キーワードは510mm....orz


Photo by yuzitoさん

今日はyuzitoさんに誘われて五ヶ月半振りのトレイルを走って来た。
もしロードに5ヶ月半も走っていなかった、身体中あちこちが痛むでしょうね〜
先ずはお尻、そして首、肩、腰...
トレイルだったらどうなんでしょうか。
身体のバランスと自転車のコントロールの感覚が元に戻るまでには多少時間がかかるでしょうね。
そして急な下り斜面や崖淵での恐怖感。
どの程度の路面状況までなら自分のテクニックでカバーできるか…
その辺の判断が難しい。
そして、場合によっては別の意味での痛みも...
ソロで走っていたら降車するポイントでも仲間と一緒に走っているとどうしても無理をしちゃう。
ま〜多少の無理をしなければいつまでもクリアできないし上達だってしやしない。
だから仲間と一緒に走るのは上手い方の走り方を見たり、自分にチャレンジできる良いチャンスだと思う。


Photo by yuzitoさん

MTBに乗ってる僕らに後ろからプレッシャーを掛けるのは...トレイルランのyuki3110さん(><) なんであんなに早いの! ずっと風邪で体調崩してたなんて思えないんですがw そして今日はMTBでは初めて一緒に走る”けんけん”にはMTBの先輩として下手なライディングは見せられません(笑) と気合十分なつもりだったのだが...


無理せず押すのも全然有りだよ、ね、けんけん

で、やっぱり僕は最初全く乗れてなかった。
5ヶ月半のブランクは予想以上に大きかったよ。


そうは言っても走っているうちに少しずつ感覚が戻ってくる。
そうなるともう楽しくて仕方ない(^^
ところが、油断してたんだろうか...
何でもない緩やかな細い登りで、左側に突き出ていた小さな根っこに前輪を軽く接触させたんだろうね。
どういう訳かそのままハンドルを取られて右側の落ち込みに前輪を落としてしまった。
自転車が引っかかってくれたお陰で一緒に斜面を滑落することは無かったけど、左肘から地面に強く落ちてしまった。


ピキッ!っと変な音が耳にまで届いた。
そして激痛
やっちまったかな〜と右手で反射的に左の鎖骨のあたりを触っていたが、骨が折れているような様子は感じられなかった。
土の上にひっくり返ったまま暫く耐えて痛みが落ちついてきた頃に腕をゆっくりと上下に動かしてみたが、
ある程度の痛みはあるけど動かすことが出来たのでホッと胸を撫で下ろした。
一度転んで痛い思いをすると、その後の走りに精神的な面で大きく影響しちゃう。
この時も例外無く肩の痛みと転倒したショックからテンションが下がってしまった。
ただ、痛みは徐々に退いていったし、本来なら転倒するようなところで転んだ訳じゃないから、
先のトレイルをもっと楽しもうと気持ちを切り替えて走り出した。
そして、この日の最初の急な下りで一人ずつ慎重に降っていく場面で、他の人の走りを見ながら僕も同じように下っていった。
あと少しのところで特に問題なくクリアーできるな〜と思ったその瞬間、またしてもハンドルを取られてしまったのか、
前転倒し、不運なことに先ほどと同じように左肘から地面に落ちてしまった。


2度目の激痛www
しかも、よりによって全く同じ左肩だw
今度こそヤバイかも、と暫く悶絶。
最初は何が何だか判らなかったが、やはりハンドルバーの短さが自転車をコントロールするうえで無理があるのだろうか。
後でBABUさんが計ってくれたが510mmしかなかった。
やっぱり切りすぎたかなwww
ここで少し休憩しましょうとJoeさんの気遣いで痛みが退くのを暫く待つ。
何とか落ちついたので自分のバイクを起こそうとハンドルを握ったが、右手の指がブレーキレバーを拾えず空振り...
ん?
はて?


....orz

右レバー(前ブレーキ)のシリンダーを押す棒が抜けてブレーキレバーが垂れ下がっている。
みんなで何とか元に戻そうと苦戦するも手持ちの工具ではどうにもならなかった。
この先登りは何とかなっても下りを走ることは絶対に無理w
今日のトレイル半ばにしていったん山を下りて近くのショップで駄目元で修理してもらう事にした。
しかし、フロントブレーキが効かない状態でトレイルを下るのがあれ程厳しいとは(^^;
真正面に木が生えていなかったらそのまま斜面を転げ落ちていくところだった。
しかし、結局ショップでもお手上げでした。
そのまま僕らはゆうき食堂で昼食を摂ることに。
僕は初めてのゆうき食堂だ(笑)


マグロの中おちと寒ブリの定食

刺身の量があまりにも多すぎてドンブリ飯一杯じゃ足りなかったよ(笑)
食事をしている間に気温は下がり、身体が冷え切ってしまったので、逗子の喫茶店でコーヒーを飲みながらの反省会。
自転車でのマナーやモラルについてのあれこれや、有意義な話でこの日を締めくくった。


今日、誘ってくれた案内役のyuzitoさん、そしてご一緒してくれたJoeさん藤之助さんBABUさん、けんけん、
そしてこの日初めてお会いしたバイシクルクラブの編集長(今坂さん)、
折角のトレイルを中途半端に終わらせる結果になってしまし申し訳ありませんでした。
また、途中までランでご一緒してくれたyuki3110さん、お疲れ様でした。
早く自転車を修理して、身体が元に戻ったらまたご一緒してください。

「キーワードは510mm....orz」への18件のフィードバック

  1. Mr.パーフェクトの名をままにしているモリさんの
    弱っている処を見させて頂くと、こんな自分でも
    生きてていいだ!と大変申し訳ないのですが、相対的に
    前向きになれたりして・・・。
    自分のヘタレ具合をあれ以上見られなくて実はラッキー
    だったのかも・・?なんて不謹慎なことも思っちゃったり
    してる自分もいないとは正直言い切れません・・・。
    でももう少しモリさんと走りたかったなぁ、という本心
    もあるので、早く直して(身体・機材)復活祭には是非に
    お声をかけてくださいましm(__)m
    こんなヘタレじゃダメ ・・?

  2. お疲れ様でした。
    肩の具合はいかがですか?
    とりあえずは ゆっくりして、
    あまりひどい様なら、診察を受けて下さいね。
    (できれば、綺麗な看護師さんがいる方が良いかとww)
    治ったらまたぜひ、ご一緒させて下さい。

  3. オレもいたよ〜(T_T)
    ハンドル長くしてブレーキ直したらまた走りましょう。
    肩は大丈夫ですか?
    ゆっくり休んで下さいね〜(^o^)/

  4. 一夜明けて、身体の痛みはいかがですか?
    たいしたことなければ良いのですが。
    モリさんの転倒したときには大抵絡んでいるので、僕がモリさんの転倒虫なのではないかとちと心配になります(^^;
    痛みひいたらまた遊んで下さい!

  5. だ、大丈夫っすか?
    僕も標高600mの断崖絶壁からダイブ
    しかけましたよ〜w
    冷や汗掻いた後のコーヒーは格別♪

  6. 結構派手にやっていたのですねw(゚ロ゚)w
    大事に至らず一安心です。
    転倒シーンはハンドルが一回りしてたり、腕の付き方がほとんど一緒だったりとちょっと安心(笑)
    私の場合は倒れ込んだ場所が柔らかい土の上だったのでことなきを得ましたが、木の根っこか何かにぶつけたのでしょうか?
    早く治してまた走りましょう!!

  7. 久しぶりのトレイルにこっぴどくやられちゃいましたね。
    肩が治ったら一緒にお礼参りに行きましょう!(笑)
    お大事にしてください。

  8. ケガは無かったのかな??
    楽しいなかにも落とし穴!
    お互い気をつけましょう。
    怪我しちゃったら元も子もないっすからね。
    で、ワタクシのMTBのハンドル幅を計ったら620?でしたよ。

  9. ◇けんたさん
    いい加減その呼び名は返上したいのですがw
    言い訳になってしまうけど、やはり長く間が開いてしまうと僕の技術レベルじゃあの程度の走りしか出来ないんだな〜と痛感してます。
    痛めた肩より痛いかも…
    後半になればなるほど疲労が増すので、危険と感じたら無理せずに降車するのも必要な事でしょうね。
    けんけんは自分の事をヘタレなんて言ってるけどあのチャレンジ精神は脱帽です。
    ま〜怖いもの知らずにも程があるけどw
    それに怪我をしないのもセンスなんでしょうね。
    自分で自分をヘタレなんて決めつけるのは止めましょう。

  10. ◇BABUさん
    先日は中途半端に終わらせてしまって申し訳ありませんでした。
    お陰様で昨日のような痛みはなくなりました。
    今になって何故かお尻のシッポのあたりが痛いですがw
    と言うわけで綺麗な看護師さんはお預けです。
    オススメのところがあったら教えて下さい(笑)
    こちらこそ宜しくです!

  11. とりあえず翌日に走ってるみたいなので安心しました。
    となれば、その現場に居合わせたかったなぁ(笑)
    バイクを早いとこちゃっちゃと直して、次行きましょう。
    いや、お互いに年取ってるから痛みに気づくのも遅かったり…(^^;

  12. ◇藤之助さん
    あ〜師匠のお名前がwww
    僕の身体と自転車、どっちが早く直るかな(^^;
    ご迷惑とご心配をお掛けして申し訳ありません。
    そしてお気遣いに感謝です。
    取りあえずランニングには支障ないようです(笑)

  13. ◇yuzitoさん
    昨夜は痛み止めを飲んでしまいましたが、
    今朝はほぼいい感じです。
    いつもご迷惑とご心配を掛けてしまって恐縮です。
    うっw
    転倒虫とは面白いことを仰る(笑)
    確かにそう言えばいつもyuzitoさんの後ろで転んでますね(^^;
    何故かyuzitoさんの後ろは安心できるんですよ〜
    でもそれと転倒は無関係ですから、こちらこそこれに懲りずに宜しくお願いします。

  14. ◇macoさん
    辛うじて、無事みたい(^^;
    よくぞご無事で!
    でもそんな危険なところで自転車遊びなんかしちゃダメっすよw
    冷や汗とコーヒーのうまさは無関係ですから。

  15. ◇yuki3110さん
    2回目は下りだったのでそれなりに(^^;
    でも1回目は一瞬の出来事でした。
    僕が転倒するところではyukiさんはいつも軽々とクリアーするじゃないですか。
    あのセンスの良さには嫉妬を覚えます。
    そのうち殺意に変わるかも(笑)
    僕も比較的柔らから土でしたが、勢いが違ったのか角度が悪かったのか…
    受け身が取れないのが不味かったか…なんで?

  16. ◇Joeさん
    もっとまめに通わないと上達しないですね。
    ようやく慣れた頃にはトレイルが終わっちゃう(笑)
    肩は痛かったけど最高のコンディションと皆さんとの楽しい会話に救われました。
    バイクは救われないけどwww
    ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありませんでした。

  17. ◇seiyaさん
    外傷は膝の2カ所の擦過傷ぐらいです。
    肩は大丈夫そうですね。
    まだ多少痛みますが。
    夢中になってると何か起きたときの事を忘れてる、
    いや、忘れようとしてるんでしょうね。
    是非片側55mm切っちゃいましょうw

  18. ◇masaさん
    ランニングは出来てもハンドルバーを握れるのかな〜
    怖いな(^^;
    写真を見ると砂煙が上がってるのが判りますね(笑)
    次も同じところを痛めやしないか、ち〜っとばっかし心配です。
    今は何故かお尻が痛いッスw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です