昨夜yuzitoさんからメールを頂いた。
「・・・ 明日、いつもの山道走ります。 ・・・ よろしかったらご一緒しませんか? ・・・」
↑これ、前日のエントリーと全く同じ書きだしだね。
嬉しいですね〜
土曜日は仕事で全く乗れず、人が走っているところを見ているだけだと精神衛生上絶対に良くない!
日曜日は所用もあるし長くは乗れないし、あいにく午後から雨も降り出しそう。
一端雨が降ってしまうと折角のトレイルが泥だらけになって当分は走れない。
それにyuzitoさんのトレールの走りを見ることが出来るしね。
即答ですよ!
前回の初トレイルの時にSPDペダルをフラットペダルに交換して走ったんだけど、まだ比較的なだらかな所なら問題なかったが、起伏が激しい下り、特に岩の大きな段差から駆け下りるとき等は強烈な衝撃のためにペダルから足が外れてしまって自転車から落ちそうになった。
で、朝何度も悩んだけど、結局今回もフラットペダルのまま走り出した。

待ち合わせ場所

続きを読む

昨夜sudobanさんから電話を頂いた。
「明日のBRM922長野600kmのお見送りに行きませんか…..」
今回のブルベ【BRM922長野600km】は今年最後だし沢山の仲間がエントリーしている。しかもスタート地点は座間市の水辺公園だから双龍からも目と鼻の先だ。折角だから本当は自分もお見送りに行きたいと思っていたのだが、あいにく今週と来週の土曜日は何故か仕事のため泣く泣くお誘いをお断りした。
でも翌々考えてみるとブルベのスタート時刻は朝の7時、自転車ではなく車でなら何とか仕事に間に合うかも知れない。
朝5時前に何とか飛び起きて6時待ち合わせの双龍へ向かった。途中、コンビニでサンドイッチを買い込んでいると同じようにサイクリストのカップルが朝食を摂っているところだった。この方達もブルベに参加するのかな。まさか女性の方も600kmを走っちゃうんだろうか….
双龍には20分前に着いてしまったので駐車場で早めの朝食。
この時間、気温はまだ24℃で朝の空気が清々しい。日中もこれくらいの気温ならブルベを走るみんなも道中爽やかで気持ちの良いライドになるんだろうけど、あいにく今日も30℃を越えそうな予報。せめて雨だけでも降らないと良いのだが。
大将さんが店の中から双龍Tシャツを着たまま眠そうに出てきた。ってことは今日は自転車じゃ無いってことですね。
それから暫くするとsudobanさんも到着。こちらは走る気満々です。
早速スタート地点の水辺公園に向かいます。

水辺公園には既に多くのブルベ参加者達が集結していた。ざっと30名近くいるだろうか。
masaさん@あぁ、湘南の夜は更けて…の顔も見える。
そして多分あの方が境川のmasaさんだ。
僕は境川のmasaさんとは一度もお会いしたことが無いので早々にsudobanさんに紹介していただく。
ブログお父さんのマリポタ日記。のイラストのイメージとはまるで違ってもっと引き締まった感じの方でした。
それから「0630神奈川グランフォンド200km 」にご一緒したnoahponさんと、この時唯一、しかも小径車で完走を果たされたリュウさんのお顔も。
その後もゆともさんhiroさんも到着。
みんなこれから600kmのロングライドを前にして何を考えているんだろうか。もう一度脳内ルートを復習でもしているんだろうか。緊張はしていないのだろうか。もし自分が参加者なら600km走る事への不安と戦っている所だろう。
参加者の中には先ほどコンビニで見かけた女性以外にも白髪の女性もいた。見た目からすると少なくとも僕よりは10歳以上は上に見えるが…..
 600km・・・・・
なんか自分の感覚が麻痺してきそうだよ。
よいよブリーフィングが始まったて参加者全員が一点に集まりだした。
なんだかみんな格好いいよ!端で見ているこっちが緊張してきたぞ。
そろそろ車検が終わり、スタート間近というときになってもう一名現れました。
いっしーさんです。何とかスタートには間に合いました(^^;
朝7時、特にかけ声も無いままそれぞれスタートしていきます。
最初に走り出したのは白髪の女性ライダーだった(^^;
これから40時間、24日(日)の23時までに何人のブルベ戦士が600kmを走破し、ここ水辺公園に戻ってくるのだろうか。出来ることなら全員無事にゴールして貰いたいものだ。
↓こちらは境川のmasaさんが【BRM922長野600km】のルートを地図にした物
  <クリックで拡大>

いつもながら素晴らしい

先日、yu-jinさんのブログで舞岡公園が紹介されていた。自宅からも近いしMTBでちょこっと散策してみるのも良いかな〜と思い昼から出掛けてみることにした。
途中入り口が判らず大回りしてしまったが、やっとそれらしい所に到着。

先生!どうッスか、この角度(^^;

公園内に入って少し進むと所々に未舗装の脇道があり誘われて中に入っていくとなかなか雰囲気のいいトレールが延びていた。やったね!初トレールだ。

続きを読む

ここのところパンクが多いな〜

8月12日 富士あざみラインの帰りに前輪のチューブがバースト(1回目)


8月19日 後輪パンク(2回目)


8月19日 後輪パンク(3回目)


9月15日 後輪パンク(4回目)


9月15日 後輪パンク(5回目)

1ヶ月ちょっとで計5回、その間の走行距離は約670km
果たして多いのか少ないのか・・・・
自分の感覚では随分多いと思うんだけど。
不安になったので今回のパンクも含めて振り返ってみました。
8月12日の前輪のバースト(1回目)は多分炎天下に放置したこと+α
8月19日の後輪パンク(2回目)はチューブの貼り合わせ目に小さな穴が空いていたが原因は不明
8月19日の後輪パンク(3回目)はリムフラップが若干ずれて、リム内のニップルを固定する貫通穴の縁でチューブに穴が開いてしまった。
今考えればこの時点でリムフラップの状態にもう少し注意をはらっておくべきだった。
9月15日の後輪パンク(4回目)と(5回目)は共に接地面(タイヤ側)ではなく、ホイール面(リム側)の穴で、貫通穴の位置にピッタリと一致するので、これも貫通穴の縁でチューブに穴が開いた物と思われる。
実際にチューブの穴の位置にあるリムの貫通穴を確認してみると、他の穴より明らかにリムフラップがずれていて、貫通穴の縁まで見えている。

後輪の貫通穴とリムフラップのズレ

前輪の貫通穴は左右互い違いにオフセットしているが、後輪は全ての穴がフリーとは反対側にオフセットしている。自分のホイールを見る限り、前輪にしろ後輪にしろ、どちらもリムフラップの少しのズレで貫通穴から外れてしまいそうだ。
実はこれは今回初めて気づいたことではない。
自転車を買って一番最初にパンク修理したときから多少の不安を感じていた。
リムの幅に対してリムフラップの幅が狭すぎるんじゃないかな〜って。
でもその時点ではこれ程までに際どくはなかったし、それに「元々ショップで組んだ時から付いている部品だから間違いはないだろう」と思っていたのでそのままにしてあった。
だから、長く使っている間に高圧によりリムフラップが変形して今の状態になってしまったんだろうと。
そして今日、リムフラップを買いにショップへ行ってきた。店長さんに自分のホイールに合うリムフラップの幅を聞くと、シマノなので18mmの物を選んでくださいと言われた。
自宅に戻り、早速元のリムフラップを外して幅を計ってみたら何と16mmだった。
重ね合わせてみても明らかに違う。
赤いのが元々付いていた16mm
緑が今日買ってきたVittoriaの18mm

赤16mm:緑18mm

ホイールの内側の幅に対して赤(写真は前輪)は遊びがあるが、緑(写真は後輪)は全く遊びがない。

この差は歴然だ!

こうしてパンク大魔王は僕の所に降りてきましたが、次は一体何方の所に降りるのだろうか・・・・

昨夜ファンライドの自転車動画配信サイトを覗いたら『横須賀、海と歴史のコース』の中で『浦賀の渡し船』が紹介されていた。
浦賀港の西岸と東岸を結ぶ渡し船で、自転車を乗せて渡ることもできる。
浦賀の渡し船を知ったのは03月10日の三浦半島一周、決して無理をしないオフ会の時だった。あの時のオフ会は僕が自転車に乗り始めて初めて参加した思い出に残るオフ会だ。
何せ、ブログ等で知り合った70名もの自転車海苔が参加した一大イベントだったからね。
その日、浦賀港を西岸を走っているとき海の方から僕らを呼ぶ声が聞こえた。
オフ会に参加した仲間達が自転車と一緒にこの渡し船で着岸するところだった。
こんな楽しみ方もあるんだと感心すると同時に思わず笑っちゃたよ。
それ以来、いつか自分も乗りたいと思ってたんだけど、なかなかその機会がなくって。
どうせなら僕がしらない三浦半島をのんびりとポタしようと思い、オフ会の時の2番目の集合場所だった横須賀港のヴェルニー公園から右回りで三浦半島を廻ってきた。
自宅を6時過ぎに出発して、比較的ゆっくりしたペースでヴェルニー公園に到着。途中のコンビニで買った朝食を公園のベンチで食べながら雀としばし戯れながら写真でもとカメラの電源を入れたら・・・・・
電源が入らない…..(^^;
しつこく何度も電源を入れ直したら電源が入った!
と思った瞬間に液晶ディスプレーに「バッテリーが無くなりました。」と表示してそのまま逝ってしまった。
と言うわけでこの日の写真は全て携帯電話で撮る羽目になった。

続きを読む

自転車に乗り始めて最初に買ったアイウェアーが『OGK ビナート3』
スペアレンズが3枚(スモーク、イエロー、クリア)とケースが付いて3000円程度だから即飛びついたが、そこは安価なためかレンズの歪みが気になった。最初は変な感じだったけど慣れちゃうとそれ程苦にはならなかった。目に良いとはいけないけど、元々この手のスポーツグラスはレンズが湾曲している分、多少は視野に歪みが生じる物と思っていたから。
ただ、天候や明るさに応じてレンズを交換できるのは良いのだが、このレンズ交換が結構面倒で、夜明け前、日中、夜間と連続して使う場合は、最悪2回のレンズ交換を強いられる。汗をかいた指でレンズを触れれば油が付着してそのままでは気になって掛けられたもんじゃない。
どうせなら調光レンズのアイウェアーが欲しいとずっと思っていたら、ある日、アイウェアーを地面に落としてしまい、レンズの視野の中心付近に大きな傷が付いてしまった。しかも一番使う頻度が多いスモークのレンズに。
で、新たに購入したのがアルピナの調光タイプ。


ALPINA TWIST TWO
◎ 仕様
・フレームカラー:ティン
・レンズカラー:ヴァリオオレンジ
・レンズ:Varioflex(調光レンズ)
・機能:テンプル角度調整機能/ノーズ調整機能

デザイン的にも自分の好みだったし、価格も10,000円そこそこで、視野の歪みも以前の物ほどは無かったので結構気に入ったんだけど、一番気になっていた調光の度合いがどうもどうも納得いかない。
真夏の晴天下だろうが、暗闇の中だろうが、殆どレンズの濃さに違いが無いないからだ。

『調光レンズとは、光、特に紫外線があたることで一種の化学反応が起こり、レンズの色が濃くなる。逆に暗いところだと減色する。』

↑これ間違ってないよね〜?
勿論、調光の度合いにはレンズによって多少の違いが有るのは判るが、これほどまでに違いが分からない物が果たして『調光』と堂々と謳ってもいいものだろうか…..

暑さも一段落しそうだし、自転車通勤には良い季節がまたやってきたかなって感じ。
だから今週は多少の雨でも通勤しちゃおうと決めてみた。それ程長い距離じゃないから今週だけとは言わず、ずっと続けても良いんだけどね。
それに数日車で通勤しちゃうと、自転車に乗った時に何となく足が怠く感じるので出来るだけ自転車で通勤したいし。
朝起きると予報通りの雨。
自宅から職場までは結構急なアップダウンがあるのでロードレーサーでの雨天時の走行はブレーキは効かないわタイヤは滑るわで少々怖い。
だから今朝はMTBにしてみた。
いつもの簡単な朝食(リンゴx半分、ヨーグルト、コーヒー)を済ませて、レインウェアー上下を着込み、ノートPCが入ったバックパックには内蔵されているレインカバーを被せて準備万端。
・・・・と思ったが、ここで一つ問題が起きた。
足だ!
今更ながらレインシューズカバーを持ってない事に気づいた….orz
このままカバーなしで走れば職場へ到着する頃にはSPDシューズの中はグジョグジョ。ちょっと恥ずかしいけどスーパーのレジ袋をSPDシューズに被せて雨を凌ぐしかない。
慌てて準備した為かレインウェアーの中の上半身は既に多少蒸した状態で素肌とウェアーが接する部分はそれなりにべとつく感じがする。
ゴアテックスなんて高くて買えないしね。
それに、あまり長い距離を走る訳ではないと思ったから、携行のしやすさも考慮して、防水透湿素材を使用した自転車用レインウェアーを選んではみたのだが、やはりゴアテックスのレインウェアーには及ばないのだろう。
しかし自転車用だけあって、それなりに機能的な作りになっているのは嬉しい。値段もそこそこするので当たり前なんだけど。
雨の中実際に走ってみると、気温が低いためか室内にいるときほどの不快さは感じなかった。
しかし顔はずぶ濡れ。信号待ちしているとアッと言う間にアイウェアーが曇って何も見えなくなる。
・・・・で、またここで問題が起きた。
足だ!

左シューズカバーが外れそう…orz

慌てて適当にレジ袋を被せたため、レジ袋が空気をはらんで膨らみ、ペダルを回す度にレジ袋とクランクが擦れてカシャカシャと音がする。これが結構大きな音で歩行者の脇を通過するときには恥ずかしい。
しかも左のレジ袋が外れかけてきた。信号待ちの交差点で歩行者が見ている中、外れかけたレジ袋をもう一度被せ直してその場を逃げるように走った。
足下の保護さえしっかり出来れば暴風雨にならない限りは自転車で通勤出来そうだな。
復路は路面も乾いて気持ちいいライドとなったが、半袖では少し肌寒く感じるほどだった。
暑いときにはそれ以上に薄着は出来ないけど、これから気温が徐々に下がるにつれ、その日のウエアー選びに悩まされることになるだろう。

今週はずっと芳しくない天気予報。
休日は殆ど乗れなかったから、今週は雨の合間を見ながら出来るだけ自転車通勤することにした。
会社にレインウェアーを置きっぱなしにしてあったから最悪降られても何とかなるしね…
出掛け際、雨は降っていなかったが会社に到着する寸前にいきなり降り出した。
濡れることは無かったけど湿度はかなり高かったのでそれなりに汗だくだけどね。
日中何度かザーっと降ったけど夜退社するときには雨はやんでいた。
たまたま明日は仕事上急にHDDが必要になったので帰り際に近くのヤマダ電機に少し大回りして帰ることにした。
雨は降っていなかったのでそのまま走り出したらポツポツと来ちゃったよ(^^;
まーこんなもんでしょ、と諦めて先を急いだ。
買い物を終えて外に出てみると小雨程度だったのでのんびりと家の方に向う途中、国道1号の交差点で信号待ちしていると、脇の暗がりで一人のローディーが何かモゾモゾやっていた。ローディーとは言っても短パンにTシャツ姿でヘルメットも被っていない。年の頃は僕と同じか少し上だろうか。
どうもチェーンが外れたようだ。所がかなりこずっているようで頭を傾げている
気になったので「大丈夫ですか?」と声を掛けてみると、「チェーンが外れちゃいました」と…..まー見れば判りますけどね。
よく見るとフロントディレーラーのガイドとインナーとの間にチェーンが挟まっていた。
その方曰く「これを中側にずらすにはどうすれば良いでしょうか…」、つまり、フロントディレーラーをインナー側に変速するにはどうしたらいいでしょうか?の意味…..
まるで今さっき、初めて自転車を手にしたような質問にちょっと拍子抜け( ̄□ ̄;)
で、左のSTIを操作してあげて無事チェーンを掛けることが出来た。
初めて自転車海苔の為に役立つことが出来た自転車通勤日となった。(^^;
明日朝も雨が降っていなかったら自転車通勤だ!

暑さも今週で終わりだろうか。
結局今朝も起きたのが8時前。
既に気温は27℃を超えていた。
なんか怠くってととても動き出す気にはならなかった。
今日も自転車乗らずじまいかな〜なんて考えていたらフッと思い立って、昼前に家の用事を済ませ昼食後にポラーの保冷ボトル(20oz)を買いにサガミサイクルへ行ってきました。
大分前から買い換えようと思っていたんだけど、あいにくいつも品切れ状態。送料払ってまで買う気もしなかったし。
もう夏も終わろうって言うのに何で今更保冷ボトルなんぞを…..
理由は今まで使っていたボトルが気にくわなかったから。
別に飽きた訳でも、勿論水が漏る訳でも無いんです。
補給の度にボトルの蓋を開けてみると透き通った水の中に黒い物が浮遊しているんです。
カビですね。
使う度に綺麗に洗浄してはいるけど、すぐに中がカビちゃうみたいで、知らぬ間にそのカビも一緒に飲んじゃってるわけ。
なんか気持ち悪いし、それに身体にも悪そうじゃないですか。

ポラーの保冷ボトル(20oz)

で、肝心な自転車はサガミサイクルを往復したのみで終わり。
夕方前から用事もあったしね。

昨夜はお握りを4個を作って早朝ランの準備は万端のはずだったが、それ以上にワインを飲み過ぎていたことをすっかり忘れていたよ。
お陰で目が覚めたのが9時少し前。
台風一過のせいか、朝から夏がぶり返した感じだ。
こうも気温の変化が激しいと体調にも良くないし、モチベーションも今ひとつ上がらない。
って事で、それから着替えて走り出す気にはならなかった。

レオンはベランダに干した座布団の上で日向ぼっこ

結局一日部屋でダラダラと、
夕方からマンションの理事会もあるし….
で、今夜はブイヤベースに赤ワインだ!
魚介類に赤ワイン?
僕は白より赤が好きだから。
そしてまた、生協のフランスパンにバターつけると赤ワインに合うんですよ(^^
明日は少しは涼しいだろうに….起きれるだろうか(^^;