BRM315青葉200km、体力の限界ッス(^^;【自走込みの232.6km】


山中湖の北岸、残念ながら富士山は見えず

天気予報は2日前から刻一刻と変化していました。
出来れば雨の中は走りたくないけど、それもブルベですね。
開き直ったら案外気持ちはすっきりしましたよ。
前日の夜はビールも控えめに10時頃布団に入ったは良いけど、11時過ぎに一度目が覚めてからは熟睡出来ないまま予定より早く布団から這い出して支度を始めました。
恐る恐るカーテンを開けてみると既に雨は止んでいるものの、路面は完全なウェット状態。
雨に降られないだけましですね。
4時前に外気温を確認すると何と17.8℃!
半袖ジャージの上にストームブレークジャージで良いかと思わせるほどだが、明け方に掛けて多少は下がるだろうし山伏峠からの下りで凍えて走るのも嫌なので長袖のインナーの上に長袖ジャージにバックポケットにストームブレークジャージを突っ込んで4時45分に自宅を出発しました。



スタート地点の青葉区役所まで16kmを1時間近く掛けて到着するがまだ5時半、ちょっと早すぎたかなと思ったら既にhiroさんが到着していた。
その後参加者達が続々と到着して広場は自転車で埋め尽くされた。
今回のブルベ参加者は150名を超えるとかで、AJ神奈川のスタッフの皆様も対応に苦慮されている様子。
ご苦労様です。


青葉公会堂前に集まった参加者&お見送りの方々

境川のmasaさんおいちゃん、ブルベ初参加のwatariさん(初めまして)、tictacさん
sudobanさん、この後アタック銚子を走るリュウさん、何でここに(^^;
ブルベ初参加のこんさんブルベ初参加のyoneちゃん、お見送りのatsuさん
お見送りのまつあにさん(初めまして)、MTBでブルベ初参加の藤之助さん(初めまして)
シングル固定(48T×18)で参加のmasaさん
ヲレさんhiroさん、お見送りのUEさん
今回、僕にとっては記念すべき初の公式BRMなのですが、それ以外にも別の楽しみがあります。
周囲の期待に応えて(?)シングル固定(48T×18)で参加するmasaさん。
200kmとはいえそれなりにアップダウンの有るコース、標高1120mの山伏峠を登った後には40kmにも及ぶ下りが待っています。
ロードなら60km/h以上で飛ばせる楽しい下り坂だが48T×18の固定ギアではハッキリ言って地獄でしょう(^^;
”全く自信ないよ〜”っと不安を口にしていたmasaさん、前々日のmasaさんのエントリーに”シングル固定で逝きましょう・・・”位の調子でコメントして申し訳ないことしたな〜なんて思えたのはこの時が最初で最後でした....
そしてリアルでは初めての藤之助さんも初ブルベながらMTBでの参加だ。
スタート会場で参加メーンバーと談笑していると先に僕を見つけてくれた藤之助さんからお声を掛けていただいた。
実物はブログのお写真より全然若くてちょっと驚き(笑)
そしてその横に見覚えのあるお顔も。
まつあにさんでした。
まつあにさんは昨年の日産スタジアムのレースで表彰台に登っているところをお見かけしたが、こうしてご挨拶をするのは今日が初めてですね。


左はmasaさんのART CYCLESTUDIO PS100、右は藤之助さんのJamis Dakota XC

お見送りのまつあにさんからは”梅干しと携帯用の塩”を頂いちゃいました。
実は、自分でも梅干しを買っておいたのですが、出かけに慌てて忘れて来てしまったのです(^^;
何というタイミングの良さなんでしょう。
お陰で道中、足の痙攣もなく走ることが出来ました。
嬉しいッスね。同じ自転車乗り故のお気遣いに感謝ですm(__)m


まつあにさんからの差し入れ(^^

境川のmasaさんが作成したコース図


クリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます

この日のスタートは50名ずつ30分間隔でのスタートとなりました。
僕は最初にスタートする組です。
【スタート〜PC1】
集団の中にはmasaさん、sudobanさん、hiroさんも一緒です。
町田街道に入り甲州街道に抜けるまでは渋滞もありペースは上がりません。
こんなに遅くて良いの?と思いながらも先のことを考えると自分にとっては丁度良いペースなのですが・・・・
甲州街道に入ってから集団もばらけ始めます。
大垂水峠(標高399m)へのアプローチへ差し掛かったあたりで前を走るmasaさんがペースを上げて前に出ます。
僕も後を追いますが全く付いていけません。
変速ギア付きのバイクが固定ギアのバイクに付いていけないんです(汗;


ダンシングで大垂水峠を登るmasaさん

峠付近でようやく追いつく....ふっ(-。-;)


大垂水峠(標高399m)

しかし、下りに入るとこっちの物です(^^
写真ではわからないけど、坂を下っている様は異様に必死です。
スピードを出せばクランクは早く回転する、しかしそれにも限度があります。
ペダルから足を外せば良いかもしれないけど、それではバランスが崩れて危険ですね。
それはもう気の毒なくらいです。マジで!
でもどうにもなりません。
それに比べてこちらは極楽ッスね(^^
ほんと、申し訳無いッス。


下りも必死なmasaさん、どうしてあげることも出来ません

大垂水峠を下りきってPC1に到着


PC1手前の・・・何だろう?

普段は捨ててしまうコンビニの領収書、今日は捨てるわけにはいきません。


PC1到着@8:59

【PC1〜PC2】
PC2のセブンイレブンをmasaさん、sudobanさんと一緒に再スタート。
ここからPC2のまでの約57kmはだらだらとした登りです。もしかするとこのコースで一番キツい区間かも知れません。
特に富士みちに入ってから最後の富士吉田までがキツそうです。


途中、上り坂ではmasaさんに置いて行かれ、下りで追い越し、調子に乗って写真を撮っているとまた追いつかれ、
そんなことをsudobanさんと何度か繰り返しながら僕の足はかなり消耗しています(^^;
それに長い登り坂が続くとお尻が痛くて痛くてまともにサドルに座れません。
この痛みさえ何とかなればもっと楽しめるのに。
そんなことをブツブツいいながら前方を走る二人にやっと追いつくと今日初めての富士山が・・・・・


でも何故か富士山は写っていない.....orz

富士吉田の街に入ってまもなく、突然後ろから”お早うございま〜す”だったか”こんちわ〜”だったか忘れたけど大きな声に驚きました。
何とTonyさんの迎撃です.....ってここは平塚から遙か離れた富士吉田ッスよ!
これが数々の伝説を生んだ”Tonyる”ってやつですね(笑)
参りましたm(__)m、&お疲れ様です!


上り坂でも平地のように走るTonyさん、なんで何時もそんなに元気なの?

やっとの事でPC2に到着@11:49
お尻が痛くて地べたに座り込むのも辛いです。
PC2で昼食を捕って、最初にスタートしたのはmasaさん、そして少し遅れてsudobanさんが続きます。
僕もsudobanさんに遅れること数分、走り出そうとした所に境川のmasaさんが到着。
速いッス!、僕らより30分遅れでスタートしたはずなのに差は20分程度。
なんか焦ってきました。
とりあえず写真だけ撮って僕も先を急ぎます。


境川のmasaさん@PC2

【PC2〜PC3】
ここからはだらだらと山中湖まで登らされて、最後に標高1120mの山伏峠が待っています。
途中、下っ腹が苦しくなったので途中の土産物屋で軽量化を図ります。
結局ここで10分のタイムロス。軽量化したからと言ってこの時間は取り戻せませんね(笑)
山中湖に到着したが富士山は既に雲の中でした。


山中湖

山中湖からはどうし道に入ります。そして最後の難所、山伏峠を通過。


山伏峠@標高1120m

前回山伏峠を超えたのは逆ルートからの富士山一周走行会のときですが、その時に比べたらこちらからのルートは全然楽ですね。
あの時僕は誓いましたよ。
もう二度とどうし道を西へ向かうルートは走るまいと(笑)
そしてここからは長い長い下りが続きます。
もう最高です!
この日で一番楽しい一時です。
この下りで一気にペースを上げて(Max69.4km/h)前をはしるmasaさんとsudobanさんを追います。
下りでは思いっきり踏みます。コーナーも華麗に攻めます(-.-;)y-゜゜
でも登りでは出来るだけのんびりと(笑)
PC3手前の坂をダンシングで駆け上がり(お尻いたのでシッティングできませんw)PC3に到着@14:54
最後の補給はガリガリ君。
いよいよ冷たいアイスが食べれる季節になってきました。
さて、コンビニのトイレで顔を洗ってPC3を出発しようとしたときにヲレさんが到着です。
確かPC2までは境川のmasaさんの方が前を走っていたはず。
ヲレさんの話ではどうし道の下りの途中でウェアー脱いで止まっていたとか....
メカトラブルだろうか?
まさか下りで熱くなってウェアーを脱ぐなんて事は無いだろうけど....
【PC3〜ゴール】
相模川を渡る頃から徐々に車の量が増え、ストレスを感じならがの走行が続きました。
途中、先にPC3を出発したTrek乗りさん(仮称)と頭にバンダナを巻いたバンダナさん(仮称)と一緒に渋滞の中を慎重進み、
Audax Japan 神奈川のスタッフの皆さんが暖かい飲み物やお菓子を準備して笑顔で待ていてくれるゴールに無事到着。
ゴールまでバンダナさんには長いこと牽いて貰い恐縮です。
別れ際、またお会いしましょうと握手した時の力強いグリップと清々しい笑顔が印象的でした。


ゴール@北八朔公園駐車場

その後ヲレさんも無事到着して、その後の仲間の到着を待ったが、身体が冷えてきたので4人で一足先に駅前に移動して食事して帰ることになりました。
それぞれの思いに浸りながらの楽しい食事でしたが、極度の疲労のためか、お腹は空いているものの途中で喉を通らなくなる始末。


中華料理「八戒」

自走で帰宅後、風呂上がりにビールに口を付けるも半分でダウン。
何とか制限時間内に無事ゴール出来たけど自分の体力の無さにまたまた凹まされました.....orz
一緒に走ったり、お見送りに来てくださった皆様、そしてブルベを運営してくれたAJ神奈川のスタッフの皆様に感謝いたします。

走行距離:232.6km(ブルベで走った距離:198.06km)  平均速度:23.6km/h  最高速度:69.4km/h 
ブルベ走行時間:9時間48分(グロス)  消費カロリー:7634kcal 

「BRM315青葉200km、体力の限界ッス(^^;【自走込みの232.6km】」への16件のフィードバック

  1. お疲れ様でした!
    最高速度69.4km/h…あり得ないッス。
    僕のバイクだとケイデンス200ってところでしょうか。
    最後まで前後10分くらいを走っていたわけです。
    ブルベの魅力は「単独走でも誰かと一緒に走ってる」です。
    また、行っちゃいましょう(^^

  2. お疲れ様でした。早いですね〜☆
    >何とか制限時間内に無事ゴール出来たけど自分の体力の無さにまたまた凹まされました...
    って、こんなに早くゴールして何をおっしゃってるんでしょうか(笑)
    そうそう、今度僕にパンク修理教えて下さい。

  3. お疲れ様でした!
    お会いできて嬉しかったです。
    しかし、モリさん速いですねー。
    CP1ですれ違ってからはもう後姿さえ見ることはありませんでした。
    最高速度も58km止まりでしたよ。
    やはりロードにスピードは叶わないのかなぁ。。。
    私は予定通り(?)12時間かけてゴールでした。
    また機会があれば後姿くらいは拝ませてくださいね!

  4. おつかれさまです。
    十分に練習できないまま参加されて走りきっちゃうところがさすがです。
    PC2ですっかり溶け込んでいたTonyさんは普通に参加してるのかと思ってました(笑

  5. お疲れ様でした〜。
    スタート地点でお別れした後は、モリさんの気配すら感じられないくらい離れてしまいました(笑)。
    いやいや、速いっすね。
    打ち上げ参加できなくて残念だったなぁ。

  6. お疲れさまでした!完走おめでとうございます。
    初ブルベとは思えないっす。
    次々といっちゃいましょうー。
    また、よろしくお願いします。

  7. ◇masa@あぁ、湘南のさん
    お疲れ様でした!
    僕にしてみたらシングル固定であの登りであの速度を維持できる事があり得ないッス(^^;
    想像以上でした。
    だから下りに賭けてみたのですが.....何をって(笑)
    やはり足に蓄積されたダメージは大きかったようで、途中で登っているか下っているのか
    感覚が麻痺してきて思わず後ろの路面を振り返って確認してましたから。
    折り返してからの殆どが単独走でしたが、目の前に仲間が見えない分、
    これはこれで自分に合ったペースで走れたかなって。
    それでも前を走っているmasaさん、sudobanさんや後ろを走っている仲間のことが気になりますね。
    それに同じブルベを走っている他の方との一体感も得られたし、良い経験をさせて貰ったな〜
    って感じています。
    ◇yoneさん
    お疲れ様でした!
    初参加、そして完走おめでとう御座います。
    本当はyoneさんと一緒に走りたかったのに、もう少し余裕を持って受付に集合してくれないとな〜(笑)
    今回、僕は悟りましたよ(笑)
    別に速くゴールすることだけがブルベじゃないって。
    確かに速くゴール出来ればそれなりに満足感は得られると思うけど、
    飯も喉を通らないほど消耗しきってのゴールってのもね〜
    もう少し気持ちと体力に余裕を持ってもっと楽しめる走りをしたいです。
    そん点yoneさんはしっかり楽しんだみたいだし。周りの人もね。
    次回一緒に走るときは釘を持参しないといけないね(爆)
    そうそう、富士山一周頑張ってね!

  8. ◇藤之助さん
    お疲れ様でした!
    こちらこそ嬉しかったです(^^
    なんか初めてお会いしたような気がしなくって(笑)
    しかし、MTBでの初参加、そして見事完走、素晴らしいです。
    ロードとMTBでは巡航速度がまるで違うし、登りだって不利じゃないですか。
    その分疲労の度合いも全然違う筈ですよね、
    僕には到底真似で出来ませんよ。
    こちらこそ今度MTBで牽いてください(嘘!)
    ◇ヲレさん
    お疲れ様でした!
    いやー、もう一杯々です(^^;
    これも30分遅れでスタートしたヲレさんのプレッシャーが有ったからだと思います。
    それにしても速いッスね!
    PC3ではマジ焦りましたよ。朝昼の牛丼パワーッスか(爆)
    週末の富士山一周、頑張ってくださいね。
    Tonyさん、普通に変です。
    あの余裕の走りを見せられるとモロ凹みます。
    でも素晴らしい魅力を持った楽しい方ですね!

  9. ◇こんさん
    お疲れ様でした!
    いや〜、ひさし振りにお会いできて、一緒に走れるかと思ったのですが....
    もっと余裕をもって受付してくれれば良いのに(笑)
    速い方達とご一緒するとついその気になって釣られちゃいますよね。
    これは多分罠ですよ(笑)
    皆さんのゴールを待たずに一足先に暖かい場所に移動しちゃいました(^^;
    で、こんさんの次の予定は?
    ◇tictacさん
    お疲れ様でした。
    そして有難うございます。
    何お仰いますやら、ですよ(^^;
    もうヘロヘロです。
    もっと余裕を持った走を心がけないとこれ以上の距離ではゴールにまでたどり着けそうに無いです。
    家に着いたは良いけど生ける屍状態でしたから、基礎体力が無いのでしょうね(笑)
    それに引き替えtictacさはやっぱりタフですね。
    翌日にブルベより長い距離走っちゃうんだから。しかもとんでも無い坂付きで(爆)
    こちらこそお手柔らかにお願いします。

  10. 400はモリさんに任せました(笑)
    道中ご一緒いただきありがとうございました。
    辛かったですが終われば楽しい思い出ですね。
    富士山一周よりもこちらが楽でしたか。。。

  11. 通りすがりのTonyです(笑)
    突然お邪魔して申し訳ありませんでした。
    短い時間でしたが、お会いできて良かったです。
    お疲れ様でした!

  12. 私のブルベ7回の経験からすると、「タイムを考えるなら、PC以外はノンストップ」なんですよ。止まっていいのは、masaさんとtictacさんとtanyさん。そう、長野600のワンツースリーです。
    でも楽しみながら走るのもブルベですからね。次の沼津400はのんびり行きましょう。青葉300よりは楽ですよ(笑)。初ブルベの青葉200で10時間を切れたのだから楽勝ッスよ。
    >下りで熱くなって
    頭の中はカッカしてました(爆)。ヲレさんが通り過ぎたのも気がつかなかったですから。

  13. ◇sudobanさん
    走り始めは楽し、そしてだんだん辛くなり、ヘロヘロの状態でゴールしてみれば何となくホッとして、時間が経つと満足感がわいてきますね。
    だから”ポチッと”するんでしょ(^^;
    僕にとっての富士山一週はかなりきつかったです。
    いっしーさんがいなかったらDNFだったでしょうね。
    もしかして富士山一週エントリーしてたりして。
    ◇Tonyさん
    驚きましたよ。”トニる”
    もうTonyさん最高です。
    これってブルベでは名物なんだそうですね。
    今度はどこで会えるんだろう(^^
    楽しみです。
    Tonyさんこそお疲れ様でした!

  14. ◇境川のmasaさん
    長野600か〜、僕はお見送りしただけだったけど思い出深いイベントでした。
    ブルベを走ってみたいと本気で思ったのがこの時でしたから。
    スタートする前の皆さんの屈託の無い笑顔が今でも脳裏に焼き付いていますよ。僕は何故か緊張していました(笑)
    で、今回2度目(前回は非公式)でしたが、次回はタイムを気にしないで確実に完走すること意識して、且つ楽しんで走れればと思っています。
    でも、遅いくせに追走する癖があるみたいで(^^;
    masaさんとはいつご一緒出来るんだろうか・・・・

  15. モリさん、完走おめでとうございます。
    なるほどゴールの駐車場は明るいとこんな雰囲気だったんですね(笑)
    またご一緒しましょう(^^)

  16. ◇tetsuさん
    有難うございます。
    そしてお疲れ様でした。
    富士山一周の時のイメージが有ったので明るいうちにゴールできるなんて思ってませんでした。
    もっとも、僕らは7時スタート組でしたからね。
    tetsuさんは膝の方が心配ですが、じっくり直して次に備えましょうね(^_^)b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です