0
TEIN Flex Z

NDで唯一気になる点がタイヤとフェンダーの隙間です。
デザインや全体のバランスをみても何とも残念です。
車高は十二分に低いのだからこの辺の見た目も考慮して欲しかった思っているのは僕だけではないはず。

指4本

かと言って、純正の脚の出来は素晴らしく、この乗り味を捨てるには勿体無いので今以上にサスペンションを弄るのは躊躇していたけど、最近の車高調はメーカーによっては価格も安価だったり、硬さも様々で見た目を優先して純正と変わらない乗り心地の物も少なくないらしい。

先日、夜遅くに帰宅すると、季節外れのクリスマスプレゼントさながらに、玄関の外に大きな段ボール箱が放置してありました。
雨も降っていたので家の中に入れようと持ち上げようとしたら、あまりの重さに腰を庇ってしまうほどでした。

問題重さだけではありません。
ダンボール箱のままだとトランクには到底入り切らないサイズなのです。普通の車なら問題にならないサイズでもロードスター、特に現行のNDはトランクの間口が極端に狭いので、箱物は要注意なのです。後部座席もありませんし、もちろん助手席にも収まりません。しかし、幌を開けば助手席に座らせてシートベルトで固定すれば何とか運べます。で、トランクには予定通りフロアジャッキ、馬、パンタジャッキ、工具箱、トクルレンチ、ラチェットセット、他諸々を満載して作業場所まで向かいました。助手席から大きなダンボールが上に突き出ているさまは、街なかでは異様ですね。マネキンとかならオシャレなのかもしれませんが、それ
はそれで怪しいです。

1-2

では早速作業に取り掛かりましょう。
手順を写真に記録しようと思いましたが、面倒なので止めました。と言うよりそんな余裕などありません。16時からアライメント調整の予約を入れていたので、15時までには終わらせるつもりでいましたが、作業にかかりだしたらもう大変。気温も上がり、立ったり中腰になったり息を切らせながら動き回ったおかげで全身が汗でビッショリになってしまいました。このままショップに出向くわけには行かないので、シャワーを浴びる時間も考慮すると、更なる時間の制約が増します。

先ずはリア側から

トランクの内張りをすべて外して鉄板とアルミ板をむき出しにします。
トランクの左側には燃料タンクへの配管をカバーしているアルミ板を外す必要があります。(写真はありません。チョロい作業です)
リアのショックのアッパーマウントはボディーにそれぞれ2本のナットで固定されているので最初にこれを緩めておくのですが、工具が入りにくい構造になっているので作業に手こずりました。奥側はラチェットなんて入りませんので手持ちの14mmのメガネレンチを使ったのですが、柄が短いので力が入らなかったのも要因の一つです。

左右のホイールのナットを軽く緩めてからフロアジャッキで持ち上げて馬を掛けるのですが、途中でジャッキと車体が滑ってしまってって再度掛けなおそうとジャッキを下げたら、何と右側の馬を中途半端にかけた状態のまま車体を下ろしてしまったために、それはそれは悍ましい音を発しながら運転席側のドアの下にハメ込んであるボディー同色の樹脂のアンダーガードみたいな部品が馬にむしり取られてしまいました。

はい、三万円ですw
あぁ〜やってもうた〜w はい、三万円ですw

これには思わず声を上げてしまいましたよ。
今までの滝汗がウソのように冷や汗となって流れ落ち、しばらく口を開けたまま呆然と....

しかし、ここで悔やんでいても仕方ないので、気お取り直して作業を再開しました。

ジャッキアップしてリアタイヤを外したら先ずはスタビライザーのリンクを外し、次にオートレベライザーアジャストロッドを短いものに交換します。これは車高が下がったことで車体が前上がりになったと判断されてヘッドライトの光軸が下方を照らしてしまうのを避けるためです。ヘッドライトの光軸調整でも可能なのでしょうが...

次はいよいよサスペンションを取り外すためにナックルとサスを固定しているボルトを抜きます。17mmのソケットレンチで簡単に緩みますが、最後はナックルをブレーキディスクごと押し下げてあげないとボルトが抜けません。ボルトが抜けたら最初に緩めておいたトランク内のアッパーマウントの固定ナットを外せばサスペンションは下に落ちてきます。一度ドライブシャフトとの隙間に落とし込んで上に抜き上げれば簡単に外せます。外れたら逆の手順で取り付けていくわけですが、全てのナット類を本締めする際には、ブレーキローターを目的の車高になる高さまでパンタジャッキで持ち上げて本締めします。いわゆる1G締ってやつですね。

2

各部の本締めが終わったら狙った車高に微調整していきます。
メーカーの推奨値はフロントが4センチでリアが3.5センチなのですが、今回は1センチ高めのフロントを3センチ、リアを2.5センチにしてみます。見た目的にはメーカー推奨値が一番かっこよく見えるのかもしれませんが、あまり下げすぎると2名乗車時にリアに余裕が無くなりそうに思えたのと、それにあまり下げすぎて下品になってしまうのは避けたいので。

取り付ける前に予めシートロックのリングは本締めしているので、スプリングを回転させてシートロックとブラケットロック間の距離を目的の車高になる長さに調整して、最後にシートロックのリングを本締めしすれば作業はほぼ完了です、反対側も同じ要領で作業します。当然各部のネジ類は全て基準トクルで固定します。

3

次はフロント側です

基本的な作業はリア側と同じですが、フロントの場合は少し面倒な作業が増えます。それはサスを抜き出す際にアッパーアームが干渉するからです。なのでアッパーアームの付け根の2本のボルトを完全に抜き取る必要があります。ここまで外すとなると我ながら少し不安に駆られたりもしますが、流石に加工や組付け精度が良いだけに、それほど苦労もせずに外すことが出来ます。

4

ま〜こんな感じで自分で交換してはみましたが、作業時間は昼食も食べずに約4時間半を要し、シャツからズボンまで汗ビッショリになって作業を続けた結果、途中で体調を崩してしまいました。首筋から頭にかけての痛み、吐き気、目眩、四肢の痺れ、等など…熱中症でしょう。
16時から予約していたアライメント調整もキャンセルして暫くベッドに入って布団に包まって横になっていたら多少は回復したけれど、夕飯もほとんど喉を通らず、結局寝る直前になってようやくお腹が動き出したようで、カップ麺を流し込んでベッドに転がり込みました。

1-3

作業をショップかディーラーに任せておいたほうがよっぽども安上がりだったな。
体調だって崩さずに済んだわけだし...

1

先日、エンジンをかけたら初めて見るオレンジ色のサインがメータ内に表示されて一瞬焦ってしまった。前回のオイル交換の際に次回オイル交換を7000キロに設定しておいたので、残り500キロとなった時点でメンテナンス時期を知らせるサインが表示されただけだった。

そろそろオイル交換の時期になるので購入しておいたのは純正のペール缶(20L)。必要な量をドリルポンプで容器へ移し、オイル交換セット(笑)を車に積み込んで某駐車場で車体の下の潜り込む。日差しが無くて比較的涼しかったのは幸いだ。

1 (1)

エンジン下のアルミ製のアンダーガードを外すとオイルパンが現れる。下から見るとエンジンの小ささが際立つ。

3

ドレンは8mmのHEXネジなのでわざわざこのためにビットを準備しておいた。
(ついでにデフオイル交換用に23mmのボックスも入手)

1

前回から約6500キロしか走っていないけど、オイルは予想以上に真っ黒だったけど、拍子抜けするくらいに金属粉などはほぼ無かった。それほど加工精度高いということなのだろう。

4

納車後の最初のオイル交換ではオイルフィルターは交換しなかったので、今回は8000キロ目で交換。

5

この手の作業は、出来れば春と秋に計画しよう...

2
HONDA CB400 SUPER FOUR

混んだ市街地では排気音よりも、いかにも精密機械的な金属の甲高い動作音が背後から流れてくる。高回転型の小型4気筒が奏でる滑らかで心地よい調べだ!

6月に納車されたばかりのピカピカのモータサイクル

ご本人は白赤が欲しかったって言っていたけど、僕なら渋いこの色を選ぶだろうな〜

伊豆スカイライン、西伊豆スカイラインを繋いで伊豆半島を一周しませんか?と、誘ってくれたのは、かつての自転車仲間である(笑)sudobanさんだった。

しかも南伊豆から石廊崎、西伊豆への起伏のある海岸線をオープンエアーで駆け抜けるなって贅沢極まりないコースでわないか!

でもね、午後の早い時間に戻るなんて絶対無理だから(笑)

1

とりあえず予定通りに5時から走りだしたはいいけど、お盆の帰省で何処も道は混雑していたので、無理はせずに、かつて一緒にヒーヒー言いながら自転車で走り回った箱根方面を周遊して昼ごろに帰宅した。

夏の暑い時期にバイクってどうなんだろう...と想像つかなかったけど、やはりこの時期は暑さとの戦いらしい。車ならエアコンもあるからどうにかなるけど、バイクは足元に大きな熱源がある。久しぶりにお会いしてそんな話を聞くまでは単に夏の日差しと気温のことしか頭になかったよw

3

久しぶりにお会いして、これまでとは全く違うジャンルの会話にお互い思えわず苦笑いの朝でした。

1 (1)

ナックルサポートを取り付けてから、のステアリングの安定感は取り付ける前とは段違いに向上した。つまり、それほどアルミ製のナックルは剛性足りないのか。これがロードスターに与えられた味付けなのか、それとも単に軽量化との引換えによっての現れなのか。

7000キロを超えて、なんとなくだけど車の癖がわかってきた。車歴は多くないけど、AT車に乗るようになってからは、そんな微妙な癖なんて特に気にもしなかったのに...

ロードスターは本当に気持ちよく曲がってくれるから、尚更それが気になってしまうのかもしれない。

車体も軽いしサスペンションも国産のこのクラスのなかでは一番贅沢な構成であることは間違いない。フロントのダブルウィッシュボーンのアームは軽量化のためにアッパーもロアもアルミ製だしナックルもアルミだ。
それ故に、ハンドルへの入力に対する車の反応と、逆に路面からの入力に対するハンドルへのフィードバックに若干の甘さが感じられるのだろう。特にRのキツイコーナでは、ステア量に対しての車の挙動が若干遅れる感じで、慣れないとコーナーの途中で無意識に切り増していて、慌ててハンドルを戻すこともある。
つまりアルミ製のナックルの剛性不足が影響しているんだろう。

ナックルサポートの機能強化としてナックルのステアリングジョイント部をステンレス製の強化部品で連結して、ハンドリングへのダイレクト感をアップさせるナックルアームサポートを追加してみましょう〜

1

ローダウンしているわけじゃないけど、普通のフロアジャッキではフロント側には入らないので、ローダウン車対応のフロアージャッキを入手しました。

2

ナックルのボルトを緩めるにはそれなりの力が必要で、馬を掛けているとはいえ、130Nものトルクで締め込んであるボルトを緩めるには怪我をしないように注意が必要です。ボルトとナットを緩めてしまえばプレートを取り付けて均等に締め込んでいくだけです。最後にそれぞれに応じたトルクで固定すれば作業は終ったも同然。

3

しかし、真夏の炎天下でやるような作業ではないですねw

43のコピー

4時過ぎに目が覚めたので、早々に支度して5時に家を出た。駐車場を出る時から幌を跳ね上げられるのは休日の早朝ぐらいかもしれない。真夏の日中は曇っていないかぎりはオープンでは厳しい。なのでこの時期の朝は貴重だね。そうは言ってもかなり無理をしているかも...

5
中伊豆の田園風景

今日走ったコースは何度か自転車で走っている。一度は真夏に西伊豆の実家まで自転車で帰省したけど、今はもうそんな体力も気力も無いに等しい...

7

西伊豆スカイラインに入って標高が上がれば気温も下がってこの時期としては、「オープン最高!」なのだよ!

8
仁科峠

故郷の峠は風速30kt以上の強風で爽やかでした。

1

あと数十キロ走れば実家なんだけど、今日はここで折り返し。

2

先日取り付けたナックルアームサポート。予想通りリニアなハンドリングになったんだけど、逆にそれが面白さを損なうかのような。

贅沢な話だな〜

益々気持ちよく曲がってくれて、ロードスター最高です!

12時過ぎに帰宅して走行距離は250キロ。
有料道路は西湘バイパスだけだったけど、燃費はリッター18キロ以上でした。

1

昨日、パンタジャッキで車体を何度も持ち上げ、タイヤ4本を外したりハメたりしていたからか、股関節を痛めてしまったようで、車の乗り降りどころか歩くのにも難儀してしまった。スーパーで買い物している最中にも何度もカートにもたれては痛みを堪える始末。日曜日は安静かな〜と...
目覚めれば違和感は残っているものの、日常生活には支障はないだろうと、先週道の駅で買い忘れた物を求めて二週連続の道志みち経由で富士五湖方面へ。

2

気温も比較的低く乾燥していたので、行程の多くで幌をたたんで走った。

鳴沢から青木ケ原樹海を抜ける県道71号線で朝霧高原から富士山スカイラインへ。

最低気温が17度の霧の中は爽快感を通り越して寒いくらいでした。

スライドする多くのロードスターがこちらに気づいて手を上げてくれる。
NAもNBもNCも。
今日も右腕を高らかに振ってくる方が何人もいた。
こっちは躊躇して手を上げるのが遅れちゃうこともあるけど、相手には伝ってるのかな。
年式が違ってもオーナー同士をつなげてくれる車って、国産では他にあるんだろうか。

1

ハブリングは、外径63mm、内径54.1mmとちょっとレアなサイズだったので、入手出来たのは生憎とブルーのアルマイト。仕方ないので見える範囲だけをマッドブラックに塗装したんだけど、途中でスプレーが空になってしまい、斑な塗装面となてしまった。

2

フロントはハブリングでリアは5mm厚のスペーサーが一体になったタイプ。
フロントのタイヤを外したついでにサスペンション周りの事前調査など...

3

この2箇所か...フムフム

1

三連休の最終日、奥様は仕事なので一人で美味しいものでも食べに行きましょうか!

走り始めると日差しもなくて気持よくオープンで走っていたのに、20分も走ったら、さてどのタイミングで幌閉じようか...的に雲が切れてしまった。
この時期の日差しは自転車でも車でも命がけなのです。

茅ヶ崎のサザンビーチでは祭りの影響でまさかの対面通行。45分も渋滞にはまってしまった。

箱根新道に入ると箱根周辺は雲に覆われていたので、登坂車線に逃げて幌をオープン!
大観山までに気温も22度ほどに下がって爽快そのものでした。

1

箱根峠から熱海峠への景色を楽しみ、伊豆スカイラインでのアップダウンを楽しみながら、冷川までは徐々に標高が下がり気温が上がりでオープンで走れる区間はわずかだったけど、この時期の日中をオープンで走れただけでも良しとしましょう。
炎天下の海岸線、すれ違う車の中には汗たらたらで必死こいてオープンにしている方もいたけど、これだけ暑いと敗北感など感じるわけもなく...

さて伊東で美味しいものでも....

右側にすき家の看板...

財布も持たずに小銭だけをかき集めて入店すると、メニューには「うな牛」...

お金足りない...

美味しいものを食べに...orz

3

帰り、三連休の最終日ということで、伊東から湯河原までは大渋滞だったけど、敢えて渋滞に突っ込んでも苦にならないほどに運転が楽しいのだよ!

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

4ヶ月で7000キロを超えてしまった。
燃料費が馬鹿いならないね〜

2

でも今日はリッター18キロでした。

1

社外品のホイールはセンターキャップは付けない派なのですが、ハブの赤錆はやはり気になります。みっともないので錆置換剤で黒錆にすることで、見栄えは一変するはず。

ホイールを外すついでにホイールのハブ穴と車体のハブ径をチェック。

というのも先日、ホイールを交換してから最初の洗車の時にホイールのハブ穴に水が波打っているの目撃してしまったのです。

特にリアはスペーサーを入れている関係で湖状態。
放っておいたらハブもホイールも早々に腐食してしまうでしょう。

2

なのでフロントにはハブリング、リアにはハブリング一体のスペーを入れることにしました。

ホイール側の内径は63mmに大してハブ軸の外径は54mm

3

ハブリングはまだしも、リアのスペーサーの選択範囲は限られますね...┐(´д`)┌ヤレヤレ

4

1
錆置換剤を塗ってしばらくすると赤錆(酸化第二鉄)が化学変化により黒錆(四酸化三鉄)にかわり防錆の効果を発揮することになります。まだメッキ面が少し残っているのでメッキ面を紙やすり等で落として赤錆を発生させてから再度処理すれば完璧ですね。

1

純正のガンメタル8本スポークは足元が引き締まった感じなのであえて社外品に変える必要も無いくらいだったのだが、見慣れてしまうと存在感にかけるような物足りなさ...

軽い社外品に換えることにしました。

軽量ホイールといえば鍛造の「VOLK Racing CE20N」が筆頭なんだろうけど、8本スポークだし色も今ひとつ落ち着きに欠ける。そこで16インチモデルも追加された「ADVAN Racing RZ II」に...

1.5Lの非力なエンジンだし、ライトウェイトスポーツなんだし、インチダウンはあってもインチアップは無いだろう...
でも実物を目の前にしてしまうと17インチに目が行ってしまう。
フェンダーとの隙間の広さからも見た目的には17インチの方がスッキリ見えるのは当然。
一度は17インチで注文したんだけど、インチアップしたことであの軽快感が損なわれてしまったら運転することの楽しさも半減してしまうかもしれない。

NDは歴代モデルに比べると一見モダンなボディーデザインになってしまったけど、そんな中にもクラシカルなスポーツカーを踏襲したデザインでもあるわけなので、グラマラスなタイヤだって似合わない筈がないし、ライトウェイトにこだわるならインチアップはあり得ない。との結論に至った。

2

注文した翌日、無理を言って16インチにサイズ変更してもらった。

純正ホイール:16inch 6.5J インセント45 重量6.9kg

ADVAN Racing RZ II:16inch 7J インセント42 重量6.1kg

トータルで3.2kgのバネ下重量軽量化

今時16インチなんて軽自動車だって履いてるだろうに...
ぱっと見、軽自動車と大して変わらないんだから税金下げてくれないかな...

I will challenge new possibility!