デカイ足w

このSPD-SLシューズを買ったのが昨年の12月頃かな〜
その前に履いていたシューズは自分の足にはフィットしていなくて、バックルとベロクロをかなりきつく締めないと足が左右にずれてしまいます。
足がズレれば所々擦れて痛くなるし、でもあまり強く締めすぎると長距離を走っているうちに足の甲から指に掛けて痛みが出てくるんです。
で、大枚を叩いて(reonmamaが(笑))買ったこのシューズは前のタイプより幅広の設計のはずなのに何故か僕の足にはピッタリでした。
そんな大変気に入ったシューズ、カーボンソールは傷だらけだけど見た目はまだ綺麗だし、新品の時に比べると全体的に若干のへたりが出てきてか、自分の足に馴染んで来たかな〜って時になって問題が発生しました。

続きを読む

お伊勢参りオフのお誘いを頂いた。
土曜日の朝8時サザンビーチに集合して一路西へ、
静岡県を横断して愛知県に入り、伊良湖岬から伊勢湾フェリーに乗って伊勢湾を横断して三重県の鳥羽に上陸、
伊勢神宮にお参りして帰りは輪行でビアの人になる。
お誘いの言葉の中には、”ゆるい”、”のんびり”、”巡航は速くないッスよ”なんてのが踊ってたけど俄に信じがたい(^^;
それにこの真夏に箱根を越えなきゃならないが、ここの所膝の調子が良くないのであまり無理はしたくない。
って事で今回は坂の手前(小田原ぐらい)までお見送りにすることにした。
さて、最初に参加表明したのがtanyさんだ。
この時点で”ゆるい”、”のんびり”、”巡航は速くないッスよ”は消滅だね(^^;
僕の本能的感が危機を回避した訳だ(爆)
で、そこにとしさんが加わる....ナイス!(笑)


7:15@サザンビーチ

この時、一台の小径車


が手摺に引っかかっていた。
何となく見覚えのある自転車だが、何故か傍らにはシューズと靴下が脱ぎ捨てられている.....?
まさか.....?
ないない....(^^;

続きを読む


まるでチェスボードだw

自転車を始めて2年近く経ちますが、身体は日増しに変化を増していきます。
1.体重の減少
 ピーク時から約8キロほど落ちました。
2.体調
 オヤジ達に多い(一般論)成人病に関係する数値の改善。
3.体力、持久力のアップ
 まだまだ十分とは言えませんが以前に比べたら明らかに上向いてます。
4.筋力
 ほんの少しだけ下半身はそれなりに、上半身はギスギスに(^^;
その他にも寝付きやすいなど、日常生活の中で良いと思われる方向に向かっていることは間違いないと信じています(笑)
しかし、あまり好ましかからざる蓄積もあるんです。

続きを読む

連日暑い日が続いていますね。
自転車通勤に限らず、この時期の通勤は汗との戦いです!
職場に到着してからも中々汗は引かず、そのまま冷房の風にあたって身体の火照りが冷めるのを待っていたら風邪ひいちゃうかもしれない。
職場でシャワーでも浴びれれば良いのだけど生憎そこまでは出来ないので、今年はこれを試してみました。


GATSBY アイスデオドラント ボディペーパー & ボディスプレー

まず、ボディペーパーで汗を拭い、そのあとボディスプレーで急速冷却!
ボディペーパーだけでも良いのだけど、スプレーすると効果倍増です!
一瞬にして汗が引くような感覚と、その後のスーッとした清涼感がたまりません(^^
ん〜マンダム!.....古〜ぃ


藤沢側の休憩所@境川CR

境川CRの藤沢側の休憩所に着いたのが13時20分。
もう全身溶けそうです(^^;
この暑いときに、なにもこんな時間に走らなくてもね。
しかも向かい風だし。
前の晩の予定では5時に起きて涼しい間に走るつもりだったけど、夕べワインなんぞを飲んだりしたばっかりに寝坊です。
起きてからも何だか怠くって、走り出すどころか前の日に新調した携帯をあれこれ設定したりしている間に昼になっちゃったよ(笑)
どうも先週の坂がいけなかったのかな〜
膝の調子があまり良くありません。
少し重めのペダルを踏み込むと左膝がピキッ!と痛みがはしります。
こんな調子で「みちのく牛タンツアー400km」に参加していたらやばかったかも(^^;
DNSになっちゃって正解だったかも。
と、強がってみる(笑)
んな訳で境川CRからR134に出て平地で膝の塩梅を見ながらあてもなく西へ向かってみました。

続きを読む

なんだかんだでこの日に予定してた”みちのく牛タンツアー”はDNSです。
なんだか身体怠いッス(^^;
レオンを連れてその辺の日陰をうろうろしていたらご近所の”くまごろうさん”がこれから今年生まれたカブトムシを土の中から取り出そうと家の中から土が入った大きな衣装ケース持ち出してきた。
その衣装ケースをひっくり返すと中からカブトムシの成虫がウジョウジョ(^^;
子供達は楽しそうに.....?
ん?
どうも一番楽しんでいるのは”くまごろうさん”本人でした(爆)


カブトムシと言えば子供の頃よく近くのぼた山から幼虫を捕って帰って育てたものですが、この方はカブトムシやらクワガタやらに卵を産ませて育てているんです。
おかげで家の中は虫が入った怪しげな瓶が所狭しと並んでいるんです....( ̄▽ ̄;)v
ま〜都会の子供達は中々こんな体験はできませんからね。
そう言えば先日も子供の手に近くで捕まえた生きたシマヘビが握られていたっけ....
子供達には良いお父さんだけど、虫やら蛇やらで奥様は大変だろうね(笑)


で、寝不足でシャキッとしない身体を覚醒させるべく少し汗でも流しましょうと昼前に海岸線へ向かいました。
最近よく耳に付く歌を口ずさみながら....うだるような暑さの中ペダルを回します。
 ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた
 ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子・・・
 
・・・・・・・この後はしらん
しかし暑いですね。平年より1日早い梅雨明けだそうです。
仙台へ向かっているオヤジ達は大丈夫でしょうか。

続きを読む

4年前、仕事でカナダのニューファンドランド島(Sn.Jhon’s)に行った帰り、トロントからから飛び立って北米大陸を過ぎて太平洋に出るまでの約6〜7時間、飽きもせずに飛行機の窓から地上の風景を眺めていた。
(飽きもせずに=>飛行機の中では身体を持てあまして寝付くことが出来ないのもその理由)
最初は針葉樹林の中に無数に点在する大小の湖沼意外には他には何も見えない。
その緑の中をどこまでも真っ直ぐに伸びる、まるで木を伐採して作った道のようにも見えるな不思議な線は一体何だったのだろう。
そして緯度を増す毎に景色は変わり、やがて永久凍土のツンドラ地帯が現れたときには素直に感動した。
誰もが見たいと思うようなカナディアンロッキーのあの山と川と木々の雄大な大自然なんかではなく、上空から見ると何もない、自然が作り出した、ただ赤茶けただけの模様がなんとも幻想的だった。
人間が決して手を入れてはいけない神聖な場所にも思えたが、直接人間が手を入れるまでもなく温暖化の影響は着実に進んでいるのだろう....


この日は久しぶりに北の大地への出張でした。
もう5年以上来てないかな〜
最近の出張はあまり喜べませんね。
前回の今治の時もそうだけど、今回の苫小牧も日帰り出張...orz
たまには1泊してその土地の美味しい物でも食べてみたいでもんです。
いつも出張の時は本ばかり読んでいるので電車でも飛行機でもあまり窓の外の景色を見ることは無いのですが、何故か最近、飛行機から地上の景色を見る事が良くあります。
あ、あそこはこの前自転車で走った道だ!とかね(^^
ま〜関東近県以外は走ったこと無いのですが。
で、この日、機外に目を向けると、うっすらとした雲の下に霞んだ「杜の都」が見えました...


杜の都、○○

本当なら今週末には横浜からあそこに向かって仲間と一緒にペダル漕いでいる筈なのにな〜〜〜(>_<)ゞ 当日暑くならずに晴れてくれると良いのだけど。


こちらは北海道上空


新千歳からJRで苫小牧に向かう途中、南千歳のホームに降り立つと、気温は20℃、乾燥した穏やかな風が気持ちよくって思わずニンマリ(^^
そう言えばこの週末はこの北の大地を自転車で1000km走る鉄人達がやってくるんだね。
ま〜600km走れない僕には全く関係ない世界なんだけど、参加する方々は最後まで無事完走出来るといいな〜
昼飯は珍しくラーメンを頂きました。
あまり主食でラーメンを食べることは無いのだけど、何故かこの日は札幌ラーメンと決めていました。
これまで北海道はあちらことら10数回は来ているけど、札幌ラーメンを食べたいと思ったのは今回が初めてだと思う。
だって食べたって記憶無いし(^^;
で、sodobanさんFさんお勧めの白樺山荘の味噌ラーメン
元々味噌ラーメンはあまり好きでは無いのだけど、白樺山荘の味噌ラーメン、旨かったです。
味噌の味は勿論、程よい背脂の濃厚感とピリ辛のバランスが良かったです。
めんはタマゴ入りのちぢれ麺かな。
チャーシューも口の中でとろけます。
ゆで卵が無料で食べ放題ってのも面白いですね。
いくら食べ放題だからってゆで卵じゃ幾つも食えないって(笑)


白樺山荘の味噌チャーシュー麺

昼までに家に帰らないと….
早く目が覚めればその分選択範囲は広がるし、遅ければその辺をぐるっと回ってお茶を濁しましょう。
で、朝目が覚めたのが6時半....
微妙です(^^;
ならば国際湘南村にでも登ってきましょう。
気が向いたらオプションで葉山国際CCの激坂もありですね。
それと大崎公園にでも寄って、海岸線を江ノ島辺りにまで進んで、境川CRを北上して、ついでにサガミサイクルによって先日破損したCO2インフレーターとボンベを買ってこよう。


空腹のまま走り出したので、渚橋で朝食を摂ることにして、途中ケイデンスを高めに走ってみたが、少し前からケイデンス付きのサイコンを外したことであまりケイデンスを意識する走りをしていなかったためか、だいたい105回転ぐらい(感覚で)でお尻が上下するようになってしまっていた。
あれこれと試行錯誤しながら走ったお陰で渚橋に到着する頃にはもうへろへろ。
渚橋で少し長めの休憩を入れて湘南国際村入口へのんびりと向かった。

続きを読む

昨日は朝からついていなかった。
LOOKのホイールを新調して2度目の朝、新しいオモチャを買って貰った子供のように気分良く自転車に跨っていつものように職場に向かう。
玄関先から走り出して50m、信号待ちで渋滞している車の脇をすり抜けて、いつものグレーチングを超えた瞬間、後輪からガツン!と衝撃が伝わってきた。
このグレーチングの穴の幅はロードのタイヤの幅より若干広くてまともに走ったらタイヤが填ってしまうのは判っていたので斜行して走り抜けようとしたのだが、脇に止まっている車とのスペースが狭かったためか、斜行の角度が浅くなり見事に後輪が填ってしまったようだ。
で、一瞬のうちに後輪がスカスカになってしまった。
リム打ちでパンク....orz
あぁ、ビットリアの軽量チューブが....
仕方ないので通勤で歩道を歩く人の中、一人自転車を自宅前まで押して慌ててパンク修理に取りかかる。
出勤時と言うこともあり少々焦っていたためか、外したホイールが手から滑り地面に落下。
カラン!という乾いた金属音が....(;゜)ウッ!
新品のホイールのリムのサイドに抉るような傷が入ってしまった....orz
幸い、傷は浅くブレーキシューを擦ってしまうことは無いので出っ張ったところはリューターで軽く削っておけば目立たなくなるだろう。
今更だけど慎重にチューブを交換してCOボンベで一気にエアーを注入する。
パンクで遅刻ってものみっともないので、朝から320円の出費もやむを得ない(^^;
ツールボトルにボンベやタイヤレバー、工具を放り込んで職場に向かい何とか遅刻は免れた。
パンクしたチューブは家でジックリと確実に修理するのが基本ですね(^^;
仕事を終えて帰宅してからは穴の開いたチューブを確認するとハの字に2本の切れ目、見事なスネークバイトだ(笑)
ところが、いつもならゴム糊で綺麗に貼れるパッチが何故か今日は付きが悪い。
結局4枚を無駄にして5枚目でなんとか付いた。
朝、慌ててツールボックスに突っ込んだCOボンベカートリッジをヘッドから外そうと緩めていたら中に残っている炭酸ガスが吹き出してきた。
で、その後突然、
パ〜ン!と大きな破裂音と衝撃が、と同時に何かが部屋のどこかに飛んでいった・・・
まるで手元で爆竹が破裂したような音に、耳鳴りはするわ、レオンはビックリするは、reonmamaには風呂場から”今の音は何!”と叫んでいるわ・・・・
一体何が起きたんじゃ!
????
・・・多分、エアーを注入した後にボンベ内に残っていたCOを完全に抜かないままボンベを外してしまったのが原因だろう。


ハイ、おシャカ(>_<)ゞ

ポンプヘッドの中の針が折れてCOボンベの中に残っているよ....orz
この日の被害
・新品ホイールに傷
・チューブのパンク
・パッチ4枚を無駄にする
・COボンベ1本消費
・COボンベのヘッド破損
とまぁ〜慌てるとろくなことがありませんな。
でも一番不注意だったのは渋滞した車の脇を無理に通り抜けようとしたことでしょうね。
今回はパンクで済んだけど、下手したら事故にも繋がりかねない行為。
もう少し慎重に行動しないといけませんね。
それともう一つこの日のとどめ。
来週末に予定していた○○が潰されそうだ〜wwwww
頼むよ!
どうか1日早まるか、3日遅れてくれぃ〜m(__)m

僕がブログを始めたきっかけは、確かreonmamaのために立てたブログが放置状態になっていたのと、
運動不足解消のために自転車を初めてからの日々のたわいない気持ちを綴り始めたのが始まりだ。
ある日、ある方との出会いから、大きな自転車のオフ会に参加させていただき、そのイベントで多く自転車仲間と知り合うことが出来た。
それまで職場以外ではあまり外で人と接する機会が無かった僕が、いつの間にか自転車を通じて多くの友達が出来た。
まさかこれ程までに多くの友達が出来るなんて想像できなかったし、自転車に乗ることがこんなに楽しいなんて未だに不思議な気持ちでいます。
そんな今の生活に大きく関わってきたのがやはりブログだろう。
日々の思いや自転車活動について仲間のエントリーにコメントを入れ、また自分のエントリーにコメントを貰う。
けっして面白おかしい文章が書けるわけでもなく、人に感動を与えられるわけでもないけど、それでも自分にとってはモチベーションを維持する一つの手段でもあったし日常生活でのストレス解消にも役立っていたと思っている。
また、SNS等を通じてオフ会やイベントへ参加したり、また時には酒を呑んで共通の話題で盛り上がったりと。
ネット上での繋がりは今や日常の生活から切り離すことが出来ないほど普段の生活に浸透している。
ところが今日、自分にとって一番影響を与えてくれたあるブログが休止になてしまった。
自転車で走ることの楽しさと可能性を教えてくれたあのブログがだ。
僕だけじゃない。その方の極近くにいる方、遠くに住んでいる方、一度もあったことが無い方、コメントを寄せてくれる方やそうで無い方までが、そのブログを通じて多く感動や喜びを貰っていると思う。
そして少なからず何らかの影響を受けているはず。
そう思うととても残念で仕方ないです。
あのエントリーにコメントしてくれている方の達の気持ちを見ても判るし、入れてくれていない方達だって同じ気持ちでいると思う....
だから、『一つ聞いていいかな…僕は何だったのだろうか』と言う問いかけは、まだ早すぎないかな〜と僕は思ったけど....
多分、僕自身、恥ずかしながらあのブログの全てのエントリーを読破しているわけでは無いので、改めてこの機会に読んでみようと思う。
そして、またあの調子でブログが再開される日を待ちたいと思います。
さて、僕にとってのブログって一体なんだろう....はは、良くわかんないよ(^^;