1

夜中に痛みで目が覚めた。
寝返りをうった拍子に左の胸から背中にかけて激痛走る。
痛みで暫く息が出来なかったので、深呼吸しようとしたらまた激痛だ。
虚ろな頭のなかで数年前の入院生活と記憶が鮮明に浮かんだよw

それでも7時過ぎまで寝てゆっくりと朝食をとってから走りだした。
胸で呼吸をしなければ何とか走れそうだった。

2

しかし、長いこと車に現を抜かしていたので全然走れない身体になってしまった。
これを取り戻すには相当時間が必要だろうね〜
新緑もいつの間にか深緑に変わってしまったし、落ちるのはあっという間だけど戻すにはそれなりの時間と気合が必要ってことだな。
体脂肪率もだいぶ上がってきたことだし、今年の健康診断がどうなることやら...

しかしなんだ、肋骨が洒落にならないくらいに痛みだしてきた。
ちょっとした動作で激痛w
帰宅してから車で買い物に出て、駐車場に止めるためにギヤーをバックに入れようとシフトレバーを下に押し込んだ瞬間に、ズキッ!!!

くしゃみを我慢し損なって、ズキッ!!!
ソファーの背もたれに寄りかかって息を吸い込めば、ズキッ!!!

悲鳴あげたいところだけど、声も詰まっちゃう

こりゃ自転車漕いでる場合じゃなかったのかもしれない...

ぜ〜んぜん登れないけど、ま〜それでも山の上は気持ちよかったけどね。

3

今日くしゃみしたら、多分死ぬなwww

1

純正のシフトノブ

自重が300グラムもあるのでシフトチェンジの際の感触が大変心地よいですが、何かが物足りない。

Rの文字...

Reverse:後退???

Redでしょ!

1

文字の黒墨をセラミックスクレーパーで慎重に削り、の塗料を入れてみたら。

ほらね、Rです

老眼には厳しい作業なのですw

1

最近は暗いうちから目が覚めてしまっていつまでも寝ていられない。昨夜も21時過ぎには眠くなって布団に入ってしまっのだから当然なんだけど、このまま朝方人間になってしまうんじゃないかとマジで心配になってきた。

身支度を済ませて軽井沢を出発しのが朝7時ごろ。

R18 > R152 > K62 で美ヶ原高原へ

2

唐松の中の林道の急な登りを一気に駆け上がると...

3

絶景だ!

標高2000m近い美ヶ原からの眺望は、南アルプス連峰、北アルプス連峰、剣・立山連峰、八ヶ岳連峰、秩父連峰、等々360度の大パノラマ...

空の上に浮かぶ雪を被った連なりに見とれて写真に収めるのも忘れてしまったよw(あったのはピンぼけのみw)

1 (1)

もう少し時間に余裕があったなら、王が頭までのハイキングコースを歩いて見たかった...

4

いよいろビーナスラインだ!

美ヶ原から霧ヶ峰へかけてのなだらかなワインディングはキリがないほどに絶景の連続で、景色に気を取られて運転に集中できないほどだったw

5

ビーナスラインは15年以上前に逆側から走ったが、あの時はワンボックスカーの後部座席だったので今日とは景色の見え方がまるで違っていた。

6

このルートをこの天候の元で、しかも屋根なしの車で走れるなんて、最高に爽快な気分でした。

7

絶景ポイントの度に車を止めてしまうので、なかなか先に進まない。

8

霧ヶ峰から白樺湖への急なつづら折りを下りきると絶景のボーナスラインもただの道となってしまう。

1

ここは走りたい絶景街道ナンバーワンだ!(当社比)

2

ここを離れるのがなごり惜しい...

次がいつになるかはわからないけど、今度はもう少し時間を掛けてこの辺を散策してみたいな〜

2 (1)
ビーナスラインを離れて八ヶ岳方面へ...

9

八ヶ岳高原ライン

ここは何年か前に自転車で走った道...

10

昼食は八ヶ岳倶楽部のテラスで...

すぐ脇では柳生博さんが一人テラス席で寛いでいた...

長い〜GWも今日でおしまいかwww

1

軽井沢を起点にして日本ロマンティック街道で...

2

前回ここに来た時はレオンも一緒だったっけ...

3

万座から渋峠へ...

4

何処を走っても、やはり2座オープンは格別だ!

5

しかし、このGWの間で顔と両腕が真っ黒に日焼けしてしまった。目の周囲だけが白いのは洒落にならんなw

6

ひひ焼けてしまったからか、ビールが美味しいこと...

BGMは小鳥たちの囀り...

1
明日は...

1

GWも終盤になって、ようやく気持よく晴れてくれましたね〜

過去二回、箱根では撃沈だったので、今日ばかりは家を出て帰宅するまでずーーーーと屋根なしだ!

下道で湯河原から椿ラインを登ってしばらくすると自転車仲間が2人でトレーニングの最中でした。僕は車の中から声援を送っただけだけど、お二人は大観山を3本登るというから...どうかしてるw(俗にいう変態ってやつだ)
いやいや、世界一過酷と言われるアマチュアの山岳ステージレース(Haute Route)を完走するためには必要なトレーニングなんだろう。

2

お二人とは大観山でお別れして、僕は芦ノ湖へ下り、長尾峠から芦ノ湖スカイラインへ...

3

この道を走るのは今日が初めてだったけど、こんなに素晴らしとは知らなかったよ。こんなところを自転車で走れたら最高なんだけど、あいにくここは自転車は通行不可。

箱根に来るとロードスターとの遭遇率が一気に高まる。今日も大観山には多くのロードスターがいたし、僕も一人のロドスタ(ND)乗りと暫く立ち話して、長尾峠への分岐まで僕の後ろをずっとついてきてくれた。芦ノ湖スカイラインに入ると僕よりだいぶお年を召したご夫妻のセラメタ(ND)の後ろを暫く走った。

4

強い日差しを和らげてくれるヒンヤリとした風を受けながら熱海峠から熱海に下り、R134、西湘バイパス経由で江ノ島と...

5

家に付く頃には顔中真っ赤になっていたw

結局この連休は自転車に1度乗っただけで、あとはほとんど車での活動となってしまった。

そして明日一日仕事すればまた3連休w

仕事を終えたら北に向けて移動開始だ!

2
ミッション

少し速いけど、最初のオイル交換は3000キロでやっておこうと決めていた。ただ、エンジンオイルはあまり汚れないらしいので、もう少し先でも良かったのだけど、どの程度汚れているか確認しておきたかったので、エンジン、ミッション、デフを、今回はディーラーで交換していただいた。

予想通りエンジンオイルは大したことなかった。
予想外だったのはミッションオイルで、ドレンボルトにはそれなりに鉄粉が付着しているけど、メカニックの方が作業前に言っていたとおり、オイルはそれほど汚れているようには見えなかった。

1
メカニックA

一番汚れていたのがデフの方で、オイルは当然真っ黒。

3
デフ

ドレンボルトには鉄粉がべっとり付いている。
オイルの量も少ないから最初は早めに交換しておいて正解だったかもね。

4
メカニックB

交換後、すぐに分かったのがギアの入りがスムーズになったこと。特に1速と2速はオイルが温まるまで入りが渋かったけど、交換後はほとんど気にならないどころか、指先の動きだけでもスコスコ入るし何よりもゲートに吸い込まれた時の金属同士がカツン!と当たる音と感触がハッキリと伝わってくること。これは違和感ではなく、逆によりダイレクト感が増した感じでむしろ軽快で小気味よい。
この感触が楽しくって

ニヤニヤしながら必要以上にシフトチェンジをしてしまったよw

1

新緑に日差しは必需!

ようやく新緑の下を走ることが出来ました。車だけどw

でもここは車で走るようなところじゃないね。車だと変なところで対向車と出くわすと厄介なことになる。間違いなく自転車のほうがストレスなく走れるな。

でも一度はロードスターでここを走りたかった。
なので今日が最初で最後になるだろう...

2
ちょっと車を脇にとめて頭上に目を向ければ、鮮やかな新緑と小鳥の囀りに包まれる...

宮ケ瀬から裏ヤビツ、秦野、三廻部、寄へ

3

早くここを自転車で登れるよにならないと、この先の自転車活動がつまらない物になってしまうかも知れない。

でも今はロードスターで風を感じるのが楽しくて仕方ない...

4

伊勢原、平塚、江ノ島、逗子、鎌倉、戸塚、みなとみらい...今日は下道だけで200キロ程走ってしまった。

で、明日はエンジン、ミッション、デフの初回オイル交換...

1

未だ股間の腫れがひかないので、オン・ザ・サドルは無理w

というわけで、今日も車いじりとあいなりました。

今回はペダルをアルミ化してみました。
単にアルミ化するならメーカーオプションが手っ取り早いし、最近では社外品も販売されていますが、1.5〜2.3万と暴利過ぎて手が出ません。というより勿体ない。

なので暇つぶしにDIYです。

別にアルミペダルに拘ったわけではないのですが、どうもブレーキペダルとアクセルペダルの位置関係が今ひとつ自分に合っていなかったので...

ブレーキペダルに対してアクセルペダルをあと数ミリ手前に持ってきたいので、アクセルペダルの上にアルミとアクリルを貼りあわせて約4mm近づけて、ブレーキとクラッチのゴムペダルを外して3mm厚のジュラルミンをネジ止めしたらブレーキペダルに対してアクセルペダルを5〜6mm程度の落差をつけることが出来ました。

2

クラッチとアクセルは多少滑るくらいの方が扱いやすいけど、ブレーキは濡れた靴でも滑らないように、ペダルに開けた穴に裏側からゴムをはめ込んで滑り止めにしてみました。

3

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
使用した材料は家にアルミ板とゴムブロック
ホームセンターで購入したタッピングネジ

・アクセル、フットレスト・・・・・アルミ(1.5mm)
・クラッチ、ブレーキ・・・・・・・ジュラルミン(3mm)
・アクセル・・・・・・・・・・・・アクリル板(3mm)
・固定ネジ・・・・・・・・・・・・タッピング(皿4mm)

費用は余分に買ってしまったネジを含めて540円

1

2ヶ月半ものあいだ、全く自転車に触れもしなかったのははじめてかもしれない。
あの事故の時よりも...

このGW中に何回か乗って少しでも劣化を食い止めようと思っていた矢先、幸いにも仲間からのお誘いに乗っかる事が出来た。
感謝!感謝!

しかし、いきなり150キロも走れる筈もなく、途中離脱するつもりで走りだしたのだが、自宅を出て1.2キロ走った辺りの緩やかな登りで劣化度合いを思い知ることとなった。

平地だとあまり感じなんだけど3%以上の登りになると一気に脚に乳酸、そして心臓もバクバク

10%ともなれば、蛇行&脚ツキ寸前でした。

こりゃもうどうにもなりませんね〜
本気で帰りの心配をしないとヤバイ状況になってきたので、松田に下る手前で離脱させてもらった。

2

予想通り、いやそれ以上に走れなかったけど、この新緑の時期に完全オープンエアーで走れる爽快感は格別でした〜

帰路も気持ちの良い往路で帰るつもりだったけど、甘かった。
補給ポイントが小田厚まで無いじゃんw

明日は酷い筋肉痛だろうな〜
いやいや、走っている途中で既に体全身に痛みが...

1
ここは自転車で走る大好きなコースだ!

どうも箱根は相性が悪いようだ

二回連続の雨。
しかも今回は土砂降りでした。

幌に降る雨は傘をさしている時のような音なんだけど、今日はそんな風情などありゃしない。
土砂降りの中、ブルーシートの下で雨宿りしているかのような騒がしさだなw

でも沼津に下る頃には嘘のような好天で暑いくらいでした。
沼津港で昼飯を食べて箱根に登り返すと雨が止んだばかりの路面に、強い日差しで路面の水が急激に蒸発して、まるで霧の中を走っているようで幻想的でした。

2

大観山では富士山は望めなかったけど、気温が10℃程度で日差しも増して、絶好のオープン日より!
これだよ!これ!
自転車で、全身で風を受けるのとはまた違った爽快感!

なんて気持ちいいんだろう

3

湯河原に下り始めて、両側から新緑のモミジが生い茂ったところで車を停車して上を仰ぐと...

春の青空をバックに映える新緑だ
毎年この時期は自転車で新緑の山道を走るのが楽しみだったけど、今年は車で新緑を楽しめると思いもしなかった。

4

湯河原に下って、海岸沿いを...
時よりパラパラやってくる小雨が心地よかった。

1

そのままR134を鎌倉まで遠回りする途中で2人の自転車仲間とスライド。
思わず大声で呼びかけたり、渋滞のさなかにちょこっと会話したり...

なかなか刺激的なGW初日のドライブでした...

I will challenge new possibility!