爪木崎@下田

ただいま伊豆に帰省中
92歳になる祖母のお見舞いで下田に来たついでに、爪木崎の水仙を見ようと足を伸ばしてみたけど、
まだ少し時期が早かったのか、あいにく一面満開には至っていなかった。
今日は風が強く気温は10℃そこそこだったけど日差しが強かった分暖かく感じられた。
そして満開の菜の花の中に入ると黄色い花と薄緑色の茎にあたった陽光の反射で、それだけで暖かく感じられる。

伊豆はもう春です

…..んな訳ないッスね(^^;


菜の花満開

そのまま南伊豆を回って西伊豆へ出ると、もう風は半端じゃなく強い。
冬になると西伊豆は西風が吹きッさらすんですが今日の風はそんなレベルじゃありません。
カメラを構えても風で身体が煽られてアングルが全く決まらない。
今回は自転車持ってこなかったけど、もし自転車だったらとてもじゃないけど走れやしませんよ。
下手したら崖下へ真っ逆さまだよ。


あいあい岬

伊豆一周した連中はこの道を走ったんだな〜
こうやって車で走ってみると無駄なアップダウンの連続に唖然とさせられる。
いくら景色が良いとは言っても湘南から夜通し走って来てこの坂の連続じゃ〜ね。
みんな凄いや。

今年はこれが乗り納めだろうか・・・・

そう考えるとしっかり乗っておきたいところだが、あいにく今日は時間がない。
買い物がてら背中にバックパックを背負って江ノ島方面にいつもとは違うルートで漕ぎ出してみた。
暖かかったですね〜
走り出してまもなく我慢できなくてウィンドブレークジャージを脱いで、
半袖ジャージの下の2枚重ねの長袖のインナーを捲りあげて、ヘッドウォーマーも外しちゃった。
指切りグローブでも良いくらいだったな。
夏用のレーパンでも良かったか(笑)


坂の上からの七里ヶ浜沖

X’mas eveですよ、今日は。
雪でも降らなきゃ若いカップ達の盛り上がりにも欠けるってもんでしょ〜
ま〜自転車漕いでるオヤジたちには最高のX’masですね。
海岸線に出るまでは本当に気持ちよくって良いペースで走れたけど、江ノ島でUターンする頃には強烈な向かい風。
おまけに途中で3kg以上の重りを背負っちゃったから帰宅することには腹も空いてヘロヘロ。
なんとも冴えない一年の締めだな。

走行距離:44.5km  平均速度:24.5km/h  走行時間:1時間49分

2007年もまもなく終わりと言うことで少し早いですが今年1年を振り返ってみた
このブログを立ち上げたのは2006年の5月
元々はDschsDBの管理人、reonmamaのための物だったが、昨年の8月に末に自転車通勤の目的でMTBを買って、
その翌月に無理してロードレーサーにまで手を出してしまった事を切っ掛けに僕専用の日々の自転車生活を綴った内容にに変わってしまった(笑)




初めてロードレーサーに跨って踏み出したときの感覚は衝撃的でした。
自転車自体の軽はもちろんだけど、自分の足でも軽々と40km/h以上までスピードが出せちゃう。
自分の知っているこれまでの自転車のイメージとはまるで違っていた。
正に風を切って走るっているって感じで、思わず頬が緩んじゃうくらい気持ちよかった。
その頃は自分で好きなように走っているだけで楽しかったな〜
何の目的もなくただ走る、ただそれだけでね。
別にレースに興味が有った訳でもなかったし、他の楽しみ方を知っていた訳じゃ無いからかも知れないけど。
ネット上で情報を収集していくとロードレーサーの奥の深さに更に驚いた。
ロードレーサーで100km以上走るのはごく普通のことで、自動車がエンジンを唸らせて上がっていく急な上り坂だって走っちゃう。
なかには通勤で往復100km以上走っちゃう人までいる。
走る距離は徐々に増えたとはいえ、せいぜい50km程度で喜んでいた自分にとってはまるで別の世界の出来事のようにしか思えなかった。
前にもこの場で書いたけど、とらさんとの出会いから自転車とブログで繋がった方々と知り合うことが出来た。
これが今日の自転車に執心する切っ掛けとなったわけだ。

続きを読む


赤レンガ倉庫

この時期、例年だと定時で職場を離れるなんて考えられないけど、今年はちょっと様子が違うな〜
いいのかよ!こんなことしてて。
このつけが1月以降にやってるのは目に見えているけどね。
と言うことで18時過ぎに職場を出発して少しだけ遠回りしてみた。
今日は今週でも一番暖かかったんじゃ無い?
走り出したら暑くって袖まくりながら走っちゃった。
そりゃそうだ、半袖の肌着、ユニクロのヒートッテック、その上にタートルネックのセーター、
そして仕上げに薄手のウィンドブレークジャージだからね。
平戸桜木道路でみなとみらいへ
普段、自宅と会社の往復だけではなかなか目にすることが出来ない夜景を楽しもうと、ちょっとお上りさん気分ッスね(笑)
街はもうX’max一色
明日からの3連休を前にして夜景を楽しむカップルやカメラを持った人で一杯だった。
そんな中、レーパンにヘルメット姿の怪しいオヤジは人目を気にすることなく・・・・・
よく観る絵だけど自分の目で見るのもいいッスね。
そう言えば自転車でみなとみらいに来るのは始めてだ。
こんなに近いのにね(^^;
これからは定番ポイントかな。
帰りは”あぶない刑事”が走り抜けてきそうな怪しい路地を抜けて帰宅です。


日本丸の舳先にはMerry Christmmasのライティング



12月12日
双龍に届ける荷物があったので仕事を終えてから夕食がてら双龍にお邪魔した。
店内では丁度とらさんと大将さんが晩酌をしているところだった。
所用をすませ夕飯をご馳走になり3人で談笑しているととらさんの携帯が鳴った。
ikedaさんからだった。
するととらさんが僕の方を見てikedaさんからの電話を手渡してきた…..
何だろう?
電話の内容はというと「12月15日のTOKYO エンデューロに助っ人参加してくれませんか?」とのこと。
エントリーしていたnice1さんが先週の伊豆半島一週ランの時に落車で怪我をしたためにその穴を埋めなければならないからだった。
先週から膝の調子が良くないし、あまりにも急な話に最初は気乗りがしなかったが、
大将さんととらさんからのプッシュもあり、折角だから参加させてもらうことにした。
今年最後のレースになる「TOKYOエンデューロ2007 X’mas Edition」にはTeamS.S.Rとして、
2時間チーム混成にとらさん、keikoさん
2時間ソロにふぉあぁさん
そして今回は応援にまわった「た♂くん」
同じく2時間ソロに境川のmasaさん
4時間チーム混成にikedaさんCarmenさんモミアミモさん、僕が出場する事になる。
そしてTeamS.S.R以外にも、
4時間チーム混成にもゆともさんこづゑさん
4時間ソロに潮こんぶさんおいちゃんもエントリーしている。
出場する以上は精一杯頑張って楽しみたいし、何よりもエントリーしている他のメンバーの足を引っ張るような真似はしたくない。

続きを読む


先週に引き続き今週もTeamS.S.Rの本部である双龍の朝練に参加しました。
しかし今回はもっと大きな目的がありました。
双龍CYCLE SPORTS誌からの取材を受けることになったからです。
取材と朝練とどっちがメインかって?
もちろん取材ですよ。….練習に決まってます!
我々自転車仲間のハブスポットである双龍が自転車雑誌の取材を受けるなんて、双龍に集まる僕ら仲間にとってこれほど目出度い日は有りませんからね。
掲載されるのは1月20日発売の2月号の誌面
〜ライダーズテーブル RIDER’S TABLE
自転車乗り御用達の飲食店
取材が開始される時刻は14時だからその前にいつものコースを軽く流します。

続きを読む

ここ最近は寒さが増してきたので何を着て出かけようか迷ってばっかりで走り出す前に折れちゃう。
そんな訳で久しぶりの自転車ですが今日はTeamS.S.Rの本部である双龍の朝練ですから気合いが入ります。
途中のコンビニで時間調整して7時20分に境橋(境川と厚木街道が交わるところ)に到着すると
すでにみんな集まっていた(^^;
今日のメンバーは、大将さん、キムさん、とらさんmasaさんsudobanさんヲレさんモモアミモさん、takkunさん、yoneさん、OPEさん、UEさん、あるちゃんさん、そして今回お初のTACHIさん
ここで一番気合いが入っていたのが双龍の大将さんッスね。
新調された Shamal Ultraもそうですが、12月の早朝に半パンはあり得ないッスよ(爆)
気合いが入ったところで、ここからいきなり1000mのタイムトライアル
タイムは覚えていないけどゴールと同時に気持ち悪くなり、そこから境川CR脇の遊水地まではこみ上げるものを押さえながら走る羽目に。
でも朝の冷たい風が火照った体には心地よかった。

1000mタイムトライアルのスタート地点

続きを読む


気持ちいい朝でした。
こんな清々しい朝は床屋さんでさっぱりするに限ります。
本当は自転車で出かけたかったけど、少々前髪が鬱陶しくて我慢できずに床屋へ直行しちゃった。
整髪が済んでから自転車にまたがって家に戻る間も12月にしては暖かく感じられる陽気だった。
今日は久しぶりにレオンをつれて少し長い距離を散歩しようと車で出かけることにしていたので自転車はお預けです。
ここのところ何処にも連れて行っていあげてなかったからね。
でもどちらかと言うとreonmamaの方がストレスが貯まってるみたいで….(^^;
で、今日は5kmほどレオンと一緒にお散歩
レオンはちょっと疲れた様子で帰ってきてからはケージの中でグッスリ眠り込んでいた。
大きないびきまでかいちゃって。
最近運動不足なのに一気に長い距離を歩かせ過ぎたかな。