Garminの温度計では0.2℃を表示していた
多分、今朝は今シーズンの最低気温を更新したんじゃないかな〜
今日は久しぶりに大山方面にnoriさんと一緒に紅葉狩り...
早朝の日陰斜面は肌寒けど、林の向こうから差し込む陽射しに暖かさが感じられる


そして先週に続いて雲ひとつない好天なだけに、朝の陽射しを受けている斜面では、暖色系のトンネルが出来上がる
空気は冷たいけどポカポカ陽気...どっちなんだ(笑)
月曜の嵐の影響か、生憎と大山の紅葉の見頃は終わってしまっていたけど、それでも大山はハイカーで賑わていた


大山からは鳥のさえずりしか聞こえない静かな道を、落ち葉を踏みながらゆっくり楽しんだ
落ち葉の上では無理にトラクションをかけないように慎重にペダルを踏み...ブレーキを握った


時々バイクを止めては枝の上の小鳥を探す...
僕には何故か鳥の姿を見つけることが出来ないwww


photo by noriさん

ゆっくりだったけど、長々と山の中をウロウロしていたのでお腹もかなり空いたんだけど
わざわざ高台まで自転車で駆け上がり
長閑な山里を眺めながら暫しボーっと息を抜く
澄んだ空気の先の先まで目を凝らす
最近視力も落ちて日常生活の中では遠くが霞んでしまうけど、こんな時は遠くまでクッキリと見渡せる


程よい負荷で走っていれば、身体にも気持ちにも、この上ないほどの癒やしを与えてくれる...
自転車ならではだ!


なんか季節感が無いよねw

事故後、初めて月間500kmを超えることが出来た
最近はほとんど週一しか走れないからこれくらいが僕には丁度いいのかもね・・・

Dist:123.4km  Ave:19.9km/h  Ascent:1896m


昨夜、両方の腕を目一杯上に上げて背伸びしている夢をみました
これまでに何度となくそんな夢を見ているかもしれない
朝、試しに思いっきり手を伸ばして背伸び...
一晩でそんな劇的な改善など僕の場合はあるはずなど無いことはわかっているのですが〜
なんとなく試したくなる訳です
でもま〜自転車にも乗れるようになった訳だし・・・・いいか〜
定期診察を受けるために車で往復4時間かけてのドライブ...
冷たい風が気持ちいい朝でした


今年は昨年のような紅葉の中を走ることは出来ないだろうな〜....
と、半ば諦めかけていたんだけど、その機会は突然やってきた!
近場だけどね〜
気温も下がってきて、一人だとなかなか山方面には漕ぎだす勇気がなくなりかけてる今日このごろ...
仲間5人と晩秋の箱根へ


上を見上げると吸い込まれそうな、雲ひとつ無い鮮やかな青空!
脇に目を向ければ色とりどりの山肌!
箱根で一番好きな道を普段以上にゆっくりと、光と風と冷たい空気を身体全体で感じながら...
気のおけない仲間と談笑しながら登った


最高に気持ちよかった〜
走りながら思わず奇声を発してしまうことが年に何度かあるけど、今日もそんな最高のライドでした
でもね、僕はずっと後方でおとなしく走っていたから、あまり大きな声で奇声を発してしまうと、前を走っている仲間の心臓に良くないw
だから控えめに...
「あぁぁぁぁ〜〜〜気持ちえぇぇぇぇぇ〜!!!!!!!!」って(笑)


長尾峠

なだらかな登りをノンビリ走りながら、「やっぱ僕は自転車が大好きなんだ〜」って、何度も再確認できた
あんな事故を経験してもねw


仙石原のススキは既に見頃は終わっていたけど、それでも晩秋の陽射しに枯れかけたススキが眩しく輝いていました


仙石原から渋滞の箱根裏街道を下り、標高500m付近をアップダウンする久野林道へ


黄色、オレンジ、赤...落葉寸前の葉っぱ越しにお日様に目を向けると...
ほんわかと暖かくなってくる...


春、夏、秋と、いつ来てもこのコースは日頃の疲れを癒してくれる...
次にここを走るのは来年の春、新緑の頃かな〜

Dist:161.5km  Ave:21.7m/h  Ascent:1850m


ここ最近、どうも鉄分が不足しているようだ。
このままだとその辺の土を口にしてしまいそうだw
という訳で、今日は鉄分を摂取するために海方面へ...
ところがだ!
最初の鉄分ポイント、僕の癒やしのPowerspotは、消滅していたw
黒茶色に錆びて朽ちかけた古い鉄の櫓は、根本から切られ、跡形もなくなっていた。
残っているのは海中から突き出す錆が染み込んだコンクリートの柱だけだった。
もうこの場所へ赴く理由は無くなってしまった...
形あるのもはイツカは朽ちて姿を消す...
鉄も人も一緒だ


この鉄さびの色に暖かみを感じるのは僕だけだろうかw

今日は陽射しも強く暖かくって、それに風もそれ程強くなくって、ここ数日の寒さを思えば嘘のような、自転車で走るには最高のコンディションだった。
こんな好天の日に三浦を一周するのは何ヶ月ぶりだろう...


穏やかなり〜

鉄分を摂取したら行きつけの食堂で中華丼を食べようと、途中の補給も控えて走ってきたのに、生憎お店は休みだったので仕方なく、その先のお店に寄ればそこもお休み...
結局80キロ何も口にしないで走ったおかげで途中で足が全く回らなくなってしまった。
どこでもいから手近な店に飛び込んだはいいが、ボリュウームあり過ぎてこんどは炭水化物を摂り過ぎてしまったので再び鉄分を補給w


油が染み込んだ定盤の上に無造作に転がる、磨き上げられた鉄の輝きが目に突き刺さりそうだw


この柔らかな曲線美...
それに赤茶色に薄っすらと錆を纏ったパイプ...


ろう付けの熱で玉虫色に輝く酸化膜...
どれもこれも鉄の温もりが感じられるw
もはやこれは病気かw

Dist:112.1km  Ave:23.8m/h  Ascent:955m


秋を、紅葉を楽しむ間もなく冬がやって来てしまった!
と思えるようなここ数日の冷え込み...
完全冬装備とは行かないまでも、冬用グローブとネックウォーマーやニットスカルまで引っ張り出したくらいだ。
いくら朝の空気が冷たくても陽射しさえあれば気分は高揚して自転車で漕ぎだしたくなるから不思議だ。
職場へ向かうなら厚着しても丁度良いけど、毎年悩むのは季節がわりの休日ライド...
昨年の今頃はどんな装備で走り出したっけ...
シーズン初めは気温と装備の記録を残しておこうといつも思うのだけど、ついつい...
さて、今週末は何処へ行こうかな


羽田から西へ向かう飛行機の窓から地上を見ると、自宅や休みの日によく走っている道や目的地が見渡せる
その度にいつも思う
自分の力だけであんなに遠くまで走っていけるんだ〜って...
走っているとわからないけど、上空から見渡すと気が遠くなるんだよね(笑)
自転車って凄いな〜


ここ来るとワインを飲みたくなる...と何度思ったことかw

三連休は何とか休むことが出来たけど、土曜日の天気が期待はずれだったので全ての予定が狂ってしまった。
ま〜別に大した予定があったわけじゃないけど...
結局この土曜日も丸一日部屋でゴロゴロして一日を過ごしてしまった。
これが走りに大きく関わってくるんだよな〜


13%の坂を僕の遙か前方で軽快に駆け上がっている方は僕が部屋でゴロゴロしている間に山中湖を往復してるし...
その頃の僕はといえば...「どっか出かけてきたら〜!」と嫁さんに邪魔者扱いされてるしw


お待たせしてしてしまって申し訳ない

ほらね、この醜態だw
復帰してからの4ヶ月で900キロと走ってないしねw
太ももに溜まった乳酸の痛みにベソかきながら、ペダルから足を外したくなるような速度で登っていた。
体が重いというか、足が回らないというか、これまでで一番きつい大野山だった。


今日の大野山は風もなく、時より薄日がさすのみ。
箱根の外輪山には霞がかかって、まるで墨で描いたような穏やかそうな景色でした。


そして富士山も...


お気に入りのお店で遅めのランチでのんびり...


明日は天気よくても自転車には乗らない・・・いや乗れないw
多分また部屋でゴロゴロかな(笑)

Dist:151.1km Ascent:2005m