4日前の4月13日(土曜日)の出来事...


どういう訳だか....
小田原集合なのに輪行で...
と言うのも、「世界でいちばん過酷な自転車レース」と称されるオートルート・アルプスに日本から始めて参加するために結成された「Team TAUGE Japan」の4人のメンバーの内の一人である八戸学院大学の学長であられる大谷さんから「土曜日の練習に参加するように!」と言ったかどうはは知らないが(笑)、そんなような内容(?)のメッセージが、同じく「Team TAUGE Japan」のYamashoマネージャー経由で僕の元に届いたからだ。
しかし、なんで僕に声が掛かるんだろう...
想像するに...
8月のレースにのために年明けからダイエットとトレーニングに励み、その進化し続けている姿を僕に見せつけ、苦しむ僕を尻目に「あれ〜どうしたの〜?、モリちゃん(笑)」と笑みを浮かべる魂胆に違いないwww
最近右肩下がりの僕にとっては目に見えた結果とも思えるが、ま〜でも、「Team TAUGE Japan」の練習にちょこっとでも参加出来るなんて光栄ってもんです。
それに、途中で付いていけなくなったらサポートカーに回収して貰うって保険付だし(^^;
その練習コースは、同じく「Team TAUGE Japan」のメンバーである、元オリンピック日本代表選手でもあった田代さんが引いたコースで、
小田原→宇佐見→亀山峠→大仁→三島→箱根峠
→大観山→湯河原→大観山(登り返しw)→湯河原→小田原
距離:160km超
獲得標高:3000m超
オートレースのステージを意識したコース設定なんだろう...
しかし、こんなのを7日間連続で走るなんて、どれだけ過酷なのか想像が付かないw
因みに、「Team TAUGE Japan」はこのお二人の他に、俳優の筒井道隆さんと元プロロードレーサーのティム・スミスさんと錚々たるメンバーで構成されている。
この日の練習に参加する「Team TAUGE Japan」のメンバーは大谷さんと田代さんの二人だけだった。
と言うわけで...
田代さんを先頭に、大谷さん、メロディー・パンチの緑川さんと4人で小田原をスタートした。
サポートカーのハンドルを握るのはマネージャーのyamashoさんだ。
このサポートカーが、時々道に迷って行方不明になることがあるらしいが...
田代さんとご一緒できる脚なんて当然僕にあるわけもないし、このお誘いにはお断りしようと思ったが、
平地のペースは遅いですよ〜
今回の練習では70%の強度ですよ〜
などの甘い言葉にまんまと乗ってしまった。
確かに出だしは抑え目のペースだったが、真鶴旧道ではその気持ちよさからか、ペースはどんどん上がって行く。


ほらね〜
序盤からこれだ〜w
大谷さんなんか熱海からの急な上りをアウターでガシガシ立ちこぎで登ってるし...
数年前、走り倒していた頃のあのパワーと持久力は何度も見せつけられたが、
登りでそんな姿を見せる大谷さんなんて今まで一度もお目にかかった記憶が無い(^^;
やはりここ数ヶ月のトレーニングの成果がハッキリと現れている。
それを一番実感ているのは大谷さん本人であるのはその表情からもよく分かる。
ニコニコ笑顔で登っている姿には正直凹まされた...
と言うより、自らの行動で示すその姿は周りを引き込みその気にさえさせてくれるに違いない。
さすが教育者だ。


田代さんの軽やかな走り...

宇佐美の最初のコンビニには先行していたサポートカーを駆るYamasyoマネージャーが驚く程の時間に到着。
ここまで、サポートカーはまだ道に迷うことは無かったようだ...当たり前だw
そっか、70%って田代さんを基準にした負荷か!
な〜んだ〜
つ〜ことは、それに付いて行くには僕らは....何を今頃w
用意されていた補給食を軽く口に入れて、休む間も惜しむかのように田代さんはヘルメットをつける...
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ ? / ?/ ?はははは
ここから亀石峠への気持ちい登りは田代さんも控えめな速度で僕らと一緒に走ってくれた。
国際カテゴリーで優勝するような方とこうして一緒に走ることなんかそう有るわけじゃない。
この機会に田代さんの少し後ろについてじっくりと拝見させてもらった。
亀石峠から下り始めてまもなく、緑川さんのクリートが破損。
サポートカーに連絡を入れて、先のコンビニで待ち合わせをお願いするも、どのコンビニにもサポートがいなかった。
結局、三島まで走ったところで諦めて再度連絡...
サポートカーの遭難...orz
まさかとは思ったけど...本当に起きてしまったw
やるな〜
出来る女なのに、こんな一面も持っていたとは、なんだかほっとする(笑)


三島のコンビニで無事合流を果たすYamashoマネージャー

ここまで約70キロを走って獲得標高は1000m弱
残り約100キロで2000m強だ
コンビニ飯で昼食を済ませ、R1を箱根峠へ向けて各自フリーで登る。
先頭を走る田代さんを遠目に見ながら、前を走る大谷さんを追う。
正直、今の僕には大谷さんをマークするのが精一杯だった。
箱根峠から一旦芦ノ湖に下って大観山への登りでも、最後はちぎれる始末w
それでも大谷さんは湯河原から大観山への登り返しの脚を残しての走りのように伺えた。
身体が冷えないうちに湯河原へ向けて下ったが、登り返しは時間の都合で止めにして、この日の練習は終りました。


さんかされた皆様、一日ありがとうございました


Dist:100.0km  Ave:24.4m/h  Ascent:2051m


ペダルの調子が良くないな〜とずっと思いながらも、帰宅するとそんな事もすっかり忘れてしまう。
接着材で貼り付けただけのステンレスプレートが剥がれてしまってからのことだから、大分長いこと放置していたことになるw
先日、ずっとサボっていたローラーに乗ったと同時にその違和感がハッキリと判った。
ペダルの上で足が飛び跳ねているような妙な感触...
下死点を過ぎるとペダル面からクリートが浮き上がってしまうw
カッチャンカッチャンカッチャンカッチャン.....
ローラーに乗るまで判らないなんてどんだけ鈍感なんだか...
このペダルは結局2年と保たなかった。
シマノから始まって、LOOK、そしてTIME...
次はまたシマノに戻るんだろうな〜
SPEEDPLAYって選択肢もあったんだけど...
で、ほんの少しのお金をけちって、懲りもせずにまたTIME。
不具合も多少は改良されてるだろう....と自分を無理矢理納得させて。
明日は久しぶりにハードな走りになりそうな予感...
今から緊張気味w


これは細い方の蕗

昨年豊作だった夏みかんは、今年はまったく期待できないし、
忙しさですっかり忘れていた蕗の薹は収穫し損なってしまったw
(※農園を営んでるわけではない...)
でも、蕗はこの通り...
太い方はスーパーから買ってきた新物の筍と一緒に炊いて2日間で完食。


翌々日収穫した細い方は伽羅蕗に。
この共の頃は近所で茹でている蕗の匂いで食欲までなくしたものだけど、
お酒を覚えてからだろうか、いつの間にか蕗の苦味と香りが好きになった。


晩酌をいただきながら、コトコト...w


熱々のご飯にのせてよし...
もちろん焼酎の肴にもね。
初夏を思わせる今日、あいにくと風が強かったので自転車は自重して(全身筋肉痛だしw)、
車で出かけたついでに某商店街に寄って魚を物色...
僕の大好物のコハダが売っていたので晩酌の肴用に買って帰った。
出来ればおろしていない、まるのコハダが欲しかったけどあいにくおろしたコハダしか置いていなかった。
鯵や鰯はまるのまま売られているのに、コハダは自分でおろすのは一般的ではないのかな...


もう少し綺麗におろして欲しいとろこだが、ま〜仕方ない。



年度末の忙しさも一段落して、ようやくローラーに乗れそうな時間に帰宅できるようになった。
昨夜は久しぶりにローラーをセットしてグルグル回してみたが、セットしたメニューに集中するどころか、相変わらず、おとなしく言うことを聞いてくれない心拍計と格闘して余計な汗を流したw
今朝、窓の外を見ると路面が濡れていたので、ノンビリと朝食を食べてからゆっくりと支度して外へ出た。
爆弾低気圧の影響で午後からは雨の予報だったので、遠出するのはやめて自宅前の周回コースを...
自宅から5キロ圏内で1周約9.5kmの適度なアップダウンの...
いや、ほとんどアップダウンしかないコースを11周回れば距離は100キロになるし、
獲得標高だって1400mを超える。
今日はこれしか思い浮かばない。
途中で雨が降りだしたら自宅に逃げ帰られるしね。
たとえ降らなくても途中で嫌になって辞めたくなるんですけどね〜(笑)
だって死ぬほどにつまらないから...


真上からだとアップダウンが伺えないね〜w

とりあえず11周回を目標に、最後はヘロヘロになって終われる程度のペースで淡々と周回をこなす。
絶景があるわけじゃないだけにホントつまらないけど、仮に絶景があったとしても同じ景色を11回も見たくないしw
6周回目の途中で大粒の雨が降ってきた。
このまま降り止まなければこれでお終いだな〜〜〜
予定通り6周回したところでコースから外れてとりあえずコンビニで補給しながら雨が止むのを待つ...
休憩するまもなく雨はすぐに止んでしまったw
仕方ない、あと5周走るか〜
で、最後の残り2周は...orz
ジャムパン1個の補給では足りなかったのか、ハンガーノックで危険な程にふらつきながら帰宅した。全身が痺れてまともに歩けないほどに...


役立たずな心拍計めw

バナナ2本を胃に詰め込んで一息...
明日は、強風で危険だろうから、ローラーかな...
えぇ〜い!
くそぉ〜!
忌々しい心拍計め!

Dist:103.8km  Ave:25.5m/h  Ascent:1454m