Sri Lanka (7日目)より


ここ二日間は特に変わったこともなく、感動もない極々平凡な日々だった。
ま〜これが日常なのでしょう。
最初は見る物、感じる物が全てが新鮮と言うか珍しくて、少し興奮気味だったのだが、
時間が経つにつれてそんな感覚も薄れて、いまはただ毎日を過ごしているだけに過ぎない。
そんな感じです。


この犬たちもそれはいっしょ

毎日同じ時間にビーチへ降りては、寄せる波と戯れながら朝の涼しい時間を過ごしている

同じ時間に起き、身支度をして朝食までのわずかな時間にその辺を散歩する


ホテルのレストランで毎日ほぼ同じ物を選んでは皿に載せる
味も香りもしないコーヒー...
使うこともないだろうTWO RUPEES硬貨を数枚、お守り代わりにズボンのポケットに突っ込む


コロンボ空港で両替したときからずっとポケットに...

3日に一度洗濯物を出す
同じ時間に迎えに来る車に乗っていつもの変わらない道をサイトへと向かう
事務所と現場を一日何往復も歩く
昼飯はここ数日同じフライドライスの弁当...
ティーボーイが一日2回入れてくれる甘ったるいミルクコーヒー...
赤い砂埃混じりの強い西からの季節風...


ほぼ6時前には仕事を終えて同じ車で街へ戻る
道路を塞ぐ牛や水牛...


汚れて変色した街...
町中いたるところに散らばっているゴミ...
声を掛けてくるトゥクトゥク...
けたたましいクラクション...
乱暴な運転...
すれ違いざまに、塞がっている両手の荷物を地面に降ろし、手のひらをさしだしては金をくれとせがむ小綺麗にサリーを着飾った老婆...
ホテルに帰って真っ先にするのは蚊取り線香に火を灯すこと
シャワーのあとバスタブに貯まる赤い砂...
風呂上がりにビールを一気飲みする
夕食は決まってフライドライスとフライドヌードル...
ビールを注文して5分経っても出てこないので確認すると「On the way」と...
料理の方が先に出て、ビールは注文してから30分後...
2台しかPCを接続できないビジネスセンターの空きを見計らってのメールチェック...
歯を磨くときにも必ずペットボトルの水を使う...
ホテル中に響き渡る砕ける波の音...
蚊に悩まされる毎日...
どれもこれもがここスリランカでの日常だ。
日本にいるときには普段当たり前の生活を送っている事に別段何の感情も湧いてこないが、
知らない土地で徐々にそこの生活に慣れてくると、何か物足りないものを感じてくるのは何故だろう...
仕事もほぼ片づき、もうやるべき事も無くなった。
スリランカでの生活もあと3日でようやく終わる。
やること無いのにどう過ごすかが問題だなw
長かったような....長かったような(笑)


一日がようやく終わった...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です