1

週の初めごろ、昼休みに職場の駐車場で、木材の切れ端をスロープ代わりにして車体の下に潜り込み、純正のリヤのスタビライザーを外してみた。

ロードスターのヒラヒラ感を暫く楽しんでみようかな〜と思ってね。

街中や近場の公園周りのコーナーの多いいちょっとしたアップダウンを走っている分にはスタビなんか付いていないほうが、車の挙動が明確に感じられてかえって楽しいかもしれないな〜

2

そして明日は朝から雨が降りそうな予報だったので、仕事を終えてから、またも職場の駐車場で潜り込む...

純正のスタビより直径にして約3mm程太くなって、バネ定数は275%のアップです。

純正の脚は決して固くはないのでロール量も適度にあって車体の挙動が比較的わかりやすい、いわゆるこれがロードスターらしい本来の味なのでしょうが、今回はスタビ無しから強化スタビに一気に変わった事で、当然ですがロール量が激変しました。純正の脚が決して嫌いだったわけではないのですが、ワインディングを走った時のキビキビ感をもう少しアップさせつつ、ノーマルの乗り心地は残しておきたかったので、一番手軽で安価なリアスタビライザーを交換した次第です。スタビライザーを固くしてロールを抑えることは、コーナーでのサスペンションの動きに制限を加えるわけですから、それまでの路面への追従性が損なわれることにもなるので、その辺の挙動をある程度把握しておかないと突然の変化に慌てることになりかねませんが、ま〜今の自分に限ってはそこまで心配する必要も無いのですが。

そうだ、山いこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です