タグ別アーカイブ: 大観山

4
伊豆スカイラインから望む相模湾

爽やかな風と日差し、オープンエアーが最高に心地よい。

北海道で5日間酷使した身体は思いの外堪えていたようだ。
それでも部屋でダラダラ過ごすよりは、少しでも秋の風を受けていたほうが増しということで、箱根・伊豆方面を周遊することに。

2

湯河原から椿ラインで大観山に登ると、ターンパイクの駐車場はNDロードスターで埋め尽くされていました。何の集まりでしょうか。70台以上が並んでいたでしょうか。中には広島ナンバーも...
これだけ同じ車が並ぶと圧巻ですね。

1

透き通った青空にソールレッドの鮮やかな赤が映えていました。

仙石原のススキでもと思ったのですが、すすきの道は人に埋め尽くされていたので敢えなくスルーして、芦ノ湖スカイラインから伊豆スカイラインを経由して伊豆多賀へ...

3

オープン最高!

で、また北の大地へ逆戻りだw

6

昨夜、なんとなく嫌な予感がした...
どうしてもあの時の記憶が蘇ってくる。
そして夢見もよくなかった。

時速46.9kmの壁

70キロ以上も出して降っていたのが嘘のようだ

それは別に大観山を降ることに不安があるわけじゃない。急な坂を降る時には常に意識していることだ。でもそれは決して悪いことじゃない。あの速度で自転車ごと宙を舞って頭からアスファルトに叩きつけられて全身で受け止めるあの衝撃。絶対に忘れてはいけないことなのだ。

今日、箱根旧道の少し手前でバイクに伝わる例の違和感...
最近パンクづいてるからな〜
でも今回は普通のパンクとはちょっと違っていた。
仲間が、何か刺さってますよ!、と...

1

木ねじでした。
しかもあろうことか、深く突き刺さっていて素手では抜けなかった。必要性を感じたこともないプラスドライバーがまさか必要になろうとは...

つまり、木ねじがタイヤとチューブだけじゃなくてホイールのリムを突き抜けているって事だ。

2

幸いにして、一緒に走った仲間がパンク修理用の厚めのパッチを持っていたので、それをいただいてリムの穴にあてて応急処置して再スタートできた。

旧道を登っている時は厚い雲の下で少し肌寒かったけど、ピークに到着する頃には青空が広がって、日差しとヒンヤリとした風の程よいバランスに思わず笑みがこぼれるほどに爽やかでした。

箱根はあと半月もしないうちに紅葉の見頃を迎えるのかな〜

3

湯河原から長い椿ラインを登って芦ノ湖に降りてきた仲間と合流して、一緒に大観山に登る...
富士山はあいにくと雲に隠れていたけど、大観山は、最高に気持ちよかった!

4

あまりの気持ち良さに、防寒着も羽織らずに先頭切って湯河原方面に降り始めて、ハッと我に返った。
リアのリムに穴が空いているのをすっかり忘れてしまっていた。
バイクを脇に止めて集団の最後尾につけたのは幸いだったのだろう。

長い椿ラインを降り切って、遅めの昼食を終えて大磯まで走った時点で、今度はフロントタイヤが異様に変形していた。自宅まで残り30キロ。バーストの危険があったので速度を落として走ったけど、逆に振動が凄くって普通には走れない。

7

帰宅してタイヤのエアーを抜いてみたらタイヤの表面にシワが入った。内部で剥離しているのがわかったので指で軽く引っ張ったら簡単に剥がれてしまった。ケブラー繊維が切れてバースト寸前だったようだ。大観山からの降りでバーストしなかったのが不幸中の幸か...

いろいろあったけど、無事に帰宅できたわけだし、何よりも仲間と一緒に走れて楽しい一日だったことにはかわりない。

DSCF1557

初めて登った時は旧道の登りで頭痛と貧血で体調を崩し、騙しながら大観山まで登って湯河原から輪行で帰ったっけ...

そして今日は、大観山を一本登るために輪行で湯河原までやってきた。

おちも堕ちたりだw

DSCF1559

毎度のことだけど、長く乗らない日が続くとウェアー選びに苦労する。前の晩から出かける間際まであれこれ引っ張りだして悩み、着てわ脱ぎを繰り返す。そして予報とは大分違う今日の天候に結果的には大した選択のミスもなかったと言えるのだから余計に訳がわからなくなってくる。

IMG_9253

はっきりと言えることは、気持ちも体も確実に弱っているということぐらいか。

IMG_8306

2014年10月12日(日曜日)

前日の輪行でLOOKのエンドを曲げてしまったばっかりに、朝からペチャンコに潰れたSupercorsaのタイヤに8気圧の空気を入れて車のルーフに載せる羽目になったw

・・・・・

あの日、一台のサポートカーと4人で小田原をスタートし、亀山峠を超えて中伊豆へと下り、三島から箱根を、そしてそのまま大観山へと登った

昨年のあの日のスタート前

いったん湯河原まで下ってその道をまた大観山まで登り返す予定だった...
でも僕はみんなと一緒に下ることも、当然登り返す事も出来ずに椿ラインの途中で全てが終わってしまった...

あれから一年半

先日、小坪辺りで、あの日サポートカーのハンドルを握っていた祥子さんとスライドした時に最高のリベンジチャンスを頂けることになった訳だ

Team Melody Punch × LINKAGE CYCLING 大観山ヒルクライム

15328272147_a225b1c172_bphoto by LINKAGE CYCLING

スルガ銀行サイクルステーションを貸しきって田代さんからの細やかなブリーフィンを受けて、4人ずつのチームに別れて一本目はファンライド

そして二本目は個人タイムトライアルですwww

大観山を二本も登るって、いったい何方が考えたのでしょう...
田代さん以外にいません(笑)
しかも、その田代さん自身も本気でTTするというから、その走りを直に見れるチャンスですね

しかしよりによって10kgの鉄下駄www

2分間隔でスタートし、自分との戦いが始まりました

まだ半分も走っていないのに2分後ろからスタートしたFukudaさんにあっさり抜かれ、そのまた後方からスタートした方々にも次々に抜かれ、そしてあの日に一緒に走った緑川さんにも力強い走りを見せつけられ、田代さんがヘロヘロな走りの僕のお尻を力強く押してくれた...
僕はお二人の背中を見送ることしか出来なかったけど、こうしてまた一緒に大観山を登ることが出来て感無量でした

応援する車からの黄色い声援に後押しされながら、最後は仲間の待つゴールで苦痛から開放されるあの瞬間がなんとも心地よかった...

このイベントのテーマは『絆』だそうです

ゴールで仲間を応援するメンバー photo by LINKAGE CYCLING

この一体感が実に素晴らしい!

この企画を提供してくれた緑川オーナーとTeam Melody Punchの皆様、そして田代さんとLINKAGE CYCLING Supportersのスタッフの皆様、ありがとうございました!

大観山で『厄』を落とし、大観山で『絆』を拾う...

Dist:70.3km  Ave:18.0m/h  Ascent:1934m


なんだこの暖かさは!
全身から塩が吹出っすw
顔中真っ白だ!
下手にこするとヒリヒリするしwww
行き先もハッキリ決めないままとりあえず走れ〜的に西へ向かったが、
春霞なのか、それともPM2.5を纏った黄砂だろうか...いやいや花粉か?
湘南あたりからは目を凝らしても富士山の輪郭すら見えなかった。
国府津の先で右折して大野山にでも行こうかと思ったけど、途中で思い返してR1へ引き返した。
さてどうしよう...
「僕の好きな道」ワーストワンはパスして、ワーストツー経由で箱根に登った。
家を出た時間が少し遅かったので、早川からは渋滞にはまってストレスを感じながらの走りになってしまった。
湯河原のコンビニで補給をしていたらタイヤの妙な変形を目にしてしまったw
これから大観山へ登ろうってのに...
ま、下りは速度を抑え目で走ればどうってこと無いだろう...と、忘れることにw
長いね〜椿ライン
ワーストツーだけのことはある。
冬の間はレーパンの上に少しきつ目のタイツを重ねて履いていたからか、
足に乳酸がたまる感覚をすっかり忘れていたけど、今日、レーパンに生足で走ったら足が痛いこと痛いことw
椿ラインを登るにつれて、上空の青さが増していった。
半袖半パンで登るにはベストな気候と予想以上のクリアな視界が最高に気持ちよかった!
ようやく長い上りを終えて大観山のレストハウス駐車場に立つと....


まさかの富士山!
下の方は少し黄色く霞がかかったような感じだったけど、その上は蒼く澄んだ空!
大観山からのこんな綺麗な富士山を観たのは久しぶりだ。
芦ノ湖へ下る途中の気温は14℃ぐらいでジレとアームウォーマーだけでも十分だった。
芦ノ湖で軽く補給してから「僕の好きな道」ワーストワンの旧道を下りきる少し手前で、
前方から見覚えのある方が上がってきた....
ランニングで(@_@;)


久しぶりにお会いするmasaさんでした〜
ここまで30キロ以上はるだろうに、これからあろうことか「僕の好きな道」ワーストワンを登るとはwww
一体何処まで行ったんでしょう...
masaさん曰く、1キロ先をnoahponさんが走っているとか...
後で思えば余計なことを教えてくれたものだwww
1キロ先って僕の1キロ先なのか、それともmasaさんが1キロ手前で合ったのか...
間違いなく後者だねw
ランで1キロ手前ってことは...orz
時々突風が吹く中を頑張って踏んだけどnoahponさんの姿を捉えることは出来ずに大磯でアウトw


Red Bullでドーピング(笑)

いや〜効くね〜Red Bull!
砂糖を補給しているようなもんかw

Dist:158.4km  Ave:24.5m/h  Ascent:1596m


影にも勢いを感じない....orz

最高に良い天気でした!
雨が降った翌日は北よりの風が吹けば空気も澄んでくるし。
こんな日は富士山が綺麗ですね。
と言うわけで、前の晩突然ですがnoriさんとsudobanさんから部活するど〜!と連絡をいただいた。
部活と言えば今回で3度目で行き先も3回連続で箱根です。
しかも前回に続いて湯河原から大観山へのヒルクライム。
湯河原から大観山へ登るのは今回を含めるとこれまで3度しか登っていません。
そのうち2回はここ2週間で行ったことになる(笑)
如何に部活に真剣に打ち込んでいるかがよくわかるw
今回の参加部員はnoriさん、sudobanさんBongoさん、僕の4名で、お見送りに同じく部員のyuki3110さん。
今回も部長兼名誉会長のFさんは不参加....そのうち部長から格下げ、名誉会長剥奪との噂もチラホラ(爆)
noriさんに先頭を牽いて貰い小田原のセブンで補給していると.....

続きを読む


今日、日曜日は今年最後のレースの筈だった。
本牧で行われる一般道を使ったレース。
楽しみにしていたのに諸々の理由でレースそのものが中止になってしまった。
そんな訳で、前日の土曜は【ヤビツ30分台クライマー養成倶楽部】の第2回目の活動として箱根方面へ行ってきた。
そしてこの日、僕ら部員が必死で節制生活を送っている最中に、一人オーストラリアで「肉肉ビール肉ワイン肉牡蠣ビール....」とか言って堕落の一途を辿っていたあの方が帰国早々心を入れ替え体験入部することになった。
Bongoさん共々...(笑)
そうそう、これは部活ですよ部活!
生半可な甘えた気持ちは一切禁止ですよ!
特に新参者には容赦いたしません。
んな訳で、この日の部活参加者は、chicorynさん、sudobanさん、僕、そして新入部員のmasaあの方さん、Bongoさんの5名です。

続きを読む


この時既に魂が抜けていた....orz

毎晩のアルコール消毒、もう何ヶ月続いているだろう。
なんか最近身体の調子がよくないんですよ。
朝起きる度に今晩こそは酒を抜こうと思いながらも、仕事から帰ってきて一っ風呂浴びる頃には全て忘れている。
いや、覚えているさ!
でもそんな気持ちなど無かったかのようにプシュ〜!(^^
風呂上がりのビールは真冬でも欠かせませんから。
こんなに意志弱くないはずなのに、自分。
そんな時、いましたよ、ここにも同じような事考えている方が(爆)
切っ掛けって必要ですな(^^;


一週間分には到底足らないな(笑)

水、木、金曜日とノンアルコールビールの日々が続きました。
そしてまず最初に感じるのが寝起きの時ね。
「今晩こそは....」なんて考えないから(笑)
この調子なら土曜日朝の目覚めも良いはずだかノンビリ大観山でも往復して湯河原でカレーでも食べてこよう....
なんて思っていたら、金曜の夜遅くmasaさんが同じ方面へ一緒に走る人を募っていた。
【急な話ですから】のタイトルで....

続きを読む


この日はsudobanさんプレゼンツ!大観山とカレーオフの日だ。
そしてこの幹事さんは3周連続で大観山に登ることになる。
飽きないッスか(爆)
僕もカレーは大好きだし、sudobanさんが企画したオフ会だし、ふつうなら絶対参加のはずなんだけど、翌日のTOJを控えて無茶は出来ませんから大人の判断で今回のオフはお見送りだけで我慢した。
レース前の足慣らしって事でサザンビーチまでは余裕をもって走り出したが、江ノ島で信号待ちしていたオフ会に参加するyuki3110さんを見てしまったらなんか羨ましくって、と言うか嫉妬心が芽生えてきたよ。

続きを読む

11月2日


自転車と割り箸....普通はなんの意味も無いね

なんで割り箸なんだ?
理由はこちら...orz
以下、オフ会のルールを抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ルール:投げた割り箸が道に落ち、その指し示した方向に進むべし
で、ですね…ここからは海岸線のR135を走りましょうv(^o^)v
ただ、進むべき方向は割り箸に聞かなくてはいけません。
「湯河原」「熱海」「伊豆多賀」「網代」「宇佐美」「伊東」の各地点が割り箸ポイントです。
そこでチームの代表は仲間の運命を背負って割り箸を投げますよ。
方向は「北:北上」か「南:南下」か「西:駅から輪行」。
東は海に入るわけにはいきませんのでやり直し(当たり前か)。
1)湯河原で「北」が出たら自走で帰ります
2)伊東で「南」が出たら「川奈駅」まで走ってから輪行です
3)早いところ西向きを出して、輪行ビアが勝ち組ですね(^^;


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大の大人がですよ〜!
何が悲しくて投げた割り箸で自分の行く先を決めなきゃならんのか...orz
最悪の場合、湯河原まで走ったは良いが、そこで連続して「南」を出したら→熱海→伊豆多賀→網代→宇佐見→伊東→川奈と無駄に走って、
余分な電車賃まで払わなくっちゃいけない…w
ま〜でも案外面白いかもね。
それにこんな時は言い出しっぺが痛い目に遭う事に相場は決まってるからね(笑)
と言うわけで茅ヶ崎サザンビーチへ集合です。
ところがこの日全く足が廻らない。30km/hがやっとだ。
先日の山里ライドが結構足に来ているようですw
いつもより早めに家を出たのは正解でした。
この先が心配だな〜
先が見えないしな〜
なんで割り箸なんだ...

続きを読む