1

純正のガンメタル8本スポークは足元が引き締まった感じなのであえて社外品に変える必要も無いくらいだったのだが、見慣れてしまうと存在感にかけるような物足りなさ...

軽い社外品に換えることにしました。

軽量ホイールといえば鍛造の「VOLK Racing CE20N」が筆頭なんだろうけど、8本スポークだし色も今ひとつ落ち着きに欠ける。そこで16インチモデルも追加された「ADVAN Racing RZ II」に...

1.5Lの非力なエンジンだし、ライトウェイトスポーツなんだし、インチダウンはあってもインチアップは無いだろう...
でも実物を目の前にしてしまうと17インチに目が行ってしまう。
フェンダーとの隙間の広さからも見た目的には17インチの方がスッキリ見えるのは当然。
一度は17インチで注文したんだけど、インチアップしたことであの軽快感が損なわれてしまったら運転することの楽しさも半減してしまうかもしれない。

NDは歴代モデルに比べると一見モダンなボディーデザインになってしまったけど、そんな中にもクラシカルなスポーツカーを踏襲したデザインでもあるわけなので、グラマラスなタイヤだって似合わない筈がないし、ライトウェイトにこだわるならインチアップはあり得ない。との結論に至った。

2

注文した翌日、無理を言って16インチにサイズ変更してもらった。

純正ホイール:16inch 6.5J インセント45 重量6.9kg

ADVAN Racing RZ II:16inch 7J インセント42 重量6.1kg

トータルで3.2kgのバネ下重量軽量化

今時16インチなんて軽自動車だって履いてるだろうに...
ぱっと見、軽自動車と大して変わらないんだから税金下げてくれないかな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です