1

先日、エンジンをかけたら初めて見るオレンジ色のサインがメータ内に表示されて一瞬焦ってしまった。前回のオイル交換の際に次回オイル交換を7000キロに設定しておいたので、残り500キロとなった時点でメンテナンス時期を知らせるサインが表示されただけだった。

そろそろオイル交換の時期になるので購入しておいたのは純正のペール缶(20L)。必要な量をドリルポンプで容器へ移し、オイル交換セット(笑)を車に積み込んで某駐車場で車体の下の潜り込む。日差しが無くて比較的涼しかったのは幸いだ。

1 (1)

エンジン下のアルミ製のアンダーガードを外すとオイルパンが現れる。下から見るとエンジンの小ささが際立つ。

3

ドレンは8mmのHEXネジなのでわざわざこのためにビットを準備しておいた。
(ついでにデフオイル交換用に23mmのボックスも入手)

1

前回から約6500キロしか走っていないけど、オイルは予想以上に真っ黒だったけど、拍子抜けするくらいに金属粉などはほぼ無かった。それほど加工精度高いということなのだろう。

4

納車後の最初のオイル交換ではオイルフィルターは交換しなかったので、今回は8000キロ目で交換。

5

この手の作業は、出来れば春と秋に計画しよう...

2
HONDA CB400 SUPER FOUR

混んだ市街地では排気音よりも、いかにも精密機械的な金属の甲高い動作音が背後から流れてくる。高回転型の小型4気筒が奏でる滑らかで心地よい調べだ!

6月に納車されたばかりのピカピカのモータサイクル

ご本人は白赤が欲しかったって言っていたけど、僕なら渋いこの色を選ぶだろうな〜

伊豆スカイライン、西伊豆スカイラインを繋いで伊豆半島を一周しませんか?と、誘ってくれたのは、かつての自転車仲間である(笑)sudobanさんだった。

しかも南伊豆から石廊崎、西伊豆への起伏のある海岸線をオープンエアーで駆け抜けるなって贅沢極まりないコースでわないか!

でもね、午後の早い時間に戻るなんて絶対無理だから(笑)

1

とりあえず予定通りに5時から走りだしたはいいけど、お盆の帰省で何処も道は混雑していたので、無理はせずに、かつて一緒にヒーヒー言いながら自転車で走り回った箱根方面を周遊して昼ごろに帰宅した。

夏の暑い時期にバイクってどうなんだろう...と想像つかなかったけど、やはりこの時期は暑さとの戦いらしい。車ならエアコンもあるからどうにかなるけど、バイクは足元に大きな熱源がある。久しぶりにお会いしてそんな話を聞くまでは単に夏の日差しと気温のことしか頭になかったよw

3

久しぶりにお会いして、これまでとは全く違うジャンルの会話にお互い思えわず苦笑いの朝でした。