カテゴリー別アーカイブ: 自転車

1

翡翠葛 – ヒスイカズラ

〜〜〜 神秘の華 〜〜〜

昨朝のグッドモーニングで小田原フラワーガーデン
ヒスイカズラが見頃だと紹介していた
見たことも聞いたこともない花だけどあまりの美しさに...

正に神秘の華でした

2

こんな色の花って他にあるんだろうか

思った以上に迫力がありる立派な佇まいでした

3

帰りに自転車で何度も走った丘の上の菜の花畑へ寄ってみると
満開でした
晴れていれば正面に富士山が望めたのに...残念

4

1

道志みちで山中湖方面へ...
三連休初日、道も混むだろうと少し早めに家を出るも、山中湖には11時前に到着
昼食は”ほうとう”を食べるつもりだったけど、時間が早すぎたのでそのまま富士山をぐるっと周っていたらいつの間にか静岡県いり...

もう”ほうとう”の”ほ”の字も見当たらないw

仕方ないので朝霧高原あたりで”富士宮やきそば”

ま〜どっちも麺類だし、そもそも”ほうとう”はあまり好きじゃないんだよ(笑)

2

先月、富士川SA(のぼり)にオープンしたFuji Sky View

3

36個のゴンドラの9個に1個がシースルー
折角だからシースルーのゴンドラに20分待ちで乗ってみた

生憎と午後から雲が出てきて富士山も駿河湾も今ひとつだったけど、足したは.....

4

この手の乗り物に乗ると必ず不吉なことを想像してしまう...何十年振りだろう

一度乗れば十分だなw

1
negroni(ネグローニ)

AT車ならそれほど気にする必要もないだろうけど、3ペダル、特に足元の窮屈な車には細身のドライビングシューズは欠かせない
でも一足で通勤や休日のドライブをこなすにはやはり厳しいようで、1年足らずでかなりボロボロになってきた

昨夜、急に思いたって以前から気になっていたドライビングシューズを物色
普段履く靴よりもフィット感が重要なだけにフィッティングも無しにネットでいきなり注文ってわけにもいかないで、品揃えの多いい実店舗を見つけて早朝から走り出した

1 (1)

片道90キロw

1 (6)

名前と細身のシルエットはイタリアメーカーなのかと思っていたんだけど、よく調べてみるとmade in Japanでした

上質なキップレザー
巧な縫製
スッキリとしたデザイン

そして何よりも、まるでオーダーしたかのように優しく包み込むフィト感
素足で履いても何の違和感も感じない
流石!日本の職人技

3 (2)

あまりにも美しいのでペダルでボロボロにしてしまうのには気が引けてしまう
これなら色違いを普段履きにしても惜しくないかもしれない...

2 (3)

1 (4)

昨年の夏から何マイル貯まったやら
回数なら45回は飛行機で移動してるな
移動時間よりも待ち時間でストレスが増しているような気がしてならない

2月は週5日の出張だから家に帰れるのは土日だけ
ま〜今のところはほぼ週二日休めているんだからまだマシなんだけど

土日のどちらかで天気さえ良ければ少しでもロードスターに乗って屋根を開ければ、その週のストレスもリセット出来る

ロードバイクとロードスター、違いは3文字だけど車よりは自転車のほうがお金も掛からないし体重も増えないけどね...

 

1 (3)

河津桜が見頃だろうと早起きして河津に向かったまではよかった

現地に到着すると車車車・・・・で駐車場待ち渋滞

ある程度は覚悟していたので素直に駐車場待ちの渋滞にハマるも、駐車場を案内している連中の手際と管理の悪さに嫌気が差してしまったので、河津町にお金を落とすのは止めにした

来る途中で見頃の河津桜と花から花へ飛び回る沢山のメジロを愛でたからよしにしよう

なので伊東で豪華な昼飯を頂いて帰ってきた

終日、オープン日和だたのは良かったけど、終日くしゃみと鼻水になのにま参ったw

1

先日、エンジンをかけたら初めて見るオレンジ色のサインがメータ内に表示されて一瞬焦ってしまった。前回のオイル交換の際に次回オイル交換を7000キロに設定しておいたので、残り500キロとなった時点でメンテナンス時期を知らせるサインが表示されただけだった。

そろそろオイル交換の時期になるので購入しておいたのは純正のペール缶(20L)。必要な量をドリルポンプで容器へ移し、オイル交換セット(笑)を車に積み込んで某駐車場で車体の下の潜り込む。日差しが無くて比較的涼しかったのは幸いだ。

1 (1)

エンジン下のアルミ製のアンダーガードを外すとオイルパンが現れる。下から見るとエンジンの小ささが際立つ。

3

ドレンは8mmのHEXネジなのでわざわざこのためにビットを準備しておいた。
(ついでにデフオイル交換用に23mmのボックスも入手)

1

前回から約6500キロしか走っていないけど、オイルは予想以上に真っ黒だったけど、拍子抜けするくらいに金属粉などはほぼ無かった。それほど加工精度高いということなのだろう。

4

納車後の最初のオイル交換ではオイルフィルターは交換しなかったので、今回は8000キロ目で交換。

5

この手の作業は、出来れば春と秋に計画しよう...

1

オープンカーなんだから室内は外の塵やらホコリやら、時には虫や鳥の糞だって飛び込んでくる。(今のところ鳥フンは間一髪で避けれているが)

ま〜オープンで走っているときは当然だし、スズメバチでも舞い込んでこなければね特に気にもならないけど、気温が高くなって日差しが厳しい時はクローズド+エアコンLoveなのです。そんな時、エアコンの吹き出し口やデフロスターからは目に見えるほどにホコリが吹き出してくるのです。時には虫の死骸とか...

2

ボンネット下のワイパーパネルを剥がすと、その下には外気導入口があるのですが、中が丸見えでフィルターなど付いていません。これではゴミや虫が室内に簡単入ってしまう。しかし、取り外し可能なカバーみたいな物ががファスナーで取り外せるような構造になっています。なのでここに3M製のフィルターを付けることにしました。

3

これでクローズ時に外気を取り入れてもPM2.5も除去してくれるはず。
もちろんオープン時は関係ねいけどね。

ついでにクローズ時に室内循環した時の塵埃対策として、エアコンフィルターにも同じフィルターを貼り付けておきましょう。

4

助手席のデコレーションパネルを剥がすとカプラの奥の方にエアコン用のフィルターがあるのですが、フィルターと言っても普通の車とは違って、単に網が貼ってあるだけなので、細かな塵や埃を吸着するほどの能力はありません。
取り外してみると、網の上には枯れ葉やクヌギの雄花などが溜まってますが、外気導入口にフィルターを取り付けたので、今後はこのようなことは無いはず。

5

この網にフィルターを貼り付ければクローズ時に車内循環することで室内の塵や埃も吸着してくれますね。オープンにしたら社外の塵や埃が舞い込んじゃいますけどね。

6

で、写真では網に裏側(下)にフィルターを貼り付けていますが、このフィルターの下にシロッコファンがあるということは空気は上から下に向かうので、この状態だとフィルターが剥がれてファンに吸い込まれてしまう恐れがあるので、この後フィルターを網の上面に貼り直しました。

これから秋までは日中の炎天下ではオープンでは走れないので、少しでも室内の空気を浄化出来ればと...

1

金曜日、準備万端で寝たのだけれど、起きれなかった。
最近は目覚ましなの必要ないくらい朝が早いのに全く起きれなかった。ここ最近疲れがたまる一方で抜ける感じがしない。

自転車乗っていない事が原因なんじゃないかな〜と...

2

ま〜しかし身体が重いというか、持久力が無くなったというか、週2が週1になり、最近は隔週1だから当然なんだけど。

今は100キロが遠いこと遠いいこと...

1

僕:おい!おまえ本革だろ!ジーンズの鋲に負けててどうすんだよぉ!
本革:(´;ω;`)ウッ…
ND:おいおい!お前もう少し本革の事考えてやれよ!
僕:えっ、何が?
ND:ケツに鋲付けたジーンズなんか履いてんじゃねぇーよ!
僕:あ....スマンw
ND:本革も苦労してんだからさ〜、さっさと補修してやれ
僕:は、はいw

2

革靴補修用、コロンブス アドカラーとベース

3

この程度の傷ならベースは必要なかったな。

4
黒とグレーを混ぜてシートの色に合わせて、マスキングして2度ほどヘラで塗り重ねるだけで簡単に修復完了。

いろいろと手がかかる子だけど、それを楽しみに代えられる物なんてそうは無いと思う。
それでまた愛着がますってもんだな。

それよりも問題なのが幌だw

納車後1ヶ月ほど経った頃、幌を閉じている時に路面のほんの少しの起伏を拾って幌からの軋み音が気になっていた。
ディーラーで対策してもらったらすっかり軋み音は解消したのだけれど、その作業が良くなくってあちこちに不具合が生じてしまった。で、その不具合対策を終えた時に妙な物を幌の内側に見つけてしまった。

幌のかなにシートベルトのような物が垂れ下がっている...

1

先端が千切れているではないかwww
しかも左右両方共だ。

1

組図を見るとこのベルトは幌に張りを持たせるための部品で、幌を閉めるとこのベルトにテンションが掛かる構造になっていた。
全てのグレードで同じ部品だけど、このグレードに関しては遮音性を高めるためにインシュレーターが装備されている。つまり幌が二重構造になっているために幌を閉じた時に、よりテンションが増すことになる。ところがこの端末の部品は手でも簡単に裂けてしまう程にチープな素材だった。

この部品一つのために、幌のアッセンブリー全てを交換することになった。金額にしたら100円にも満たない部品が原因で数十万円もする幌と骨組み全てを交換するって、無償交換にしても勿体無いにも程があるではないか...

新しい設計にはある程度の不具合が付き物なのは理解できるから良いとしても、あまりにもショボい不具合なだけにオーナーとしては残念で仕方ない。

不具合が解消できればなんの不満もないけど、呉れ呉れも交換の際に傷など付けないように作業してもらいたいものだ。

前例もあることだし...

1

自転車を始めて最初に連れて行かれた坂
もう10年も経つんだね〜
あれから一度も来ていなかったよ。

懐かしいな〜

でもあの時一緒にここを登った仲間は、今はもう自転車には乗っていない...

寂しいね〜

2

ピークから下っていると下から一人のサイクリストが上がってきたので軽く会釈したら・・・

モリさん!

コミュさんでした。

僕は十年ぶり二度目で、コミュさんは今日が始めてのコースなのに、まさかのスライド...
都内から輪行で神奈川の山を走るコミュさんとスライドするのはこれで何度目だろう。
お互い神奈川の山が好きってことで、この先もず〜とスライドしかしないのか(笑)