4月5日(土曜日)


なんのこた〜無い、たったの17グラムだよ...

いや、そういうことじゃなくって...
入院した金曜日、もともと空き部屋が無くって個室的4人部屋に入る予定だたのに
手続き途中で予定していた部屋に空きがなくなったそうで、急遽その上の完全個室になってしまった。
当然料金はそのままだからこちらとしては何の不満も無いのだが
折角の個室だったのに、その日は全く眠れなかった
翌日の手術を前にして緊張することもなかったし、それどころか手術がずっ〜と待ち遠しかった
これがワイヤーを抜いた時(一回目)(2回目)みたいに局部麻酔だったのなら話は別だけど
全身麻酔なら麻酔が身体に回り始める時の一瞬の恍惚感を最後に気が付けば全ては終わっているんだから
手術台の上で身体をガチガチにして全身に冷や汗かきながら先生達のリアルな会話を聞かずに済む訳だし
あれから1年、僕の砕けた骨を支えてくれていたチタン製の2枚のプレートと9本のネジが
この日、晴れてお役御免になったわけだ
ご苦労様でした
まだ骨には9本の穴が開いているわけで、しばらくは無理は禁物
また少しのあいだ自転車には乗れないし抜糸後はリハビリも再開しないといけないだろうけど
後は快復に向けて進むだけだから気分的にはようやくここに来てスッキリできたかな
しかし、なかなか高級感のある仕上げだな〜
ネジの頭とプレートの穴にもテーパー状のネジが切ってある特殊な構造だからプレートとネジが一体になる
また色がいい!
自転車の色物パーツに通じる物があるなw