おだてるくらいならなにかくれ!

1
運転している本人は出来るだけ変速ショックを抑えながらシフト操作しているつもりなのですが、助手席に奥様を乗せている時、シフトアップの度に頭が前後に揺れているのがよくわかります。「運転が忙しなく感じる...」と言われるのはこのためでしょうか。MTに比べてATがどれだけスムーズなのかを思い知らされます。ま〜ほんの一瞬にしろ加速中に動力が完全に失われるのだから当然なのですが。

仕事を終えての帰り道、試しにi-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)トレーニングという何やら仰々しい画面を表示させて、出来るだけなめらかな運転をしてみました。

1
ブレーキ、ハンドル、アクセル操作の滑らかさに応じてポイントを与え、クリアすると上のステージにランクアップするという、ゲーム的な要素を盛り込んでエコドライブを促そうとするメーカー側の魂胆が見え見えな機能です。

余談ですが、画面は【1st STAGE】となっていますが、実は昨日までは【2nd STAGE】だったのです。というのもマツダコネクト(通称マツコネ)という、どうしようもなく出来の悪い「新世代カーコネクティビティシステム」を弄くりまわしたら収拾がつかない状態に陥り、しかたなく工場出荷時の状態に戻してしまったからなのです。戻ってくれたからいいようなもの、もし文鎮化してしまったら高額出費は避けられませんw

2

ま〜それはさておき、確かにポイントが上がるような運転を心がければ、事実燃費も向上するし事故のリスクも下げられるのかもしれないのですが、いかんせん楽しくありません。別に常にエンジンのパワーバンドを意識したりお尻を流して走る程若くはありません。 軽快なハンドリングと開放感を楽しむ車なのに、逆に疲れてしまっては意味がありません。ポイントがアップすることで自動車税を軽減してくれたり、ガソリン代を割り引いてくれるのならその気にもなれるかもしれませんが、少しばかり褒められたぐらいでその気になるほど機械に信用を寄せているわけでもありません。そもそもゲームはそれほど好きな方じゃないし。
ということで、この機能は今日限り封印することにしました。

最上ランクまでアップしたらサプライズでもあるのかしら?

 

「おだてるくらいならなにかくれ!」への2件のフィードバック

  1. 先日、ロードスター1日試乗で借りて半日乗り回しました。
    普段はCX-5ディーゼルAT車で、MTには1年以上乗ってませんが、何の違和感も無くMTで乗れました。
    i-DMのステージ1と2は、素通りで直ぐ3に上がりました。確か4.8が1回以外は全部5.0だったと思います。普通より早めの加速をしても、助手席の頭が揺れることはありません。景色の良い高原をドライブした事もあり、とても乗り易く、心を幸せにしてくれる車であると思いました。

    せっかく良い車にお乗りなのですから、運転を上達して、マツダの言う人馬一体の喜びがもっと味わえるように努力されて見ては如何ですか?
    i-DMと真剣に向き合えば、1年くらいで随分上達したなと思える様になりますよ。勝手に他人のリンク貼りますが、
    大御所のブログ
    http://minkara.carview.co.jp/userid/1349639/blog/
    ロードスターの人のブログ
    http://minkara.carview.co.jp/userid/2175948/blog/

    1. ◇通りすがりさん

      コメントありがとうございます

      乗りホーダイ!でしかもロードスターで?...ある意味凄い!

      僕も試乗させてもらった時が何年か振りのMTでした。
      助手席にはディーラーの営業担当が同乗していたので一番最初のクラッチミートに緊張しましたが、ペダル位置に違和感を感じた以外クラッチも扱いやすいくて30年前と特に変わらずMTを楽しめました。

      もう若くはありませんので、ブレーキとアクセルを同時に踏んだり...
      DSC/TCSをカットしてお尻フリフリもしませんが(多分w)
      そこまでしなくても十分に楽しめる車だな~と納車後は幸せな毎日を送ってます。
      ただでさえオープンカーは目立つのでオープンカーに恥じないような紳士的な振る舞いを心がけています。

      これまでもi-DM画面は見ていませんでしたが、タコメーター内にi-DMランプを表示させているので結局はそれを意識しながら走っちゃうんですけどね。
      なのでそのうち運転も上達することでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です