十勝帯広の豚丼「アンジェ」@相模線の倉見駅前

22日間、自転車に触れることは無かった....
走り初めでペダルが遠いこと遠いこと。
まるで自分の自転車じゃないかのようにポジションに違和感を感じてしまった。
今日は今年初めてのヤビツなのに平地でも全く足が回りませんでした。
こんな調子じゃまともには登れっこないので、平地で出来るだけ足を使って、
登りは時間を掛けてポジションや筋肉を意識して登ることに専念しようと早々と決めた。
で、待ち合わせ場所へ向かう途中で突然変な匂いが鼻を突いた。
そしてその匂いが口の中いっぱいに広がる嫌な感覚www
歯を磨きたくなるような衝動を抑えながらしばらく走るも、匂いが自分の身体に纏わり付いているかのようにいつまでたっても消える気配がない。
何か変な物でも踏んで背中にでも飛び散っているのか?wと信号待ちで止まる度に周囲をキョロキョロとチェックw
何も付いてやしない....
遥か前方に目をやると、トラックの荷台から白やらピンクやらの尖ったものがひょこひょこと見え隠れしている...
目を細めて荷台を見ると....
ん?


↑これはイメージですw

豚ちゃん達でしたw
荷台に載せられて彼らはどこに連れて行かれるんだろう...
なんて思った瞬間にハッと!気づいた。
そうだ!、今日は急遽決定した今年第一弾の○○練だったんだ。
豚丼練(><) ヤビツに登った後に「豚丼」を食べる!www まったく余計な事を考えてしまったものだw これから豚丼を食べようってのに豚の行く先なんか心配しちゃって... つ〜かなんで今日このタイミングで豚ちゃんと対面するかな〜... そんな話を豚丼を注文して待っている最中に口にでも出したら...収拾付かなくなっちゃうw ここは心の奥底に押し込んで、帰るまでは封印だ。 途中でアップ中のsudobanさんとバッタリ。
Fさんから借り受けたパワータップを装備して今日もモチベーションは高そうです。
既に待ち合わせ場所にはatsuさんとkeiさんが到着していたので補給を済ませて一緒にヤビツへ向けて走り出した。
スタートと同時にsudobanさんがスーッと、それをkeiさんがダンシングで追う。
僕は少し離れて後を追うが2つの信号双方で引っかかってしまった。
ま〜最初からTTするつもりは無かったから構わなかったけど、前に目標が見えると見えないとでは追い込み方まるで違う。
それにしても登れなかった。
蓑毛の直登りでは心拍は90%(189bpm)に張り付いてそれ以上上がる気配は全く感じられず、胸に痛みを覚える始末だった。
3週間もの間、ローラーにすら乗っていないので相当弱っているだろうとは想像していたが、予想以上の弱りっぷりに愕然w
蓑毛のバス停まで登ってくると霧雨で路面が濡れてきた。
ここでkeiさんと相談して登るのは止めにした。
先に登っているsudobanさんを放置して(^^;
インフルエンザ明けの身体でチーム練に参加しているyoneさんと合流して、最近仲間内で評判になっている十勝帯広の豚丼「アンジェ」でランチ。
はい、心して頂きます!
最初にこのお店を見つけたのは確かヲレさんだったかな〜
写真で何度かみてるけど、実物のボリュームはそれ以上だ。
そして味は想像以上に旨かった!
厚く切った肉は見た目と違って軟らかくジューシーで、
鰻のタレに似た濃い目のタレに漬けて炭火で焼かれた肉は食欲をそそるほどに香ばしい!
そして見た目ほど脂っこくもなくってお代わりしたくなるくらいでしたw


atsu監督が持っていた割引券のお陰で通常価格が780円のところ、600円!

食事中、来る途中での出来事がすぐそこまで出かかったが、何とか堪えて店を出た(笑)
僕も大人になったものだとつくづく関心w
長々と喋ったわりにはまだ時間が早かったので、用田の和菓子屋さん「四季菓庵 いわかめ」で和菓子ならぬ洋菓子でカロリー摂取www


ブルーベリーフロマージュ@新鮮で大粒のブルーベリーが絶品でした

天気もあまり良くなく気持も沈みがちでしが、みんなの笑顔で救われた一日だったかな〜
走りは別として...
自宅に帰ってシャワーを浴びようとビブタイツの下に重ね履きしたレッグウォーマーを脱ごうとしたその時、脹ら脛が攣った...orz
ここらでスイッチを切り替えないと...

Dist:91.0km

最近、突然やってくる○○欲...
自分でもどうにも制御不能に陥ってしまうことが度々ある。
今朝も職場に着いて一息ついたところで突然やってきたw
口に入れるときのあの堅い感触〜
そして香ばしあの香!
流石に職場では無理なので今夜のお楽しみにしようと仕事しながら悶々と...
昼休みに食事をしながら手はキーボードの上を行ったり来たり。
近くで評判のいいお店はないかと検索するとそれらしいお店がありました。
職場からだと往復30分もあれば帰ってこれる。
我慢できずに大慌てで昼飯頬張って車を飛ばしましたよ。
小春日和でしたね〜
運転席側の窓を全開すると吹き込む風が気持ちよかった〜
自転車ならウォーマー無しでも走れるくらいだったかもね〜
お店に入ると時間帯が悪かったのかお目当ての物は売り切れていたけど、
最近お気に入りのハード系は幸いにも少しだけ残っていたのでそのなかから三種を持ち帰って職場のデスクの中に....


時々デスクの中からほんのりといい香りが(笑)
2種類のイチジクが入ったカンパーニュ
クルミとチョコが入ったライ麦パン
イチジクのライ麦パン
最近、ライ麦パンが美味しくて美味しくて....あぁ〜炭水化物www
今宵のワインのお供です(^^;
そして明日の朝は濃いめに入れたコーヒーと....


どうしてしまったんだ?
いったい僕は何がしたいんだ?


窓の外は良い天気...

日がな一日、パソコンの前に座って、耳にイヤフォンを突っ込んで、
先月ダウンロードレンタルして見たばかりの映画2本を飽きもせずにまた見返す...


先週に続き、今週も自転車はなしw
来週は暖かくなるかな...


時間はたっぷりあるので一息入れよう...

みんな朝早すぎだよ〜w
床屋で2時間潰す良い方法を教えていただきとうござる(~_~;)
先日、茅ヶ崎のOPTICIAN YAJIMAで注文した眼鏡が出来上がったので受け取りに行ってきた。
ByWP


読書するときの近(方視)用...要するに老眼ってことなの?www

極薄のステンレスのバネ板からレーザーカットにより成型され1本のネジも使われていない独Madeのフレームは薄くしなやかで、
視界を邪魔しない細さと掛けていることを感じさせない軽さとで顔に優しくフィットする。
お店で掛けたその瞬間に、何だこの心地よさは!と声を出してしまったくらいでした。
ただ、構造がシンプルであるだけにレンズとフレームの寸法誤差を吸収するだけの余裕がない。
2mmにも充たない薄いレンズの全周に0.6mm厚のフレームが狂いなく填るようにレンズの周りに慎重に溝を削っていく。
削っては確認、削っては確認...
もう少しってところで気を抜くと折角削ったレンズが”ピキッ!”っと欠けてしまうらしいwww
根気の要る細かい作業です。
そしてもう1本w
ROBERT MARC


こちらは車を運転するときの遠(方視)用

実はこの遠(方視)用は月曜日には出来上がっていたのだけれど、実際に掛けてみると検査したときとの眼の疲れ具合の違いからか、違和感を感じたので無理を言って片方のレンズを一段階軽い度数に変更してもらう事になった。
想定内の事ですと快く対応してくれたが、せっかく削ったレンズを一枚無駄にしてしまって申し訳ない事をしてしまった。
早々に受け取った遠(方視)用メガネを掛けて家まで運転してみたけど、遠くまでハッキリクッキリ目渡せるのが嬉しくって、意味もなく遠くの看板の小さな文字を探してはメガネを外したり掛けたりと...
忘れて久しいクリアーな視界に目の前の霧が一気に晴れたような気分です。
あまりにもスッキリ見渡せるので常に掛けていたくなるくらいだ(^^;


右端の縁なしは、もし髪の毛がこんな風になっちゃった時用にしようw

近(方視)用はまだ慣れてないからかなんだか頭痛くなりそう...


oakleyのアイウェアーが大夫年季入ってきたのでそろそろかな〜と思って...
いやいや、実は年季が入っていたのはアイウェアーよりも僕の目のほうですw
これまで目には自信があったんですけどね〜
漫画は一切読まなかったし、それにあまり勉強だってしてないしw
そんなわけで自転車日和の今日、自転車仲間であるakiraさんのお店へ相談に行ってきました。
あれやこれやと精密に検眼してもらった後一言....
「自分で思ってるほど視力はよくないですね〜」
あはは、痛いところをえぐるように突いてくれますね〜w
さすが、三十数年以上眼鏡一筋のプロの目は誤魔化せません。
これまで毎年健康診断で1.5を叩きだしてこれたのは、どうも感の良さもあるようです(笑)
眼鏡が必要になるのは老眼になってからと思っていたんだけど、想定外でした。
それにしてもすごく落ち着けるお店です。
これも店主の人柄とオプティシャンとしての信頼感からなのでしょう。
おかげで長々と、しかも色々と相談に乗ってもらえました。
一言に眼鏡といっても奥が深いです。
眼から眼鏡状態です!
あ、いや、眼から鱗状態でした。
OPTICIAN YAJIMA OPTICIAN YAJIMA


まさにコンセプト通りのお店だと思う!

そして見立てのセンスも素晴らしい。
事前に自分でイメージしていたデザインを選んでは掛け、選んでは掛け....
すると、YAJIMAさんが、こんなのが似合いますよ〜と差し出してくれたフレーム。
より知的に見えそうで...心がそちらへと一気になびいてしまう(笑)
結局、最初に自分がイメージしたものとはまるで違うフレームを選んでいた。
今から仕上がりが楽しみです。
そんなこんなで、思いの外暖かかった日曜日でしたが...結局ちょうど一週間自転車には一切触れてもいませんw
   
   ・
   ・
   ・
帰りにちょこっと寄り道して...


最近、小麦粉から出来た食物が美味しくって...orz

そして塩漬けオリーブが赤ワインに良く合うw



試しにウィッグを付けてみました(あ、使い回しですw)

加齢と共に身体に現れてくる様々衰え。
・腰痛
・肩こり
・関節の痛み
・偏頭痛
・肌荒れ
・血糖値
・高血圧
・抜け毛
・視力の低下
・持久力の低下
・快復力の低下
・治癒力の低下
・ストレス
・肥満
  ・
  ・
  ・
高血圧を除けばどれもこれも自分にも少なからず関係しているし、日々実感していることでもある。
今日も車を運転していると、大きな標識の文字までもがかなり近づかないと判読出来ない。
若い頃は眼を細めさえすれば遠くの文字も読めたけど、今では全く焦点が合わない。
眼鏡でも作るか〜なんて思ったりもするくらいだしw
そして一番深刻なのが未だに続いている右腕から右肩にかけてのコリ
休みの日はまだ良いのだが、仕事でPCの前に座って作業を続けていると半日も持たない。
時々姿勢を正しては首や腕を回してこりを解してはまた作業を続けるも、家に帰る頃には痺れも加わってどうにもこうにも...
変に肩を回しすぎたのか、最近では肩を動かす度にコキコキと音までする始末。
マウスを持たないだけで大夫違うんだけどね〜
最近では帰宅して風呂でゆっくり暖めてからお灸が日課になっている。
熱さに悲鳴を上げながら(笑)
お陰で髪の毛に線香のような匂いが纏わり付いてしまっているようで、時々匂プ〜〜〜ンと....w
確かにお灸をしたその直後は楽な感じはするのだが、いかんせん職場で肩をムキ出しにしてお灸する訳にもいかないしね〜
そんなわけで専属のトレーナーを雇うことにした。
グイグイ押したり、揉みほぐしたり、トントン叩いたりと、マッサージなら仕事中でも迷惑かからないだろうしね。
肌を露わにすることもなければ煙ともぐさの香が漂うこともない。
”アツ〜イ!”なんて悲鳴を上げる心配だっていらないし。


でもね、効き目というか、より強い刺激を求めようとすると、身体がビクビクと反応しちゃう。
小刻みに震えたり、腕が勝手に上がったり...
マウスでの微妙な操作は絶対無理だね。
書き物だってミミズが這いずるね(笑)
満員電車の中だったら隣の人にいい迷惑だし、傍目には危ない人に見えるかも。
もし横にいるのが女性だったら、下手すりゃ手が後にまわるだろうねw
  ・
  ・
  ・
どうも2月に入ってからというもの今ひとつ気合が入らない。
風邪をひいてから一度もローラーには乗ってないし、今日だって昼からキッチンで粉をこねくり回して、
発酵させて、麺棒で延ばして、焼いて、食って、ダラダラしてしただけだ。


旨いんだな〜これが! 高カロリーなだけにねwww

明日は走りたいけど行く当てはなし...
ま、朝起きてから考えるとしようw

土曜日、走り終えて一息つくまでは良かったのだが、まるで200キロ以上走ったかのような疲労感に襲われた。
100キロしか走っていないのに...
ローラーの疲れが溜まっていたのかな〜
それとも向かい風が思いの外堪えていたのか...
補給もしっかり出来ていたし自分ではそれほど疲れが溜まっているようには思わなかったんだけど、
しかし時間が経つにつれて翌日曜日に走ろうなんて気力など消え失せてしまったw
全身からエネルギーが一気に失われていくような怠さだ。


そうですか、ガス欠ですかw

そんなわけで日曜日は普段と変わらない食事を済ませてから都内へ車で買い物にでた。
人混みのなかを大きな荷物を担いでうろうろ...
帰宅後、午後から空いた時間で少しでもローラーに乗るつもりでいたが、体調は益々悪化。
外から帰ってきてもいつまでも暖まらない手、指先の痺れ、節々の痛み、悪寒...発熱へ向けての症状がオンパレードw
こりゃ〜やばいな!ってことで湯たんぽを抱きかかえて早々にベッドイン...
結局朝になっても熱は下がらず、そのまま夕方まで軋む身体を騙しながら布団の中でゴロゴロしていました。
動かないと腹も空かないね〜
で、回復の兆しと共にやってくるのは極度の空腹感(笑)
先ずは本能の赴くがままにw


海はいいね〜

週末は暖かくなるようだからヤビツに行こうと決めていた。
ところが最近、僕とは別の人格を持ち始めた右膝くんと左膝くんw
彼らにそれとなく聞いてみると...揃いもそろって「止めとけ!」...とw
と言うことで青空が綺麗だったので三浦です。
この日は大磯200kmブルベが開催されているので途中どこかかで知り合いの参加者とお会いできるかと楽しみにしていたけど、生憎誰一人知り合いの方とお会いすることは適わなかった。
しかし風が強かったね〜
久里浜辺りからず〜っと強い向かい風でした。
ブルベ200キロを走る方達にとってもきつかったでしょう。
少なくとも時計回りで走った僕にとっては追い風の恩恵を受けることは一切無かったw


のこ青空からは風は察せられないw

気持いいな〜
しつこいようだけど風さえなければw
昼はカツ丼を食べると決めていた。
脂身がタップリの分厚いカツ!
噛むと肉汁と言うより脂がジワ〜と口に中に広がる...
あぁ〜想像しただけでもヨダレがでそう。
赤身肉なんて少なくて良いから肉と脂身が半々ぐらいのカツを食べたい!と常々思ってるんだけど、未だかつて食べた経験は無い。
ただの妄想ですw
カツ丼を注文して待っている間、周りの席に出される料理を見て圧倒されました。
僕の背後でテーブルに腰掛けている数名の自転車乗り達からも驚きに声が上がっていたw
肉で御飯が見えませんね〜
肉の厚さは優に1.5cmは越えてるねw
旨そうな脂身〜


チョッピリ後悔するも...完食〜♪

4月までに体重を2キロ落とそうっていっている奴がいいんだろうか?
これを最後にカツ丼は封印しよう。
帰ってきて、風呂上がりに体重を量ると、朝からたった0.1kg落ちただけでした...orz

Dist:109.4km  Ave:26.6km/h サイコン90キロでバッテリー切れw


週4日の節酒を続けていると、別に飲まなくても良いかな〜なんて思えたりしてきた。
風呂で汗流してビールをグビグビッ...別にビールじゃなくても炭酸で良いじゃん。みたいな…
この日も風呂上がりのビールが美味しく感じられなかった。
ビールは1本でやめて、そのまま芋焼酎ロックに切り替えてもペースは上がらない。
ただ、飲んで酔いが回りはじめるとその後はいつもの惰性でいつまでもだらだらとなってしまう。
悪い癖だねw
TVもつまらなかったのでiTunesを覗いていたら、懐かしい曲が次から次へと蘇った...
車に夢中だった若い頃を思い出しながら曲を肴に酒がすすんでしまった。
時間も忘れて何度も何度も同じ曲を繰り返し聞いていたら、身体が冷えてきたよw
寝る。


OMEGA Speedmaster Professional 3572.50

仕事である計測値の精度を確認するためにストップウォッチを使おうとしたのだけれど、
それほど精度は必要なかったので腕時計のクロノグラフのスタートボタンを押した。
1分毎のデータ変化を監視している途中で何度かクロノグラフの1秒針から目を話す事があったので、
30分針で経過時間とデータを比較計算したところ、時間の経過とデータの相関関係が計算値と一致しなかった。
そんな筈はないので何度も頭の中で計算し直した。
が、やはり一致しない...
クロノグラフをリセットしてもう一度最初から、今度は時計の針とデータから目を放さずに...
まばたきもせずに...酸欠間近の目をこらえながら(笑)
なんの事は無い。
クロノグラフの30分針がまともに動いていなかった。
進んだり、戻ったり、進まなかったり、半分進んだり...orz
仕事中、何か作業するような事があっても滅多に外さないため今ではあちこち傷だらけになってしまっているけど、一番のお気に入りの時計であることには変わりはない。
それだけに、たとえ普段使わない機能であっても本来通りに動いてくれなければ腕にはめている意味もない。
毎朝欠かさずにゼンマイを巻き上げる楽しみもなくなってしまう...
帰宅後大慌てで以前お世話になった時計店にメールで状態を告げて修理の見積もりをお願いしたらすぐにこんなメールが帰ってきた。
了解です、診てみますのでまた送ってください。
部品故障等でなければ特に料金はいりません。
今から2年半前、リューズが抜け落ちた時に修理をお願いしたお店で、
その時にも「おしどりネジが緩んでいるだけだったら費用はいりませんから送ってください...」と親切に対応してくれたので、修理ついでにオーバーホールも一緒にお願いしたお店で、何かの時にはまたこの店にお願いしようと決めていた。
たとえ部品代がかからず無償で対応してもらえることになったとしても、
何らかの技術料をお渡ししたくなるほどの快い対応に、何だかほっとさせられた一日でした...