タグ別アーカイブ: 心拍計

 これまでサイクルコンピューターはCateye CC-HR200DW(心拍計付きのモデル)を使用していたが、今回からはPolar CS200cadを取り付けて今までの心拍数計測にケイデンスも測定することでよりペース配分が管理しやすくなった。(…..と思われる)
 又、今後のレース出場を視野に入れ、トレーニングの目的でローラー台をオークションで購入(新品でも定価の半額以下)したので、ローラー台使用時でも速度を計測するために、Polar CS200cadの速度センサーをリアタイヤに取り付けた。(ケイデンスと心拍数が判れば速度はあまり関係ないかな….?)本来、サイコン本体とセンサーとの距離は50cm以内(フロントフォーク取り付けを前提)とされているため、今回Polar CS200cadは速度センサーからの無線信号が届くギリギリの位置(トップチューブ上)に取り付けたが、これでは視線をずらしただけでは情報を読み取ることが出来ないため、これまで使用していたCateyeは速度、距離、時間などの情報を読みとるためにそのまま残しておくことにした。

続きを読む

 今日は今年初の自転車通勤。いつものようにMTBでの通勤。さすがに1月ともなると朝の通勤は寒さが身にしみる。
 当然のことだが朝は会社に到着してから仕事が待っているので特に無理もせず普通にペダリングしているが、帰りは脚力UPの為に足の回転に気を配り、単にペダルを踏み込むだけでは無く、引き足を使った効率の良いペダリングを心がけている。又その日の気分によってはちょっと遠回りしたり、常にダンシングしながら帰ることもある。このため家に到着する頃には心拍数も180超えていることも有るだろう。(通勤時は心拍計は使用していないので何とも言えないが)
 となると、当然ながら呼吸の量も増すわけだが、どういう訳か通勤路である東戸塚の駅の近くで乳牛を飼育しているところがある。
牛を飼っていれば周辺では家畜の独特の臭いが漂ってくるのは当然で、そこを心拍数180で通過しよう物なら、その家畜の臭いを肺一杯に吸い込む結果となる。普段でも鼻を塞ぎたくなるような臭いなのに、肺一杯に吸い込んだら一体どんなことになるのか想像していただきたい。いや、一度は体験してみては如何でしょうか。

 昨日は最悪の初ライドだった。今日はチューブとCO2ボンベを購入するために近くのショップに行くことにした。
 最初は車で行こうかと考えたが、気温も比較的上がってきそうだし、昨日の消化不良ライドもあるし、そのまま境川へ足を伸ばして100km超に再度挑戦することも視野に入れての出発となった。

続きを読む

 2007年の初ライドは実家の伊豆で西伊豆から下田の往復峠越えを元旦に予定していたが、レオンが実家の主、しんべ(ダックス)に耳を噛まれ、またお墓参りの帰りに肉球をすりむき、ちょっと可哀想だったので、予定を早めて1日に自宅に帰ってきた。
このため初ライドは翌2日に近くの境川CRで初の100km超を敢行することにした。

続きを読む

8月にマウンテンバイク(commencal)を購入し、これまでの車通勤から自転車通勤に切り替えました。
最近はやりの中高年の自転車通勤ってやつでしょうか。
それから1ヶ月、ついにロードレーサーにまで手を出してしまいました。
平日はマウンテンバイクで通勤、休日は自宅周辺の10km弱の周回コース(東戸塚周辺)をぐるぐる走っています。