Commencal SUPER NORMAL DISK 2006

例年のように午前中だけ走って昼は自宅で年越し蕎麦のつもりだったのに
結局出かけるのが億劫になっちゃって
やりかけのMTBのメンテナンスをして過ごすことにした


数日前
ずっと動きが渋くって片効きのままだった油圧ディスクのキャリパーを分解して
駆動系を全てフレームから外してオーバーホールし
フレームの塗装表面にこびり付いた頑固な膜をセラミック粉入りのクリーナーで入念に磨き上げたおいた
昨日届いたばかりのメンテナンス台にフレームを載せ
ブレーキレバーのリザーバータンクにオイルを注入する際
ちょっと目を放した隙に油面が下がりすぎてエアーがブレーキホース内に混入してしまったために
オイルが少し無駄になってしまったが
分解清掃したことで片効きは解消してくれた
フロント側もそのうち分解清掃してみよう


油圧ディスクのオイル注入は集中して作業しないと駄目って事で良い勉強になった(笑)

屋外保管で錆が深く浸透してしまったローターをサビ取り剤に漬け込んで放置している間に
ちょうどsudobanさんが新車のCommencalに乗って年末のご挨拶に立ち寄ってくれた


いいな〜新車のCommencal・・・


久しぶりにお会いしたsudobanさんと立ち話したり
Commencalで遊ばせてもらったりしているうちに
僕のCommencalのディスクローターもピッカピカに蘇っていた♪


結局MTBのメンテナンスで半日以上を費やし
ロードの方はおざなりなメンテナンスで済まして今年を締めくくった
昨年の暮れから今年にかけては個人的に様々な事が起きたし
同時に多くの方々にお世話になってしまった
本当にありがとうございました!
来年は是非とも体調万全で仕事でも自転車でも充実した一年にしたいものです
よいおとしを!


先週の日曜の夜
真ん中がヘタってずっと寝にくかったベッドの上下ひっくり返そうと
一人で無理やり起こしたりしたからか
翌朝腰が痛くって起き上がれなかった
週半ばには痛みも引いたが
年末の片付けやらMTBのメンテで中腰になったりで
また悪化させた感ありw
でも自転車のポジションだと比較的楽なんだよね〜
そんなわけで3週連続の三浦半島一周〜


横須賀港越しに富士山

今日は今年一年お世話になったnoriさんと二人で
この時期、これ以上ないだろう〜と思えるくらいの穏やかでキンと冷えきった空気の中を...


房総半島の先端までクッキリ!


燈明崎では水仙も咲き始めていた


いつもの野比海岸で海を眺め...


photo by noriさん

宮川からの眺めにうっとりしながら深呼吸し...


大根畑越しの富士山もなかなかだった
ただ、自宅から80キロ、無補給でここまで来たて危うく昼食難民になるところだった
ハンガーノック寸前で食堂に駆け込んで先週に続いてカツ丼だw


今年、三浦半島を回ったのはたったの5回だった
そのうち3回がこの3週間...
ようやく三浦納にふさわしい、ブルー一色の一日でした

Dist:120.5km  Ave:22.8km/h


朝、寝室の扉がゆっくりと静かに開いた
僕が布団の中で倒れたまま起きてこないんじゃないか?みたいな感じで恐る恐るこっちを伺っているw
8時半でした(笑)
先週に続いて今日も三浦をぐるっと・・・
今年最後の三浦かな〜なんて思いながら走っていたんだけど、それにしては陽射しがあまりパッとしない
僕が走っているところだけ日が陰ってるんじゃね〜の?・・・
ま〜これはこれで三浦らしい天気なんだけど


こんなバイクが今も田舎道を走ってるんだろうか...

気になっていた自転車屋の前で立ち止まってウィンドーの中に目を凝らしていたら、店主がどうぞ〜と笑顔で扉を開けてくれた
店の中には何十本もの古いフレームや完成車が壁から天井から所狭しと乱立している
ここは宝の箱かwww
見覚えのある伊太車、仏車
それと見たことも聞いたことも無いような車も
僕が興味深そうにフレームやパーツに目を向けていると、それぞれの歴史を踏まえて詳しく説明してくれる
僕なんかとあまり変わらない年齢だと思うんだけど、ま〜よく知っている!
今でこそインターネットで何でも調べられるけど、殆どの知識はイタリアやフランの本や雑誌を読みあさって身につけたらしい
「古いものが好きなんです・・・」と楽しそうに話していた


そんな話になんとなく共感できた
普遍的であり
そして不変的(?)であり
ずっと話を聞いていたかったけど、日が暮れる前に帰らないといけないしねw
店の中にいた大人しいワンコ(屋久島犬)を相手してから店を出た


日が傾きだしたらようやく陽射しを浴びながら走れた...
今日はいったい何だっただ?w

Dist:97.5km  Ave:24.1km/h

レオンのアルバムは1年間の線香の煙に燻されて表紙が黄ばんでしまっていた
書棚の奥に片付けて1年毎の節目に引っ張りだそうと思っていたんだけど
裏表紙のレオンの姿が愛らしくって
そのままずっと祭壇に立てかけたままになっていたから...

あれから今日で丁度1年

この一年は長く感じるだろうと思っていたんだけど
思いの外早く過ぎ去ってしまったように今は思える
それは僕が大きな怪我をしてしまったからかもしれない
一周忌の今日は、レオンのアルバムを眺めて昔を思い起こそうと思っていたけど
生憎と仕事が思うように進まず朝から本社へ出社

ま、思い出はいつでも記憶の中から引き出せるわけだし

今度こそ、アルバムは書棚の奥に仕舞っておこう

レオンが入院した日

最初の面会

二度目の面会

11年と2ヶ月...ありがとう

別れと旅立ち

レオンからの贈り物

レオンのエントリーはこれが最後になるのかな〜 
@お昼休みに・・・

昨夜は今年最初の忘年会だった
そして多分これが今年最後の忘年会でもあるわけだ...
毎年のことだけど、この時期は忘年会に足を運ぶよりも、その分ん少しでも仕事を進めておきたいところ
結局この日も自分の周りでは「一年間お疲れ様〜!」と言う雰囲気じゃなく、仕事の延長線の話で持ちきりだった
そんな気分のまま二次会にも参加せずに一足早く帰宅した
朝、遅めに走りだしたのだが、仕事のことが気がかりで信号待ちの度に電話やメールを打ち、繋がらない電話にイライラしながらダラダラと走っていた
向かい風の中を走っていて進まないなら仕方ないけど、仕事に追いまくられ一向に前に進めずじゃ〜ね...
自転車に乗ることが日頃のストレス解消の手段でもあるのに、仕事のことを考えながら自転車に乗っていたんじゃ危なっかしくて走った気もしやしない
折角の好天なのにこれじゃ〜全く意味が無い...
いっその事出社して仕事を進めたほうがよっぽども気が楽かもしれないね
走りだして2時間経って、ようやく仕事の段取りも終え、明日日曜日に出社することを決めたと同時に
一気に気持ちが腫れてスッキリした
強烈な向かい風も楽しく感じられるくらいにね(笑)
やっぱ仕事とオフの切替は大事だな〜

Dist:107.0km  Ave:23.4km/h

西伊豆スカイライン
僕の生まれ育った町の路
田舎で暮らしていた頃、この道は何度も車で走ったけど、それ程感動したって記憶は残っていない


これは2年前

この道は車で走るには勿体ないと思えるようになったのは自転車で初めて走った時
澄んだ空気と
冷たい風と
貴重な陽射しと
立ち止まっては後ろを振り向き、肉眼で拾える広い景色
これを全て感じられるのは自転車しかあるまい!(他に知らないだけか)
一昨年のこの道は最高でした!・・・・
今年もこの絶景を求めて主催者のyu-jinさんとは何ヶ月も前から12月頭に西伊豆SLを走りましょう!
と、約束していてこの日の好天を待ち望んでいた
折角西伊豆SLを走ろうってのに曇っていたら全く意味がないし(いや全くってことは無いけど)
それに特に真冬は風早峠から持越への日陰の下り斜面はかなり辛い
以前ならまだしも、今の僕にはキツ過ぎる
なので前々日の予報によっては断念するつもりでいた
でも予報は好転して晴れ予報!
ところが朝起きて駅のホームから空を見上げると微妙な空模様...
ま〜そのうち晴れ間がのぞくだろうと比較的楽観視していたんだけど・・・
陽射し全く無し!
見るからに寒々しい!


この日初めて西伊豆スカイラインを走った方もいたわけだし
青空をバックに絶景の道を満喫して欲しかったのに...
残念でなりませんw
仁科峠のあの岩の上から、あの日のような絶景を!のつもりが…
結局寒さと景色が期待できないことから仁科峠はパスして
風早峠から持越へと下りました...


中伊豆の紅葉はまだ見頃でした(^^;
それだけ暖かいってことなのでしょう
しかし、この下りはキツイ
痛めている首がガチガチに固まって、下り終える頃には寒さで頭がクラクラしていました
全員お腹も空いていたので最初に現れた食事何処に飛び込んで
熱々の猪肉や雉肉の鍋焼きうどんを注文ました


雉鍋焼きうどん

雉の肉は始めて食べたけど、身が引き締まっていて噛みきるのに難儀するぐらいだった
味付けも少々変わっていたけど、身体の芯から温める為にスープも飲み干してようやく人心地つけた・・・
次回こそはあの絶景の道でみなと叫びたい!

Dist:94.3km  Ave:20.5km/h  Ascent:1551m

ノンビリ三浦でも回るつもりで寝たつもりなのに
深酒が過ぎたってわけでもないはずなのに
夜が明ける遙か前から中途半端な浅い眠り...
空が白んでくる頃にはこの日の負けを早々に認めたwww
陽もほど高く上がった時間なのにジャケットなんぞを着込んで走りだしたばっかりに
10分で汗だくになる始末
今日二度目の負けだ
大した用事があるわけじゃなかったけど
急遽目的地を変更して茅ヶ崎のOPTICIAN YAJIMAへ年末の挨拶に
途中で珈琲でも買っていこうかと思ったけど、流石に自転車じゃそうもいかず...


手ぶらでお邪魔したのが幸いなのか
お客でもないのに本牧珈琲の豆で入れた珈琲をご馳走になったり
年越しもしていないのにお年賀まで頂いて
二時間以上も仕事の邪魔をして暇つぶしをさせていただいた(^^;
帰りはショップへ寄って注文した品の催促に・・・
なんとか正月は美味しい酒が呑めそうだw


う・つ・く・し・い!

ま〜ほんと、どうでもいいことなんだけど・・・
思い出す必用など全く無い!
そんなどうでも良いことを今ふと思い出してしまったw

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜 昨日の仕事中の出来事でした 〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
デスクの中で携帯が振動する音にドッキw
ショップからの電話でした。
「モリさんですか? お待たせしました。ご注文の品、届きましたよ」
あれかから5ヶ月の月日が経って、ついにこの日がやって来たわけです!
年末にむけて追い込みの真っ最中なのに
僕は大事な仕事を放り投げ
乗ってきた自転車に跨って息を切らせて自宅まで戻り
バッテリーのあがりかけた車のエンジンを騙しながら何とか始動させ
はやる気持ちを抑えながらショップの階段を駆け上がりました!
(前置きが長いけど事実なのだからしかたないw)
すると店長がグリスまみれになった手でヘッドを組み付け終えたところでした
で、何故かそのフレームは妙な格好をしていました
注文したのは細身のホリゾンタル
それと持込のヘッドとBBの組み付けだけなのに...
・何故か妙にスローピング
・前三角はグラマラスな一体構造でスケルトンでもなんでもない
・とてもじゃないけど重くて持ち上がりそうにない重厚な姿
・ペダリングなんて出来そうもない、幅の広いサドル・・・と言うよりむしろ椅子
・頼んでもいない極太のタイヤ
・ペダルは溶接されていて回らない
・右側面に変な棒(多分キックスターター)
・エンジンらしき金属の塊w
どう見ても自転車には見えない。
注文した物と違うと狼狽えながらも
僕は何故かグラマラスな前三角の中に縦に収まっていた鉄板を取り出して
こびり付いた汚れをゴシゴシ落としている
どうも、エンジンの熱で肉や野菜を焼く為の鉄板らしいw
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と、ここで夢から目覚める
最近(いや毎日か)よく寝る前に未だ届かぬフレームの事をあれこれ考えるんだけど...
昨日は何故だか「18才の頃に福引きで当てたヤマハの原付バイク」を思い出したから
多分これが重なったのでしょう...
さ、頑張ってリハビリリハビリ


自転車のメンテナンスは嫌いじゃない...と言うより、好きな方です。
パーツ一つ一つを可能な限り分解して、指先を真っ黒にしながら磨けあげる事に快感すら覚えることもある。
しかし、油と埃が積もった駆動系の清掃は決して楽しいとは言いがたいね〜
これまでワックス系の潤滑剤を何度か使ってきたけど、確かに真っ黒にはならないまでも潤滑性には心もとないし、そもそもこの手の潤滑剤への信頼度って能書きほどの事は無いと思っていたから、最近はウェット系の潤滑剤ばかりを使っていた。
そんな折、これまでとは少し違う、汚れがつきにくい潤滑剤があることを自転車仲間のつぶやきから知ったので、これは一つ試してみなければ!...と
innotech SIL105
コティングするためにはチェーンを完全脱脂しないといけないらしく、今回は灯油とディグリーザーで入念に洗浄したんだけど、潤滑剤を塗布する前に洗剤で洗浄する行程を飛ばしてしまったので不完全なコーティングになってしまったかもしれない。
さて結果やいかに...