島であって、島でないような

1

ようやく涼しくなってきたというのに、荒天続きで週末どころか普段の自転車通勤もままならない。この週末、ようやく乗れるかと期待したのに、突然降って湧いたような仕事、要するにトラブルの対応で、金曜の午後に大慌てで一週間分はゆうに入る大きなスーツケースにかき集めた機材を突っ込んで、西方の島へと飛ぶことになったw

夕方、日が東シナ海に沈む頃になってようやく目的の島に到着。初めての島だったけれど思っていた以上に大きな島で、島に来るといつも感じる、のんびりと時間が流れているかのようなあの感覚は一切味わうことはできなかった。ま〜仕事だからそんなことばかりを期待しても仕方ないのだけれど...

夜遅くに仕事が終わり外で食事する気も起きなかったので、コンビニに寄ってビールと軽いつまみで一日の疲れを労った。

朝早く起きて散歩するのが小さな島での楽しみだったけれど、今回はばかりそんな気分にもなれなかった。時間の流れがゆるやかに感じられなかったから。その辺は那覇市内だって似たようなものだな。
それでも島の人は、やはり島の人だった....

それは良い意味でね!

島の人に「思ったより大きな島ですね〜」と伝えると、「皆さん必ずそう仰るんですよ...」と誰も彼もが同じ返事をしてくれるのには思わず笑ってしまった。

夜のうちに仕事を片付けで朝一番の便で帰るつもりでいたのに、結局2便送らせて、NOTAMが解除されて開放されたのが13時を過ぎてから。結局帰宅出来たのが20時と、秋晴れの休日を一瞬も味わうこともなく一日が終わってしまった。

どうせまた日曜は天気が崩れるだろうから、降り出す前に長く伸びて鬱陶しい髪を切って、壊れてしまった車の集中ドアロックでも修理して、午後は水槽の掃除でもすれば、一日があっという間に終わってしまうんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>