一緒に峠へ

大弛峠 – Wikipedia

DSCN1442
大弛峠:標高2365m

濡れたインナーを着替え、シューズを履き替えて、今度は自分の脚だけで15分登る

DSCN1445DSCN1443DSCN1458DSCN1457DSCN1460
そこには視野から溢れるくらいの絶景が広がっていました

今年は今年の景色が...

DSCN1449
みんなお腹ペコペコです

大弛小屋で

DSCN1462

今年はタップリの美味しいカレーと

DSCN1463
事前にお願いしておいた大盛りカレー

美味しい湧き水で煎れた珈琲で

DSCN1467

涼しい、暑い、寒い、痛い、キツイ、苦しい、楽しい、気持ちい、美味しい....

沢山の”い”を満喫出来たツアーでした

さて、この秋はまたあそこに行こう!
と、大弛峠から汲んできた水で珈琲を頂きながら...

Dist:67.5km  Ave:14.9km/h  Ascent:2000m

日本最大のワサビ田

先週、先々週と好天に恵まれ、そして今週も絶好のサイクリング日和!

土曜日の朝、自宅から駅のホームまで自転車を担いで歩いている最中から気持ちが高ぶっていた

久しぶりの輪行で函南駅に集まったのは4人

写真には映っていないけど、雪を被った南アルプスまでクッキリ見えていた

この日は三島の御仁が神奈川からやってきた僕らのために
とっておきのコースを案内してくれた!

Photo by macoさん

一部、何度か走った道も含まれるけど、基本は車も走らない、信号も無いようなストレスを感じることのない気持ちい長閑な道ばかりだ

だから一人で同じ道をトレースするのは絶対に不可能だなw

その道をいつになくノ〜ンビリと進む...4人で談笑しながら

突然先頭で案内人が民家の脇道へそれると...

ゆるやかに湧き出る冷たい水を利用した山葵田

新緑さながらに緑鮮やかな山葵の葉の上を飛び交うカワトンボ達

冷たい水の中にはサワガニ

サワガニは冷たくないのか?

空気も、水も、人や動植物にも優しい環境がこの地域には整っている

湧き出る浅い流れに思わずグローブを外して手のひらを沈めてみる

冷たくて気持ちいいと思えるのは数秒だけ...

そのうちに耐え難いほどの冷たさに手の甲が赤らむ

途中ルートを逸れて立ち寄った滝

僕は伊豆出身だけどこの滝の存在は今日までしらなかったw

Photo by mackさん(腹がw)

マイナスイオンを浴びながら、火照った身体を冷やす...

時速20キロにも満たないノンビリとした速度で走りながら、何度も何度も周囲に首を振り、長閑な景色を楽しんだ

石垣の段々畑

伊豆にもこんなに素晴らしい ルートがあるんだ〜と感激しながら

車で走り抜けたらそんなこと思いもしないだろうね

自転車の速度であることと、頭を向けた先の景色全てが目に飛び込んでくるからこその感動なんだろう...

先に進まない...と言うより先に進むのが勿体無い

何度も何度もクリートを外して中伊豆の景色を楽しんだ

Photo by macoさん

日本最大のワサビ田で癒され、峠を超えて、予定時間をオーバーしてようやくたどり着いた先のお洒落なベーカリーカフェのオープンテラスでLunch

僕はパン2個でお腹いっぱいになって苦しかったけど、3個食べて食べ足りない方も...

ゆったりと寛げる椅子に座ってリゾート気分を満喫しながら2時間ほど掛けた贅沢なLunchでした〜

あまりに気持ちよくって根が生えたw

お陰で両手両足が日焼けで真っ黒に...

このルートは今回来れなかった方を連れてまた走りたい!
そんな最高なサイクリングでした!

Photo by macoさん
Photo by macoさん

 

 

 

Dist:80.1km  Ave:17.7km/h  Ascent:995m

緑にも様々な緑がある...新緑の時期は

2012年の秋、keiさんが案内してくれたコース... 地味〜なコースですよ!とご本人は謙遜していたけど、僕は大好きなコースだった
何度もあのコースを走りたかったんだけど、所々が思い出せなくってずっと走れないでいた
この連休でLunch活動のコースは何処がいいだろうと考えていたら、ふとあの時のコースを思い出した
しかも今回は新緑の真っ只中だ!
新緑サイクリングには打ってつけのコースになるはずだ
大磯駅に集まった仲間は12名
都内から、そして箱根の向こう側からも

長閑な山里
長閑な山里

爽やかな陽射しと心地よい風 そしてこのロケーションにみんな笑顔が絶えない... 多分、 別の意味で  icon-hand-o-down この方を除いては...

yoneさん、裏起毛&ウィンドストッパーで暑くないですか?の図(5月4日現在w)

この日はGWということもあってか、ルート沿いの河原では多くの人が、この爽やかな季節をそれぞれのスタイルで満喫していました

ここも前回走ったおお気に入りの景色
ここ前回走ったおお気に入りの景色
そしてここもだ...
そしてここもだ...

なんか2012年のあの時を思い出すな〜
季節はもっと先だったし天候も今日ほどではなかったけど、それでも気分は今日と変わらず高揚していたっけ 最初の峠に登っている途中で後ろのほうからパンクの知らせがはいった...
チューブラータイヤを履いたnoahponさんのホワイトパスタ号でした
仲間のパンクは蜜の味〜...じゃないけど(笑)なんかワクワクしますね〜
同じチューブラーを履く僕としては(^^;

タイヤを剥ぎ取るのに汗だくですw
タイヤを剥ぎ取るのに汗だくですw

誰かがパンクすると他の人は足を休められる...
ここぞとばかり補給を摂る人もいれば...
口数が多くなる方もいる...
山深い林の中で爆笑の渦です
お陰でパンク修理も捗りません(笑)

集団でピークを目指す
集団でピークを目指す

ようやくパンク修理を終えてピークに到着すると... この満足感は写真じゃ絶対に伝わらない...
走って汗をかいた者にしかわからない...
至福の一時なのです
路面の荒れた急な下りを終えて精神的にも体力的にもダメージを受けたその後に...
パワーを頂くw

何だかわからないけど、いつもこうして何かを頂く...
ほらね、みんな笑顔だ

そう言えば、Lunch活動なのにランチの写真を撮り忘れたw

 

安くてけっこうなボリュームのあったランチを頂いて間もないってのに、この日一番の激坂で脇腹が痛くなりました
内容物が出てこなくて良かった良かったw
大汗かいて激坂を登ったその後には爽やかな景色...
えっw....
裏起毛&ウィンドストッパー
しかも太陽光を熱に変換してくれる黒だ icon-hand-o-down

何度も言うけど、今日は間違いなく5月4日みどりの日です !

今日はいたるところで新緑鮮やかな茶葉が迎えてくれた...
天ぷらにして食べたら美味しいだろうな〜...

清々しい季節に素晴らしいコースを楽しい仲間たちと...

皆さん、お疲れ様でした〜

ピンぼけだwww
あぁ〜ピンぼけだw

Dist:154.1km  Ave:20.7km/h  Ascent:1695m


写真の苺は食い残った小さな苺ですw

正月休み最終日の今日
ようやく新年最初のライド!
仲間と三浦で苺狩りでした


しかし寒い一日だったな〜
朝の冷え込みはそれ程でも無かったけど陽射しがなくなると体感温度が一気に下がっちゃう
午前中は最高の天気だったんだけど...
でもミツバチが飛び交うハウスの中は春でした〜


さて、勝負は30分です!
みんな手当たり次第に可愛らしい苺を容赦なくむしりとり、そして頬張りますw
最初のうちは練乳なんてつけちゃ駄目!
苺の本来の酸味と甘みを堪能しないとね〜
で、面白いもんで、自分の列より隣の列の方が粒の大きな苺が沢山あるように見えてくる
それと人の後ろを歩くと損をしているような気になってくる
そのうち苺をまたいで隣の列に移る人もいたり...
で、みんな初めのうちは苺の萼だけを綺麗に残して食べていたのに
そのうちお腹が張って受け付けなくなる頃には萼に実が2/3程残っていたりwww
30分あったらけっこう満足しちゃいますね〜
水っ腹ですw


でも、苺はいくら食べても腹の足しにはならないことを今日知りました(笑)
苺だけじゃ〜走れません・・・
みんな苦しいと言いながらも11時にはLunch〜


三浦の海を眺めながらカレーを頂きました
Lunchと言えばカレーが定番なのです!(嘘です)


帰り際、信号待ちしていたら後ろの方で誰かが「シナモンロールがある〜!」と...
お腹いっぱいだと思っていたのに、おかげで僕も釣られて買ってしまいました


で、帰宅する頃にはハンガーノックになちゃって
夕食間近だってのに風呂が沸く前にシナモンロールを頬張ってしまいましたw


という訳で、今年も宜しくお願いいたしますm(__)m

Dist:92.0km  Ave:22.6km/h


日本情緒をそのまま残したかのような町並み@ photo by macoさん

2013年10月13日(日曜日)

是好の自転車日和だった三連休中日、僕らは夜明け前から活動を開始した
車でデポしたお三方
「7時ちょうどの〜スーパーあずさ1号で…」セレブリティーなお二人
鈍行で66駅区間を約4時間半かけた僕を含む野郎2名の計7名
前日のハイキングで全身筋肉痛な方と、コテージまで予約して準備万端だった方はまさかの寝坊でDNS
駅に到着すると同時に逸る心を抑えながら自転車組み立て、陽射しは強いながらも朝の肌寒い空気の中へと漕ぎだした


今回もアップ無しでのいきなりの登りに全く足が付いて行かなかないけど、信州の標高1000mを超える景色の中だと苦しみながらも笑顔は絶えないね


杖突峠からのパノラマ

ここから伊那へと下る長閑な里山の杖突街道が気持よかった...
そして見覚えのある...と言うよりあの日の苦い思い出の伊那の町を東から西へと抜け、権兵衛街道を登る
長い長い直登りを標高1062mの権兵衛トンネルへとだらだらとw


左を向いても...


右を向いても...


この日は雲ひとつ見えなかった


ようやく現れた権兵衛トンネルは4470mもあるw
ここで2グループに別れて車間を保ち慎重にトンネルの中へ
前のグループの先頭で牽くwatariさんのペースが早くって後ろのグループの先頭を牽く僕が徐々に離れ、
詰めようとしても全く縮まらない...
watariさん曰、怖くって、ただただ早くトンネルを抜けたかったらしいw
ここでこの日一番の走りを見せてくれるとは(笑)
権兵衛トンネルを抜けてからは旧道をゆっくりと下った


このルートがまた最高に気持よかった


強い日差しが少しだけ進んだ紅葉に当たり青空に映えていた
名残惜しむかのごとく、ゆっくりとゆっくりと景色を楽しみながら目的地の奈良井宿へ


旧中仙道にある宿場町、奈良井宿を仲間と歩いた
もっとノンビリと町並みを散策したかったけど、時間が押していたので足早に町中を抜けて遅めの昼食にありついた


松茸蕎麦

時間が遅かったのでほとんどのメニューが品切れで仕方なく一番高い松茸蕎麦を注文w


この方だけは熱燗付きで(笑)


photo by macoさん

最高のコース
最高の天気
最高の仲間達と

Dist:63.0km Ascent:1125m


今年は9人の仲間と!

ようやく秋らしくなってきた!
自転車のベストシーズンだ!
昨年もこの時期に仲間たちと最高のツーリングを満喫したっけ
そして今年も昨年と全く同じ日に、同じ場所へ...
走りだしてから35km、標高差2000mをずっと登りっぱなしだ!


でも登るためにここまでやってきたんだから、ひたすら登るよ!


キツイけど、皆で談笑しながら、登るよ!


時々バラけてはまた違う仲間と一緒になって、登るよ!


みんな思い思いの場所で脚を止めて、それぞれの思いをこの日の記憶に焼き付ける


ほら笑顔!

重たい荷物も苦にならない...キツイけどね


水場の主

今年も水場で上を見上げて、”何かをお願い”している人がいた
あの大きな栃の木に...


ここまで約30キロ、比較的ノンビリ登ってきたとはいえ、みんなキツそうな息遣いで高度を上げていく


でもみんなの笑顔は絶えない
最高に気持ちいいから!
最高に楽しいから!


なんか、キツくね?w @sudobanさん

頂上の500m手前で後方の人を待ち、みんなで一緒に標高2365mの大弛峠へ...


夢の庭園

今年は青空は望めなかったけど、昨年より多いい9つの笑顔がそこにはありました。


We will eat lunch at over 2000m

そして、Lunchジャージのコンセプト通りに...
標高2365mの峠の山小屋でLunchだ!


温かな野菜カレーと美味しい峠の水でいれた珈琲が疲れて冷えきった身体に染み渡ったよ
食事を終えたら後はひたすら同じ道を慎重に下るだけ...


標高2100mの湧き水

明日の朝はゆっくり目覚め、この湧き水で美味しい珈琲をいれよう!
怪我をしてから5ヶ月、またこの日を迎えられたことは感無量だった。
そして何よりも待ってくれていた仲間に感謝したい。
ありがとう!

Dist:70.7km  Ave:16.0m/h  Ascent:2146m


まるで秋の空

前日の猛暑は何処へ...
真夏とは思えないような清々しい朝でした。
久しぶに向かった境川の待ち合わせ場所には30分前に到着してしまった。
みんなと待ち合わせすると、必ず30分前に一番乗りしてしまう...
変な癖が身についてしまったものだw
滑川までは仲間6人でノンビリ走った。
これまでのように車間を詰めて走ることは出来なかったけど、それでもこうして仲間と一緒に走るのは楽しい!


滑川で仲間は8人に増え、そこで一人が抜け、先週に続いて鎌倉でモーニング...
そこにまた1人の仲間が合流し、2時間ほど時間を潰した。
ま〜みんなよくこんなに話すことがあるもんだと感心する(笑)


鎌倉市農協連即売所でサコッシュやサドルバックに野菜を沢山買い込む仲間もいれば、
ジャージのバックポケットに6本ものトウモロコシwww


随分と不揃いだね(笑)

ここで2名が抜けて、6人でランチタイムまでの1時間を海沿いで潰す...
ここでも笑い声が絶えない...


TeamS.S.R、Pianopiano、AJ埼玉、Lunch

11時を少し回ったところですぐ傍のランチスポットで、また4時間もの時間を潰してしまった。
先週と今週とで仲間との楽しい会話は合計9時間だ。
その間の走行時間は6時間にも満たない(笑)
この日は9名の仲間と贅沢な時間を共有することが出来た。

Dist:56.9km  Ave:20.2m/h