タグ別アーカイブ: 椿ライン

1

GWも終盤になって、ようやく気持よく晴れてくれましたね〜

過去二回、箱根では撃沈だったので、今日ばかりは家を出て帰宅するまでずーーーーと屋根なしだ!

下道で湯河原から椿ラインを登ってしばらくすると自転車仲間が2人でトレーニングの最中でした。僕は車の中から声援を送っただけだけど、お二人は大観山を3本登るというから...どうかしてるw(俗にいう変態ってやつだ)
いやいや、世界一過酷と言われるアマチュアの山岳ステージレース(Haute Route)を完走するためには必要なトレーニングなんだろう。

2

お二人とは大観山でお別れして、僕は芦ノ湖へ下り、長尾峠から芦ノ湖スカイラインへ...

3

この道を走るのは今日が初めてだったけど、こんなに素晴らしとは知らなかったよ。こんなところを自転車で走れたら最高なんだけど、あいにくここは自転車は通行不可。

箱根に来るとロードスターとの遭遇率が一気に高まる。今日も大観山には多くのロードスターがいたし、僕も一人のロドスタ(ND)乗りと暫く立ち話して、長尾峠への分岐まで僕の後ろをずっとついてきてくれた。芦ノ湖スカイラインに入ると僕よりだいぶお年を召したご夫妻のセラメタ(ND)の後ろを暫く走った。

4

強い日差しを和らげてくれるヒンヤリとした風を受けながら熱海峠から熱海に下り、R134、西湘バイパス経由で江ノ島と...

5

家に付く頃には顔中真っ赤になっていたw

結局この連休は自転車に1度乗っただけで、あとはほとんど車での活動となってしまった。

そして明日一日仕事すればまた3連休w

仕事を終えたら北に向けて移動開始だ!

DSCF0122

10月中旬に開催されるTeam Melody Punch × LINKAGE CYCLING 大観山ヒルクライムにオーナーさんのご好意により、僕も参加させていただくことになりました
最近はあまり走りこんでいないし、どちらかと言えば坂は苦手な方なわけだし、他諸々と身体的なハンデがここ最近になって顕著に増してきているわけだし...と、ヒルクライムという言葉自体からも遠ざかっている今日このごろなわけであります

ま〜そんな事はさておいて、この椿ラインを下ったことはあるけど登ったことは無いというお二方がはるばるお越しになるということで、僕も集合場所の湯河原駅に向かうことにしました

”集合場所へは余裕を持って”これ、僕のモットーです!

基本、30分前集合です!(笑)

そんな訳で6時出発すれば65キロ先の集合場所へは楽勝です。
ところが、余裕を持って早く布団から出たために、支度して、朝食をしっかり食べても時間が余ってしまったので、ま〜ノンビリ走りましょうと走りだしたまでは良かったのですが、小田原についた時点で思った以上に時間が潰せずにコンビニで普段より多めに補給して、そして長めに休憩していると、そこに突然「モリさん発見!」の声...

峠の女王様でした!

熱々のコーヒーを溢すところでしたw

週末のヒルクライムレースに備えての調整だとか...
それにひきかえ僕はと言えば...
週末の健闘を願って、僕はR135へ、峠の女王様はR1を直進...

DSCF0086

しかし、最高の自転車日和でしたね〜
緩やかな秋の風と柔らかみのました日差し
ぽかぽか陽気です
土曜日の天気が嘘のようですw
足しての2で割ってもまだまだお釣りが来そうな爽やかさ

大観山からの展望は最高でしょう!

20キロもの長い登り...は別としてw

湯河原では河田さんご夫妻と陽ちゃん、そしてFukudaさんと合流して「僕の好きな道」ワーストツーをノンビリと登りました

もう何年も椿ラインを登ってないと思っていたけど、あとで調べてみたら昨年の3月に登っていた

本来なら昨年の4月にもここを登る機会があった
あの時はTeam Melody Punchのオーナーである緑川さんとも一緒に走っていたんだけど、ここを下っている時のあの事故のお陰で、その機会を失ってしまった

なので10月はそのリベンジだね!

DSCF0127

頂上に近づくと、みんな口々に気持ちいい〜を連発

こんな日は年に何度も無いでしょう〜

生憎と富士山の姿は観えなかったけど、この時期、富士山は別に観えなくたってどうってことありませんね

DSCF0130

昼食は芦ノ湖のパン屋さんにするつもりでしたが、30分待ちだった
30分待ちといっても、席が空くのが30分ではなく、パンを買うだけで30分待ちというなんともあり得ないような話です

日本人は並んで待つことが苦にならない人種なんでしょうか

僕は集合場所で30分待つのは苦にならないけど、昼飯食べるのに30分待つほど気は長くありません(笑)

そんな訳で別のお店へ入るも満席だったのでテイクアウトメニューと缶コーヒーを持って湖畔でランチ

これはこれでなかなか気持ちい一時でした...

DSCF0131

昼食を終えてから、僕は4時までに帰宅したかったので一足先に離脱

いつもならヘロヘロで家に辿り着く前にグッタリしてしまうんだけど、今日は行きも登りも余裕を持って走れたお陰で、いつになくペダルが回った...

Dist:151.9km  Ave:22.1m/h  Ascent:1719m

11月2日


自転車と割り箸....普通はなんの意味も無いね

なんで割り箸なんだ?
理由はこちら...orz
以下、オフ会のルールを抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ルール:投げた割り箸が道に落ち、その指し示した方向に進むべし
で、ですね…ここからは海岸線のR135を走りましょうv(^o^)v
ただ、進むべき方向は割り箸に聞かなくてはいけません。
「湯河原」「熱海」「伊豆多賀」「網代」「宇佐美」「伊東」の各地点が割り箸ポイントです。
そこでチームの代表は仲間の運命を背負って割り箸を投げますよ。
方向は「北:北上」か「南:南下」か「西:駅から輪行」。
東は海に入るわけにはいきませんのでやり直し(当たり前か)。
1)湯河原で「北」が出たら自走で帰ります
2)伊東で「南」が出たら「川奈駅」まで走ってから輪行です
3)早いところ西向きを出して、輪行ビアが勝ち組ですね(^^;


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大の大人がですよ〜!
何が悲しくて投げた割り箸で自分の行く先を決めなきゃならんのか...orz
最悪の場合、湯河原まで走ったは良いが、そこで連続して「南」を出したら→熱海→伊豆多賀→網代→宇佐見→伊東→川奈と無駄に走って、
余分な電車賃まで払わなくっちゃいけない…w
ま〜でも案外面白いかもね。
それにこんな時は言い出しっぺが痛い目に遭う事に相場は決まってるからね(笑)
と言うわけで茅ヶ崎サザンビーチへ集合です。
ところがこの日全く足が廻らない。30km/hがやっとだ。
先日の山里ライドが結構足に来ているようですw
いつもより早めに家を出たのは正解でした。
この先が心配だな〜
先が見えないしな〜
なんで割り箸なんだ...

続きを読む


今回走ったルート@クリックで拡大します

いよいよやってきました、「神奈川グランフォンド200km 僕らの丹沢・箱根」!
昨年参加させていただいたオフ会のなかで、多分一番辛いと感じた坂三昧の超山岳長距離コース、正にグランフォンドです。
あの時は体調不振と苦手の坂に苦しんで、途中から降り出した雨に大観山を逃してしまったのです。でもこの時、リュウさん一人が大観山もクリアーして完走している。
その後日を改めて、yu-jinさんとTonyさんとmasaさんも無事完走している。
それに、このコースを一人走って開拓してくれたmasaさんのエントリーをあらためて読むと、このコースを絶対に完走してみたい!とリベンジを誓っていました。
ところが、急遽オプションルートが追加されたんです...orz
昨年は伊勢原駅をスタートしてから浅間山林道に向かったのですが、今年はその間に日向林道を経由することになりました。
距離にして10km弱増えてただけですが、標高差:約460mがプラスされます。それにスタート時刻も30分遅くなったので、無事完走出来たとしても茅ヶ崎サザンビーチに到着する頃には完全に陽は落ちてしまっています。それよりも大観山からの20kmのダウンヒルをなんとしても明るいうちに下っておきたい。
6/28 朝4時前
目覚めと同時にトイレに駆け込みました...orz
実は2日前からお腹の調子が最悪なんです。
原因は胸と背中の痛みのために病院から処方された痛み止めの副作用です。
前の晩は念のため痛み止めを飲まずに寝たのですが、やはり駄目でした。
トイレに座って悩むこと20分、「さてどうしよう....走るか、止めるか...」
多分DNSしたら絶対に悔やむ事間違いなし、走ってみて駄目なら駄目でDNFしても良いから取りあえず伊勢原駅に向かおう!
だって....何で?
と言うことで、5時に自宅を出発しました。


日向林道入り口@7:34


以下、オフ会案内状からの抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


集合場所:小田急線伊勢原駅
集合時間:輪行組も余裕の6時30分
コース概略(今年は日向林道がプラスです)
伊勢原駅〜日向林道〜浅間山林道〜蓑毛〜表ヤビツ〜ヤビツ峠〜護摩屋敷〜
 菩提峠〜表丹沢林道〜荻山林道〜三廻部〜中山峠〜秦野峠林道〜
 秦野峠〜日影山〜丹沢湖(左回り周遊)〜駿河小山〜金太郎富士見ライン〜
 足柄峠〜地蔵堂〜矢倉沢林道〜矢倉沢峠〜仙石原〜元箱根〜椿ライン〜
 大観山(最高標高)〜真鶴旧道〜R134〜茅ヶ崎サザンビーチ
概略は昨年の案内を見てください。ほぼ一緒です。
http://blog.goo.ne.jp/masayoshi0809/e/1f9c2d7829aa666449f…
昨年の試走ルポとアルプスラボはこちら
http://blog.goo.ne.jp/masayoshi0809/e/57f89feac5ddc50d8bc…
昨年崩落していた表丹沢林道はyuzitoさんが試走をしています。
http://blog.goo.ne.jp/yuzito70/e/3369afa62630a3558996655e…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続きを読む


もう梅雨明けッスか?
いえいえ、雨は降らねど上空は梅雨時期の空ですね。
そう言っても良い天気ですから期待も高まります。
昨年の5月20日に初めて自転車で登った箱根、そして大観山。
あの日の苦い思い出から380日が経ちました。
今日に比べたらあの時の方がもっと良い天気だったんだね。
8時とちょっと遅い出発で、戸塚駅からは小田原までR1を走りました。
流石に原宿交差点までは渋滞していたけど、そでもその先は快調に走ることができました。
小田原の早川口まで47キロをAve29.0km/hだから結構頑張りましたね、僕(^^
途中、「今日は300キロを10時間で走るんだ!」って言う方と談笑しながら走ったが、
その方は本当に10時間で300キロ走れたんだろうか.....?
多分あのペースじゃ無理だね(爆)

続きを読む

ロードレーサーに乗り始めて9ヶ月が経った。
距離にしてはまだ2900km走った程度。
今年3月には初のオフ会、『三浦半島一周、決して無理をしないオフ会』
4月には超ハードだった『0407房総18きっぷの旅』
6月初めには自身最初のレースイベント
『Mt.富士ヒルクライム(前日)  昼の部』
『何じゃこりゃ!Mt.富士ヒルクライム(前日)  夕方の部』
『Mt.富士ヒルクライム(当日)』
に参戦した。
そしてこの6月30日には、masaさん@『あぁ、湘南の夜は更けて』0630神奈川グランフォンド『僕らの丹沢・箱根200km』が企画されていて、僕もこのイベントに参加を表明している。
今日現在の天気予報ではちょっと微妙だが、これまでの様にみんなの熱意で絶対雨は降らないと思う!….イヤ、そんな気がする(^^;
僕の住んでいるところから全行程を走るとなると約230.6kmに及ぶ。4月の『0407房総18きっぷの旅』に比べれば距離にして20kmほど短いが、
今回のコースは殆どが山岳コースで累計標高差(上り)が4000m前後と予想されている相当厳しいイオフ会で、自分自身もかなりのプレッシャーを感じているため、自宅からスタート地点の伊勢原駅までの30km弱は輪行でと考えていたが、徐々にその考えも消えつつある。
せっかくだから全行程を自走で走ってみたい。どうせ時間制限なんかないんだし、少しぐらい遅くなっても自分の力だけで走ってみたくなってきた。
もっとも自分自身の体力と体と自転車にトラブルが起きなければの話だが、それでも自分が住んでいる場所を考えると最初から輪行ってのも面白くないしね。
当日は神奈川の西半分を思う存分楽しんでこよう!って事で?(^O^)/
以下、グランフォンド僕らの丹沢・箱根(1)、(2)、(4)〜(6)はmasaさんがALPSLABで作成したルート


【自宅〜伊勢原駅】距離 : 28.1km
グランフォンド僕らの丹沢・箱根(1)
【伊勢原〜大山街道〜浅間山林道〜蓑毛〜ヤビツ峠】距離 :24.0km
グランフォンド僕らの丹沢・箱根(2)
【ヤビツ峠〜菩提峠〜表丹沢林道〜荻山林道〜戸川〜大倉入口】距離 : 11.1km
グランフォンド僕らの丹沢・箱根(3)
【大倉入口〜三廻部〜秦野峠林道〜秦野峠〜丹沢湖(城山)※ルート変更】距離 : 25.8km
グランフォンド僕らの丹沢・箱根(4)
【丹沢湖(城山)〜駿河小山〜K365〜足柄峠〜矢倉沢林道〜矢倉沢峠〜仙石原】距離 : 35.4km
グランフォンド僕らの丹沢・箱根(5)
【仙石原〜芦ノ湖〜元箱根〜大観山〜椿ライン〜湯河原】距離 : 41.1km
グランフォンド僕らの丹沢・箱根(6)
【湯河原〜真鶴旧道〜R1〜R134〜茅ヶ崎海岸】距離 : 41.7km
【茅ヶ崎(サザンビーチ)〜自宅】距離 : 23.4km


3周連続で坂だ。でっ、今回は箱根の大観山
朝5時45分頃出発して国道1号で藤沢まで出てR134を西へ進む。
茅ヶ崎あたりを走っているときに前方の反対車線を見覚えのあるヘルメットとバイクが、masaさんじゃないですか〜。多分此方には気づいていないな。ヒサコの朝練でしょうか。
今日も朝から最高の天気。
出来れば大観山からあの富士山の姿をを眺めてみたいものだ。

この快晴が何時まで続くかな….

続きを読む