10代頃は就寝の際には音楽を聴きながらよく寝たものです。
ヘッドホンして大きめの音を流して寝たこともあった。
もっとも、若い頃はあまり寝られないなんて事で悩んでなんかいなかったんだろうけどw
酒を呑むようになってからは酔って疲れて眠るのが一番手っ取り早い方法なんだけど、
それよりも身体と心がリラックスして眠れる方が遙かに健康的だし精神的にも良いはず…
ハーブティーもそれなりに効能はあるのだろうけど、
物によっては利尿効果で何度も夜中に起きる羽目になるから考えものだしw
最近は香がそれを助けてくれます。
リラックスするならお香を焚いたりするのも良いけど必要以上に香が部屋の中に残ってしまったりと、これはこれで何かと厄介です。
そこで気がついたのが香水。
清潔感のある香につつまれて床につくと、心がリラックスして眠りに落ちやすいような気がする今日この頃...
もちろん、あまり付けすぎずにほんのり香るくらいが丁度いいです。
ちょっと高級なリネンウォーターみたいに...
どうしてこんなにデリケートな人になってしまったんだろう...
何時でも何処でもすぐに眠りに落ちれる人が羨ましいw


9月最後の三連休最終日は何だかんだで時間も無く、
遅めの昼食を頂いてから以前見つけた近くの小高い公園まで自転車で出かけた。
読みかけの本と本牧珈琲で炒ってもらった豆(ブラジル・キャラメラード)を2杯分挽いて...
誰一人いない静かな公園で秋の涼しい穏やかな風に吹かれながら珈琲を落とし、
柔らかな陽射しの下で読みかけの本を読みふける
あずまやの下のテーブルに腰掛けて...


そして草むらの上で足を伸ばして...
おいちょさんが進めてくれたこの豆は、冷めてから飲むと口の中に広がる甘い香りが何とも言えません。
2杯分じゃ物足りなかったかなw


ん〜なんとも妖艶な炎だw

小田原・栢山 LandLoaf

大磯へ向かう途中に見えた富士山にうっすらと雪が被っていました。
昨日今日と秋を飛び越したような気温でした…
群馬でのレースが間近と言うことで、今日はチク練に誘ってもらいました。
全く走れていない僕を誘ってくれるなんて、なんと有り難い事でしょう!
あ、僕はこのレースにはエントリーしてませんけどねw
折角誘ってもらったんだから、ここはいつも以上に気持ちを引き締めて、気持ちを切らすことなく最後まで自分を追い込まねば!
大磯港に集合したのは呼びかけてくれたtictacさんnanさん、yoneさん、valさん、僕。
そして朝からいつもの素敵な笑顔でお見送りに来てくれたのがkeiさん。
お見送り?
すると今日も箱根か足柄方面でしょうか....
いえいえ、お会いしたら逃がしませんよ!
atsuさをを餌に周回練コースまで拉致ですw
ところがだ!
その周回練コースまでのルートを誰一人知らないときた(笑)
都合良く、拉致したkeiさんがこの辺の主だったので助かったよ〜
・・・え、もしかし虎穴に誘き寄せられたのは僕らの方か?
お陰で周回練コースに着く頃には既に足は…orz
ま〜これは織り込み済みですw


周回練コースに入ると路面は先日の台風の影響で折れた木や葉っぱで覆われていた。
こんなコンディションじゃ危なくて走れやしない。
あえなくチク練はここで終了です。
走れないんじゃ仕方ない。
素直にランチでもして帰りましょう!
なんて事になるはずも無くw
ここでヨネ練にスイッチです。
某ショップの練習コースですw
適度なアップダウンがあり、往路だけでお腹いっぱいになる素敵なコースですね。


みんな早いッス!
背中がみるみる小さくなっていく。
これはやはり日頃の努力の成果ですね。
僕ももっと頑張らねば!
みんなには着いていけなかったけど、今日は忘れかけていた記憶が突然蘇った感じの走りができました。
乳酸が突然スーって退いていく感じ...
気のせいかとも思ったけど何度かそんな感覚が体の中を走った。
これは収穫です。
待ち合わせに間に合わなかったatus監督が無事合流できた時点で今日の練習はお終い!
あそこを走れ!、ここを回れ!と指示を出す監督の言いつけなんか誰も聞こうともしない(笑)
って事で、昼食はyoneさん&atusさんに案内されて、小田原・栢山の LandLoafでパンです。


テラスで珈琲を飲みながらのんびりと談笑...
汗をかいた後の飯は旨いッスねw


帰り道、箱根からの帰りだったオクさんを吸収してR134に入った辺りからチク練再開ですw
みんな40キロ以上の速度で廻しながら東へ向かって突き進みます。
すかさず前に出て蓋をしましたwww
とは言いながらも、久し振りに気合を入れて走ることができました。
こんなのを毎週続けていたら少しは強くなるんだろうか...
参加された皆様、一日有難うございました。



Dist:127.8km  Ave:26.0km/h  Work:2243KJ


僕は自転車に乗り始めて月間1000キロ以上を走ったことはただの一度もありません。
ここ最近は良くて500キロと自転車乗りの風上にも置けない程です。
50キロ走らない月もあった程だし(笑)
なのに自転車初めてまだ間も無いってうのに、ここ数ヶ月連続して月間1000キロを達成している方が僕らの仲間にいますね。
そんなの毎月続けていくって大変じゃないですか〜
ここは一つ、月間1000キロの記録にそろそろ○○符を...って事で、今日そのお手伝いです!
ん?
なんか違う?(笑)
ま〜いいやw
その方が、今日は世田谷から僕らの住む神奈川に深く侵入し、境川CRを下って来るという情報を入手したので、
仲間のかずピさんとそれぞれに迎撃に向かうことになりました。
境川遊水地に9時半ごろ現れると言うことで30分以上前から現場で待機。
後方支援のかずピさんと一緒に現れたのは予定時刻の9時半ジャスト!
今年の直江津オフに参加されたげっぺいさんを引き連れて。
げっぺいさんから頂いた林檎が一個丸ごと入ったパン。
林檎の中にはカスタードクリームが入ってズッシリと重いパンです(笑)
このパンのお陰で昼飯は入らないくらいだったよ(^^;


つ〜か、なんで後ろの林檎にピントが合うんだwww このカメラ使えね〜w

久し振りの境川CR経由で次のポイントのODKには10分遅れで到着。
予定していた昼飯の時刻までの余裕が無くなってきました。


R134の路肩には先日の台風の影響で砂が積もっていました。
保護者不在のライドで怪我でもさせてはいけないで普段よりも慎重に進みます。
たまに後ろを振り返り安全を確認!
あれ、着いてきてないしw
昼飯は小坪のめしやっちゃんで海鮮丼!


丸ごと林檎でお腹いっぱいでしたが、どうも入るところが違うようです(笑)
しばらくマッタリしてから最終目的地のフレッシュビーンズ 本牧珈琲に向かいました。


自転車仲間である『おいちょさん』の本格的なコーヒー豆専門店です。
店内には聞いたことのないコーヒー豆が沢山山住にされていて、お店の中で珈琲をいただく事も出来ます。
豆を買うと珈琲のサービスもありますので是非お帰りの際はご利用下さいません。
200グラムならジャージのバックポケットにだって入っちゃうしね。


自転車でちょこっと寄って珈琲で一息…

かずピさんと林檎さんと一緒に外のテーブルで珈琲ブレイク
僕の今日の仕事は林檎さんをここ本牧珈琲まで無事にお届けすることでした(笑)


僕はおいちょさんのお勧め、「ブラジル キャラメラード」を200グラム焙煎してもらいました。
何処か景色の良い場所で本でも読みながら飲みたいな〜
林檎さんとかずピさんと桜木町でお別れして一足先に帰宅しました...


出発の際には必ずボトルを持って出ましょう!www

今月もめでたく1000キロ突破、楽勝ッスよね!
お疲れ様でした〜

Dist:87.5km  Ave:21.5km/h(笑)  Work:1088KJ


ん〜こいつか!

見れば見るほど危険な容姿だな!
周りにも危なっかしい物が山ほどあるし...
イカンイカン!
こんな場所に長居は禁物だ。
とっとと帰ろうw


今日も彼女より先に旧道を登り切る男はいないのだろうか...くぅ〜(>y<;)
秋とは思えないくらい暑い一日となった今日、三島に住むあの方の復帰を祝って、芦ノ湖で一緒にお茶会です。
芦ノ湖でお茶会なら芦ノ湖で待ち合わせれば良いのに、三枚橋から旧道を一緒にTTせよとの監督の命令一つで、
16キロを登ったその足でわざわざ神奈川まで下らされたあの方を伴い、全員でTT開始。
僕は早々に温泉坂でちぎれて一人旅。
いや〜全く登れませんわw
初めて旧道を登ったときよりも足が回らなかったんじゃないかな〜
心拍は上がらないは怠いわで、ボトルの水もあっという間に空になったので畑宿の販売機で一休みw
七曲をひーひー言いながら飲む冷えたボトルの水が美味いこと美味いこと。
走ってシャワー浴びた後に飲む冷えたビールより旨いんじゃないかと思えるぐらいに...
ようやく登り上がるとそこには、みんなのために機材を満載した例のランドナーが...


↑このランドナー、ロードバイク2台分の重量だよw

この日の箱根は暑かった。
それでも木陰を快走しているときはこの上なく爽やかだ。


気温が高く湿気が多いにもかかわらずこの澄み切った青空に富士山もクッキリ!


早速に芦ノ湖の湖畔に自転車をとめて、湘南自転車オヤジの自慢の火器と監督が用意してくれた火器と紅茶&珈琲で至福の一時...


景色の良いところまで自転車で走ってその場でお茶をのむ...良いッスね〜こんなスタイルも。
一人で本でも持って出かけてゆったりした時間を過ごすのも楽しそうだ。
なんか癖になっちゃいそうw


陽射しは強いけど、ここ芦ノ湖湖畔は冷たい湖を渡ってくる風が心地よかった。
あまりの気持ちよさに昼飯も忘れここで1時間以上マッタリと過ごしてしまった(笑)


ようやく昼飯のために黒チャーハンで有名なあの店に移動。
三島に住むあの方に輪っかの激坂に案内され一同ご満悦w
流石地元ならではだwww


予想通り監督は一人納得いかなそうな顔だったが(笑)


特製たまり醤油で仕上げた「黒チャーハン」
二皿は食べれそうだったけど、止めておいたw


ここでも1時間以上マッタリしたでしょうか(笑)
一人で走っているとこんなにノンビリすることはあり得ないけど、仲間が沢山いるとこの時間があっと言う間に過ぎちゃうね〜


最後に木陰のライドを楽しんで、箱根ともお別れです。
三島に住むあの方をもう一度三枚橋まで下らせようと画策するも失敗に終わるw


気を付けて下ってくださいよ〜(^^;

暑さに負けてこの夏最後の白くまw
本当か?


この日、結局何人の仲間が箱根に集まったんだろう...

Dist:139.2km  Ave:23.8km/h  Work:2423KJ


だ〜れもいないC♪チャンチャチャンチャン〜♪

じゃ無くって、こんな中途半端な天気じゃーね〜
相模川から西側は雨ですよ雨!
西のを見れば灰色の雲が強い南風に次から次へとえらい勢いで運ばれていましたよ。
この日は大阪まで走る仲間をサザンビーチまでお見送りです。
しかしこの天気ですからね〜西へ行けば行くほど悪天候間違いなし。
ってことで早々に『では、大阪に串揚げのようなものを食いに行くオフ』は中止になりました。
同時に予定されていた箱根旧道練習会も当然中止ですね。
そうは言っても折角朝早く起きたわけだし、このまま二度寝してしまったら一日ダラダラと過ごすに決まってるので、
取り合えずCマークに向かって走り出しました。
オフ会は中止になっても誰か来るかも知れないし...
それにロードでのポジションがヒビの入った肋骨にどう影響するか試しておきたかったしね(^^;
藤沢辺りで少し雨に降られたけど、大事に至る程のこともなく、無事サザンビーチに到着。
でもそこ自転車乗りの姿はありませんでした。
8時過ぎまで風に吹かれてそのまま引き返そうと思っていたところにseiyaさんが到着。
その後も続々とお見送りのメンバー、takkun、ナカさん、かずピさん、karzさん、雨にやられてびしょ濡れのまるおさん、
一人箱根に登る気満々で輪行でやってきたコミュさん、と自転車乗りが総勢8名。
そしてもう一人、車に乗って軽い格好で現れた主催者のmasaさん(笑)


だれ?この方w

ま〜折角だから通りの向こうのデニーズでモーニングでも!ってことで、
コーヒー3杯とフレンチトーストを頂き1時間ほど時間を潰して解散です(笑)


走り始めて5分でサイコンのバッテリーが切れたw

流石に西へ漕ぎ出す勇気のある方は一人もいませんでしたw
唯一、ナカさんが三浦を回って帰ったぐらいで、茅ヶ崎まで輪行でやって来て鎌倉からまた輪行で帰るコミュさんなんか、
別れ際に...「充実した一日だな〜」なんてボソッと(爆)
距離は短いながらも平地は何とか走れそうなので明日は箱根に登れるか試して見よう〜!

Dist:約56km(サイコンバッテリー切れw)


夕焼けローラー

整形外科で診察を受けるために仕事を早く上がったから時間が余っちゃった。
夕焼けが綺麗だったのでベランダでローラー30分...
ずっと悩まされている肩から手首に掛けての凝りで、昨夜も寝る前に右肩から手首までサロンパスをこれでもか!って程に塗ったはよかったが、
ローラーで一気に毛穴が開いたからか、サロンパスを塗ったところが火傷みたいに痛くって、水シャワーで火照りをさました。
いやいやそう言う事よりもだ、ちょっとした不注意で左脇腹を車のシートにぶつけてしまって、その時妙な音が聞こえたんだよね〜
すぐに痛みがひいたのでその時は気にもしなかったけど、家に帰ってふと脇腹を触ったら息が出来ないほどの激痛が走った。
何もしなければ痛みもなかったので、あ、やっちまったかな〜なんて気楽に考えていたら、昨夜から徐々に痛みだし、
今は息をしたり軽く咳払いするだけで痛かったので念のためいつもの整形外科で診て貰った。
ハッキリと折れているような箇所は見あたらないけど、症状からしてヒビが入ってるのは間違いないらしい...


11番あたりがちょっと怪しいね〜と言われても素人にはサッパリw

3〜4週間ほど痛みは出ますと言われたが、ポッキリ折れている訳じゃないので1週間もあれば治るんじゃないの〜と最初は軽く考えたが、今では座っているだけで痛い。
ローラー漕いでいるときはそれほど痛くないから自転車乗って生活するには支障無いかもしれないけど(笑)
骨にヒビと言えば今年の3月にもやったっけw
今年に入ってこれで2度目だw
先日ぶつけた左足小指も未だに腫れて痛いし、酔って躓いてぶつけた右手中指も曲げると痛い。
も〜痛いところだらけだよw
御祓でもしてもらうか〜

と呟いたのは確か金曜のこと...
僅か1日で林道経由でヤビツかな〜なんて心変わりしてる。
つまり手近なところの山で済まそうというやる気の無さw
そして日曜日、朝起きて窓から外を眺めると、微妙な雲行きに重い腰が益々上がらなくなってきた。
降られたとしても、それほど大した雨にはならないことは判っているのだが...
ようやく動き出そうという気にしてくれたのは、Twitter上に流れた、丁度レースを終た仲間のこの前向きなつぶやきでした。
レーパンの糸のほつれで補修から戻って来たばかりのジャージに着替えて走り出した。
お腹の辺りが窮屈なのは補修じゃ直せないね。
自分の体を少しずつ元に戻していく以外に方法は無さそうだw


さっきまでの降り出しそうな雲は何処へやら。
降り注ぐ夏の陽射しに折角頂いたモチベーションも一気にダウン(笑)
さて、どこへ行こう...山?
湘南平にしておこうか...山?
いや、湘南平は山とは言えないね〜
山・・・・・・山?
あ、山だw


急な登りとはいえ日陰は心地良い!
秋はやっぱり山に限る!


鎌倉山w

途中、閑静な高級住宅街を抜けようと踏み入った先には想定外の激坂が2本。
おかげで思っていた以上に心拍をあげる事ができた(^^;
海は徐々に秋の装いに変わりつつあるも、まだ少しだけ夏の余韻が残っていました....


逗子マリーナで海を眺めていたら、丁度そこにSSRジャージのシルキーさんが登場。
オフ会で鎌倉周辺を走っているはずのbicycle_commuterさん一行を迎撃しようと待ち構えていたところだとか...
少しでも長い距離を走りたかったんだけど、結局中途半端な走りで終わってしまった。
ま〜焦る必要もあるまい。
もう少し涼しくなったら乗る気も起きてくるだろう!と今は少しでも前向きに考えよう。

走行距離:57.0km  Ave:24.8m/h  Work:918KJ


ススキノか? 何かあったら電話させていただきます

昨夜のおいちゃんの言葉通りに、朝の5時から走っていれば、優に100キロは走れたのに…w
後悔先に立たず...orz
午前中、マンションの理事会で時間を浪費し、
昼からは暗がりでポップコーンを抱えて2時間半じっと座って過ごした。
まだ外は明るく少し早かったけど薄暗い照明の下で1時間半、海の幸に舌鼓…
白に始まり赤で締め…
夕方の秋涼しい風に吹かれながら玄関をくぐった。
明日こそは走ろうと堅く心に誓いましたw...まる!


石川と山形産の岩牡蠣だったかな〜...濃厚だ

ワシントン州産の真牡蠣はサッパリしていて僕好みだったけど、香りがイマイチだった。
厚岸産の真牡蠣が待ち遠しいね〜
今年は三陸の牡蠣はどうなんだろう…