1

必ずここにた立ち寄って朽ちかけた倉庫の下から青空を見上げる。お気に入りの場所だ。他にも一箇所そんな場所があったのだけれど、数年前に撤去されてしまった。子供の頃の遊び場を思い起こさせる、海育ちの僕にとって三浦はノスタルジックしてくれる癒やしのルートだ。

なのに走ったのは9ヶ月ぶり...

ま、たまに走るから気分も盛り上がるってもんだろう。

2

冬場は天気さえ良ければ澄み切った空と澄んだ海が迎えてくれる。ただ風がね〜行きと帰りでどっちも追い風になってくれることを期待して家をでるんだけど、そう甘くはない。風向きを伺いながら走ってたら楽しさも半減しちゃうから、風まかせで走るぐらいが丁度いいんだろう。

3

この日はこの時期にもれず、快晴〜

色に表現するなら「瑠璃色の空」かな?

気分が良かったのでルートを逸れて大根畑を一望できるポイントへ

4
冬なのに色鮮やかな緑
気温はようやく平年並みの冷え込みに戻ったららしいけど、穏やかな日差しが心地よく感じられる一日でした。

3

ミニコンポのCDプレーヤーが壊れてどれくらいががたったかな〜
それよりも音楽をあまり聴かなくなって何十年経ったことやら。
何とかCDプレーヤーを復活させようと何度も分解しては組み直しを繰り返してみたが、結局CDを認識することは二度となかった。おまけにUSBポートまでもがイカれてしまったうえに、左のチェンネルからノイズまででるしまつ。

この役立たずめ!

w30年以上前に買ったSANSUIのアンプを捨てずにとっておけばよかったと悔やんでも後の祭りだ。

そんなこんなで、30数年ぶりにピュアオーディオなどを・・・

エントリークラスのアンプとCDプレーヤーにミニコンポに付いていたしょぼいスピーカーを組み合わせてみたが、所詮は安物スピーカー...
値段を差し引いても満足できる音など出るわけもない。

ならば、暇つぶしも兼ねてスタンドでも作ってみるか。

1

仕事納めの午後、帰りにホームセンターに寄って、頭のなかで描いたサイズに木材をカットしてもらい、その日のうちに面取りと仮組みを済ませ、翌日は本組と砥の粉で目止めしてからニスで仕上げ。一番楽しいはずの工程がうんざりするほど手間のかかる作業になってしまった。なので想定を遥かに下回る仕上がりとなってしまったが、スピーカーを載せて鳴らしてみたら、心なしか心地よいサウンドに生まれ変わったような気がする。スタンドの効果というよりは、単にリスニングポイントが高くなったことでの変化なのかもしれないが・・・

2

photo by valさん

これからの時期は山方面は寒さが厳しい。
なので低地が主な行動エリアになってしまう。
そんな時、お気に入りのコースの一つが渋沢丘陵だ。

閑静で和みに富んだ景色が続く適度なアップダウン
丹沢の峰々を眺めながら「あれが大山か〜」、「あれは鍋割山か?」、「尾の奥の峰はなんだろう」、「僕が登ったところはどのへんだろう」、「あれは◯◯林道かな」...

これからますます空気がキリリと突き刺さるような冷気に変わり、丹沢が雪を冠り、足元には霜柱が立つ、そんな時期になっても楽しませてくれるんだろう。

1

ルートの途中にある癒やしポイントでは例年のように菜の花が咲き始めていました。青空に黄色い花と柔らかな緑のコントラストが暖かさを増してくれる。こんなところで緩い風に吹かれながらアコースティックギターなんか弾けたら最高なんだろうけどな〜

2

松田に降りたは良いけど、ここまでのんびり走った割には昼飯には少々時間が早すぎたので、傍の激坂を登ることに・・・

死んだw

昨日の雨と濡れた落ち葉でトラクションが十分得られないため、慎重に登った...と言うより這いずるかのような速度でしか登れなかったw
そして残り2kmの看板に大いに凹まされた。

3

でも登り上がると・・・

4

言葉を失うぐらいの素晴らしい眺望が待っていてくれた。

5

今日は120キロ弱とそれほどの距離でもなかったし高い山にも登っていないのに、帰路では最後まで強い北東の風にやられて前進を阻まれ、全身にかなりのダメージをうけてしまったようで、帰宅して、風呂からあがったてもビールをうけつけないほどに憔悴してしまいました。

でも、この日に走れたことに感謝だ!

1
頭のなかの音と楽譜が一致しないw

週末、天気さえ良ければ走りたい気持ちが何よりも勝る反面、どこに行こうか、いつ起きようか、何キロぐらいにしようか、昼食はどうしよう...などと考えだすと、それが逆に負担になっていたりもするわけだけど、いざ走りだしてしまえばそんな負担なんて嘘みたいに忘れて目的地での癒やしに期待が膨らむ。たとえ帰りにヘロヘロになって、夕食が美味しくとれなくたって、それなりの満足感と疲労感とが混ざりあって、夜はグッスリだ。

自転車で体を酷使しながら、同時に心を癒やす...

でも最近では2日連続で走ることはまず無い。
体力的にキツイし、他にやらなければいけないこと、やりたいことがあるから・・・

今朝も遅めに目覚めて濃いめの珈琲とアッサリめの朝食で覚醒し、水槽の水を替え、買い物を済まして、自転車をメンテナンスして、お客さんを迎えて、夕方はまともに鳴らない(いや、鳴らせないw)ギターを鳴らして...

そして毎週楽しみにしている唯一のTV番組を見ながら晩酌で一週間を終える

今はこのパターンが自分にとっての”バランス”なんだろうな〜〜

2
落ち葉と自転車と私・・・   (私、写ってません)

先週の朝の冷え込みに恐れをなし、朝はいつも通りの時間に起きて、ゆっくりと朝食をすませて最寄りの林道を二本走ってきた。
最寄りと言っても行って帰ってくれば100キロなんだけど。

いつもとは逆のルートで登ってみたら、これまでは気が付きもしなかった景色が何度も視界に広がってニンマリ...

標高400m以下の里では美しい黄葉が真っ盛りだった!

1
青空と自転車と私・・・    (私、写ってません)

山に入る頃には気温も上がってきたのでグローブを外してわざとヒンヤリとした空気に晒してみた。それでもポカポカとした陽気に、普段以上にノンビリと何度も自転車を止めては静かな林道を楽しんだ。気分が良かったので、あえて行き止まりの方に自転車を進めたら路面に黄色い楓の絨毯が広がっていた。

その上で暫くボーッと・・・

暖かな日差しと済んで美味しい空気でずっと続いていた妙な頭痛も少しは落ち着いてくれないかな〜