タグ別アーカイブ: ロードレーサー


デカイ足w

このSPD-SLシューズを買ったのが昨年の12月頃かな〜
その前に履いていたシューズは自分の足にはフィットしていなくて、バックルとベロクロをかなりきつく締めないと足が左右にずれてしまいます。
足がズレれば所々擦れて痛くなるし、でもあまり強く締めすぎると長距離を走っているうちに足の甲から指に掛けて痛みが出てくるんです。
で、大枚を叩いて(reonmamaが(笑))買ったこのシューズは前のタイプより幅広の設計のはずなのに何故か僕の足にはピッタリでした。
そんな大変気に入ったシューズ、カーボンソールは傷だらけだけど見た目はまだ綺麗だし、新品の時に比べると全体的に若干のへたりが出てきてか、自分の足に馴染んで来たかな〜って時になって問題が発生しました。

続きを読む


僕はなにもしていないのに・・・1年と半年でなんで2度も壊れるかなー!
本格的に自転車を始めるまで、スポーツ自転車がこんなにも高価な物だったなんて全く知りませんでした。
それでも中には数万円で買える物も有るのですが、フレームやデザイン、装備されている機材に満足出来るかはその人次第ですね。
ロードレーサーを購入するときは正直悩みました。フレームの材質の違いはもちろんですが装備機材のの違いで値段がまるで違っちゃう。
全くの初心者である自分にはどの程度のクラスの装備が妥当なんだろうとMTBを購入したショップの方に相談すると「レース等への参加も考えるなら105クラス以上の機材なら大丈夫でしょう」みたいなアドバイスだったかな。
ところがロードレーサーを購入しようと思った時期も悪かったのかも知れないけど、なかなか自分に合った、また欲求を満たしてくれる車種が見つからなかった。
良いな〜と思って値札を見るとどれも4〜50万以上でヨダレは出ても手は出ません。中には100万円を超える自転車もある。
上を見るとキリがない世界ですね。
で、悩んだ挙げ句に決めたのが今乗っている自転車です。名の知れたメーカーのフレームでは無いけどカーボンモノコックのフレームにハンドル、シートポストもカーボン製、ステムはカーボン巻きのアルミ(^^;
コンポーネントはSHIMANOの105が装備されていてホイールはSH-561ですから105クラスと同程度でしょうか。
完成車としての価格は約20万円だからフレームが10万、装備品が10万ってところですかね。
因みに某自転車雑誌の広告で全く同じフレームを見つけましたが、メーカー名と塗装のデザインが違うだけでフレーム単体価格がなんと30万円ですから値段なんて有ってないような物なのでしょうね。
前置きが長くなりましたが今朝の通勤時のことでした。
東戸塚駅前から環状2号へ登る急な坂でフロントをインナーに落とそうとしましたがリリースレバーが固くて動きません。
何度か操作したらグニュっと変な感触が手に伝わってきました...... 
  (;゜)ウッ! 一瞬あの日を思い出しました。
  カチッ! ではなくて グニュ! です。
前回、STIを破損したときはレバー内部の金属部品が破断してしまい
  バキッ! でした(^^;
今回は何か引っかかる部分の頭をなめてしまったような感触の グニュッ! です。
もちろん、インナーには落ちてくれません.....それっきり全く反応無しです。
ぎゃー!ヤッチマッター って、何もしてないのに.....orz
これが来週末のブルベ走行中の時じゃなくて良かったよ〜と胸をなで下ろす反面、冷静に考えると、さてこの局面をどう乗り切るか・・・・・
僕の自転車の場合、多分フレームの次に高価な部品はSTIだと思うのですが、前回は購入後1年以内だったので無償交換していただきましたが、今回は無償というわけにはいかないでしょうね。
 痛いな〜 誰か僕に投資してくれません? 勿論見返りは期待しないって事で(^^;
左STIの操作感触にはつねに不安を持っていました。気持ちよくカチッと決まるときもあれば、固くてバキッ!っと今にも壊れそうなくらいの感触が伝わってくる時もあるのです。
フロント3段に対応しているからなのか・・・・?
これってSTIレバーだけの問題じゃなくてフロントディレーラーにも関係するんだろうか・・・・?
それともワイヤーの滑りが悪いとか・・・・?
もしかして調整の具合が良くないとか・・・・?
とりあえず日曜にショップに持ち込んで診断して貰いましょう。トホホ(泣)

2007年もまもなく終わりと言うことで少し早いですが今年1年を振り返ってみた
このブログを立ち上げたのは2006年の5月
元々はDschsDBの管理人、reonmamaのための物だったが、昨年の8月に末に自転車通勤の目的でMTBを買って、
その翌月に無理してロードレーサーにまで手を出してしまった事を切っ掛けに僕専用の日々の自転車生活を綴った内容にに変わってしまった(笑)




初めてロードレーサーに跨って踏み出したときの感覚は衝撃的でした。
自転車自体の軽はもちろんだけど、自分の足でも軽々と40km/h以上までスピードが出せちゃう。
自分の知っているこれまでの自転車のイメージとはまるで違っていた。
正に風を切って走るっているって感じで、思わず頬が緩んじゃうくらい気持ちよかった。
その頃は自分で好きなように走っているだけで楽しかったな〜
何の目的もなくただ走る、ただそれだけでね。
別にレースに興味が有った訳でもなかったし、他の楽しみ方を知っていた訳じゃ無いからかも知れないけど。
ネット上で情報を収集していくとロードレーサーの奥の深さに更に驚いた。
ロードレーサーで100km以上走るのはごく普通のことで、自動車がエンジンを唸らせて上がっていく急な上り坂だって走っちゃう。
なかには通勤で往復100km以上走っちゃう人までいる。
走る距離は徐々に増えたとはいえ、せいぜい50km程度で喜んでいた自分にとってはまるで別の世界の出来事のようにしか思えなかった。
前にもこの場で書いたけど、とらさんとの出会いから自転車とブログで繋がった方々と知り合うことが出来た。
これが今日の自転車に執心する切っ掛けとなったわけだ。

続きを読む



GWが始まる前にとらさんにメールしておいたら、早速お誘いを頂いた。何とMt.富士ヒルクライムの練習を兼ねて(◎_◎)朝練が企画されたようです。
参加されたのが、とらさん、大将さん、キムさん、DEEさんsudobanさんと僕の6名
大将さん、キムさんは始めてご一緒で、DEEさんとは0310三浦でご一緒したのですが、ご挨拶できなかったので改めてですね。

続きを読む

 結婚する前までの体重は70kg前後だったが転職と同時に結婚してからは徐々に増えて最高で79kgになってしまった。その間タバコを止めた事もあり、その分食事の量が増えたのは事実。しかし私の身長は179cmあるので、平均的な体重かもしれないが、元々やせ形の体型で決して筋肉質ではないため、増えた体重の殆どは贅肉である。横浜に来てからの生活パターンは、通勤は車、スポーツはしない、食事は満腹感が得られるまで食べ、夕食はご飯(米)とおかずをつまみにビール+他のアルコール類を毎日欠かさず飲む。決して健康的な生活ではない。そして、ここ何年かは健康診断の結果もあまり思わしくなく、しかも糖尿病の家系でもあることからそろそろ注意が必要と感じ始めたのが昨年6月頃だった。
まず始めた事は、

  • 夕食時にビールなどの酒を飲むときはご飯(米)等の炭水化物を取らない
  • 昼食の弁当のご飯を一口分残す
  • 最初はどうしても空腹感を感じてしまったが直ぐに慣れてしまう。タバコを止めるときほどの辛さはなかった。
     確かに若干の効果があり、体重も2kg程減ったが、ただ食事の量を減らしただけでは決して健康的な生活とは言えないので、一人で簡単にできるスポーツを取り入れようと考えた。
     そして始めたのがランニングでその後自転車に。
          【この辺は以前の記事で紹介済み】
     7月頃から始めたランニングは途中膝の痛み等で11月までにトータル30回ほどしか走っていないが、8月末からは自転車通勤と、休日のロードレーサーとで体重も二十歳頃の値にまで下がった。(グラフに自転車通勤時の消費カロリーは含まれていません)



    因みに数値で見てみると、体重以外にも体脂肪率、体年齢、内臓脂肪、体幹皮下脂肪率の値はは下がり、逆に骨格筋率は上がっている。
    運動により体重を絞ったことで感じることは

  • 体の動きが軽く感じられる
  • 体力が付いた
  • 足の裏の痛みが無くなった
  • 精神的にも健康になったような気がする
  • 見た目…..?
  •    

    サァー!皆さんも自転車始めてみませんか?

     さすがに○十才を超えてから始めたロードレーサーだけに足への負担は結構きつい物がある。しかも家の周りは坂ばかり。いつも走っている周回ルートも周回を重ねる毎に登りでたれてしまう。そんな訳で以前から気になっているコンパクトクランクに交換することにした。

    続きを読む

     昨日の天気予報通り今日は風が強かった。でも気温は10度以上ある。風が強かろうが、雨や雪が降らない限りは自分にとっては自転車日和だ。しかし風が強いため思ったより寒く感じられた。
     今日はいつもの周回コースを廻ることにした。
     走り始めてフロントタイヤがやけにふらつく感じがした。まるでクイックレバーが緩んでいるかのように安定感に欠けている。やはり強風のせいだろう。
     最初の坂を登って下り、二つめの登り坂に差しかかったときだった……..

    続きを読む

     自転車通勤を始めてからと言うもの、毎晩、毎朝の天気予報が気になって仕方がない。自転車通勤を始める前は車での通勤だったため差ほど気にならなかったと言うと歩いて通勤している方には申し訳ないのだが。
     今日も朝から雨模様で昼頃からは大荒れの予想。当然今日も車での出勤となった。明日は天気も回復するようだが、低気圧が発達して朝から風が強そうな予報。出来ればいつもの周回ルートを廻りたいところだが….自転車に乗れない日が続くとどうもストレスが溜まるような気がする。

     今日は今年初の自転車通勤。いつものようにMTBでの通勤。さすがに1月ともなると朝の通勤は寒さが身にしみる。
     当然のことだが朝は会社に到着してから仕事が待っているので特に無理もせず普通にペダリングしているが、帰りは脚力UPの為に足の回転に気を配り、単にペダルを踏み込むだけでは無く、引き足を使った効率の良いペダリングを心がけている。又その日の気分によってはちょっと遠回りしたり、常にダンシングしながら帰ることもある。このため家に到着する頃には心拍数も180超えていることも有るだろう。(通勤時は心拍計は使用していないので何とも言えないが)
     となると、当然ながら呼吸の量も増すわけだが、どういう訳か通勤路である東戸塚の駅の近くで乳牛を飼育しているところがある。
    牛を飼っていれば周辺では家畜の独特の臭いが漂ってくるのは当然で、そこを心拍数180で通過しよう物なら、その家畜の臭いを肺一杯に吸い込む結果となる。普段でも鼻を塞ぎたくなるような臭いなのに、肺一杯に吸い込んだら一体どんなことになるのか想像していただきたい。いや、一度は体験してみては如何でしょうか。

     正月2日、3日とトータル120kmを走ったためか、3日の夜から体中が痛い。昨年8月末から自転車通勤を始めて4ヶ月ちょっと。多少は日頃の運動不足も改善されてるとはいえ、せいぜい1日5キロ程度の自転車通勤で過大な体力アップは期待できないようだ。

    続きを読む