久しぶりに長い距離(自分比w)を走ったからか、昨夜から今朝にかけて死んだかのように眠った
多分イビキが凄かっただろう...
朝も8時前に怠さと一緒に目覚め、と同時にお腹が鳴った
夕飯もまともに取れなかったから当たり前だ。
いつものように体重計に乗ってみると2キロも落ちているし...
普段より多めの朝食を食べ
具合の悪そうなメダカの世話をして
昼もそれなりに食べて
珈琲飲みながらボーっとTVを見て
ようやく身体を動かしたくなったのが14時過ぎ
MTBでいつもの丘の上の原っぱで読みかけの本と坂の途中の販売機で買った缶コーヒーを持って...
陽射しは思ったよりもまだ暑くって胸元にじんわりと汗がしみるほどだったけど、
日が傾くに連れ爽やかな風がすーっと流れてきて心地よかった...


現実から少し離れたい時は本を読むのがいいのかもしれない...

蚊の襲来に何度も現実に引き戻されたのは想定外だったがw


何かを落とたまま拾いにも行かずに、ずっと放置しているような嫌な気分のまま、季節は巡り早いものであれから164日が過ぎてしまった
何時かはあの場所へ行ってあの時の記憶を辿るつもりでいたんだけど、何故か足が向かなかった
別に行きたくなかったわけじゃない
本当はもっと早く行きたかったんだけど...

穏やかな秋晴れの今日、箱根旧道を経由して大観山へと登った
あの日仲間と一緒に走ったルートをトレースするだけの体力的な自信がなかったから...

あの日と同じ、TeamS.S.Rのジャージを着て!


おろしたての新品だ!(笑)

春は思う存分走ることは出来なかったけど、今はこうして秋を満喫できていることに感謝しながら快晴無風の中をゆっくりと景色を楽しみながら走った
箱根旧道だけは楽しんだとは言えないがw
芦ノ湖から大観山までの比較的ゆるやかな登りは最高に気持よかった!
あちこち景色を眺めようと回らない首を無理やり回しながら...


標高1000mの大観山から椿ラインを300mほど下った辺りにあの場所がある
その場所までゆっくりと、慎重に下った
250mほど標高を下げたあたりからは10km/hほどの速度で同じ所を行ったり来たりしながらあの場所を探した
なかなか見つからなかったけど、多分この辺りだと思ったその場所は、つい最近全面舗装したばかりの、滑らかで綺麗な路面と化していた...

結局、僕が吸い込まれたギャップをこの目で確認することは出来なかった

あの時の記憶の一部が真っ黒な真新しいアスファルトで埋められて、その場で途絶えてしまったかのような妙な気分だった


諦めて、その後も速度も控えめに湯河原まで下った


真鶴の旧道を走り、根府川駅のホームと青空を長いこと眺めて過ごした...

これでようやく一区切りついたかな〜

Dist:159.9km  Ave:21.5m/h  Ascent:2010m


今年は9人の仲間と!

ようやく秋らしくなってきた!
自転車のベストシーズンだ!
昨年もこの時期に仲間たちと最高のツーリングを満喫したっけ
そして今年も昨年と全く同じ日に、同じ場所へ...
走りだしてから35km、標高差2000mをずっと登りっぱなしだ!


でも登るためにここまでやってきたんだから、ひたすら登るよ!


キツイけど、皆で談笑しながら、登るよ!


時々バラけてはまた違う仲間と一緒になって、登るよ!


みんな思い思いの場所で脚を止めて、それぞれの思いをこの日の記憶に焼き付ける


ほら笑顔!

重たい荷物も苦にならない...キツイけどね


水場の主

今年も水場で上を見上げて、”何かをお願い”している人がいた
あの大きな栃の木に...


ここまで約30キロ、比較的ノンビリ登ってきたとはいえ、みんなキツそうな息遣いで高度を上げていく


でもみんなの笑顔は絶えない
最高に気持ちいいから!
最高に楽しいから!


なんか、キツくね?w @sudobanさん

頂上の500m手前で後方の人を待ち、みんなで一緒に標高2365mの大弛峠へ...


夢の庭園

今年は青空は望めなかったけど、昨年より多いい9つの笑顔がそこにはありました。


We will eat lunch at over 2000m

そして、Lunchジャージのコンセプト通りに...
標高2365mの峠の山小屋でLunchだ!


温かな野菜カレーと美味しい峠の水でいれた珈琲が疲れて冷えきった身体に染み渡ったよ
食事を終えたら後はひたすら同じ道を慎重に下るだけ...


標高2100mの湧き水

明日の朝はゆっくり目覚め、この湧き水で美味しい珈琲をいれよう!
怪我をしてから5ヶ月、またこの日を迎えられたことは感無量だった。
そして何よりも待ってくれていた仲間に感謝したい。
ありがとう!

Dist:70.7km  Ave:16.0m/h  Ascent:2146m


一日中雨予報だったし、身体もだるくて目覚めも悪かったので部屋でだらだらしてれば、中途半端に晴れ間も見えるし...
自転車に乗ろうと思えば乗れたけど、そこまでする気にもなれず、夕方になってから久しぶりに近場をランニング。
5キロも走れなかったよw
ペースだって6分を超えているってのに...
これも課題だなw


県央の田圃からも秋の香りが漂うよう季節になったようだ...
都会で暮らしていると感じることもなく過ぎ去ってしまう秋の香りだ。
子供の頃は稲穂の匂いで季節なんて意識することもなかったけど何故か最近は
数珠玉を思い出す妙な条件反射が身についてしまっているようだ(笑)
陽射しはないけど湿気の多かった昨日、久しぶりにTeam S.S.Rの走行会に参加した。
沢山のメンバーが集ったけど以前とはだいぶ様変わりしてしまった。
久しぶりに会う仲間もいて懐かしかったり、また寂しくもあったり...
昼食はTeam S.S.Rの走行会ではお決まりの双龍へ
大将、女将、若女将、キムさんと話するのも久しぶりだった。


双龍からの帰り、49日ぶりの100キロ超だからか、ヘロヘロで脚が全く回らなかった。
課題はまだまだ山積みだな...

Dist:110.0km  Ave:22.3m/h  Ascent:1081m


自転車は身体にやさくない、とこれまで何度身に沁みたことか。
昨夜、風呂に浸かるのに難儀した。
トイレに行くのも難儀した。
ソファーに横になったら立ち上がるのに難儀した。
朝起きたら身体が固まっていたw
1mも走っていないのにだw
休み休みとはいえ、立ったり座ったり中腰になったりと、一日中腰をかがめていたことで腰と肩はガチガチ。
自転車が綺麗になって調子がよくなるほどに、僕の身体はボロボロになっていく...
今日はバーテープを巻いて、チェーンにオイルを注して、昼寝して終わってしまった。
明日のリハビリで肩を入念にほぐしもらおう〜


フロントフォーク&コラム

自転車で一番重要な部位かもしれない...
もし走行中に折れでもしたら...死んじゃうから(>_<) 今日は気合を入れて走ろうと、前夜寝る前にジャージをソファーの上に置いてバイクは玄関で準備万端! 5時半のアラームで目覚めたけど....走るのは止めてリビングでボ〜と過ごした。 昨日のちょっとした転倒で右足首を痛めてしまったようだし、先週の走りではアウターにチェーンが乗ってくれなくて、走りながら何度も調整していたのを思い出したから... それと一番の言い訳は、フロントフォークをもっと念入りにチェックしておきたかったから。 あの事故の後のチェックでは中途半端にフォークを抜いただけの目視チェックだけだったので走っていてもちっとも安心できなくって、常に頭のなかがモヤモヤしていた。
自分で自信が持てない機材に身を預けていてはストレスが溜まるだけだ!
と、走らない理由としては十分すぎると自分を納得させた。
だから今日はじっくり時間を掛け、問題のフロントフォークは目視検査と打音検査をして、ついでにBBとスピードセンサー以外の全てのパーツを取り外して洗浄して入念にメンテナンスをして過ごすことにした。
本来ならレントゲン検査したいところだけど...それは無理w
せめて自分で出来る最大限のチェックさえしておけば、少しは安心して気持よく乗れるだろう!


どうせ明日は天気悪いからもっとノンビリ進めればよかったんだけど、明日の作業はバーテープを巻くのみw
ずっと中腰だったから腰が痛いいっす(>_<) ・・・メンテナンス台が欲しいところだ...